旅の記録(ブログ) - 最新エントリー

 

勝手にしまなみとびしま海道サイクリング

2017年4月15.16日(土日)

 

恒例のしまなみとびしまツアーは例年より1週間早く催行しました。

今年は桜前線の北上が遅く、ちょうど桜の時期に開催しました。

 

 

「勝手に」は、サイクリング中のサポートは手荷物搬送だけですが、自転車の搬送はいつも通り

集合場所まで自転車に乗ってきていただければ、バスでお客様と同時搬送で尾道までお送りします。

 

 

 

途中1か所で休憩して、尾道駅前港湾駐車場には11時20分に到着しました。

 

 

 

自転車を皆さんにお渡しして、それぞれに出発、勝手に今治を目指していただきます。

ただし、インストラクターも実走しそれについていかれるのも自由です。

手荷物搬送車は、万一に備えて、しまなみを今治に向けてつかず離れず並走します。

 

因島大橋手前の搬送車からの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ing__o8GOi4

 

 

 

 

 

因島大橋を渡ります。

 

     

 

 

 

ドルチェで一休みの後、通り雨がありました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=a8giKMqQx_U

 

 

 

生口島、耕三寺

 

 

 

 

多々羅大橋を渡ります。

 

 

 

 

 

多々羅公園は桜が満開でした。

 

 

 

この後、大山祇神社へも立寄り

 

 

 

この頃、搬送車へ緊急連絡が入り、参加者の方が急病で救急搬送されたとの事、

即対応に向かいました。倒れられた後すぐ同行者、通りがかりの方が救命処置され

救急車もすぐ到着AEDによる蘇生処置を施しましたが、病院で死亡確認されました。

ご冥福を心よりお祈りします。

 

 

 

 

夕方には、雷鳴とどろく雨が降り、ちょうど来島海峡大橋を渡るころには、本降りになりました。

それを乗り越え、無事今治に到着された参加者の方々は、今治名物焼き鳥を楽しみました。

 

 

 

翌日は、とびしまコースの方は、今治港から岡村島にフェリーで向います。

搬送車もインストラクターも、とびしまコースを「勝手に」サポート

 

 

 

 

 

昨日夕方に雨の中を渡った、来島海峡大橋はすっきりと晴れ、素晴らしい景色でした。

 

    

 

岡村島はまるで南国の様な景色でした。

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=62JprxDu-ZE

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=3nZmR2O3x2M

 

御手洗のほっこり

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wWmWNmYscd4

 

 

 

 

しまなみよりもずっと海に近いコースを走って、最後の下蒲刈島では朝鮮通信使の接待施設を見て

本州に戻ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=4mXW4SVLLc4

 

   

 

 

 

ゴールは、安芸川尻。ここでバスに乗り込んで、サイクリングは終了。

尾道では、しまなみコースの皆さんもバスに乗り込み、大阪には予定通り20時に到着。

 

秋には、しまなみ海道とゆめしま海道を走る「至れり尽くせり」のツアーを予定しています。

ぜひまたご参加ください。

 

 


 


                      

 

自転車の聖地、京都美山のお花見と

Cycle Seedsかやぶきの里日帰りサイクリング

2017年4月2日(日)

ツアーレポート

 

 

恒例のお花見サイクリングなんですが今年は、桜の開花が遅れて、桜なしの美山でした。

でも、ブラッキー中島さんのお力を借りて、Cycle Seedsでの美山のお昼ごはんをセット

していたので、十分楽しめました。

 

 

 

奈良、天王寺、梅田から、自転車もバスに積み込んで、美山の入り口、大野ダムから

サイクリングスタートです。

 

 

 

最高齢の83歳、レンタルの電動ロードでご参加です。

 

  

 

 

 

桜は咲いていませんでしたが、天気は最高です。

 

 

ちなみに、2015年の同日の桜はこんな感じでした。

 

 

 

この時は雨だったんです。

 

 

 

 

 

由良川をせき止めた大野ダムは虹の湖を作っています。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=lOsBe7BRX48

 

 

 

空の青を映して、キラキラ藍に輝いていました。

 

 

 

 

 

快晴の空の下の里山を見ながらのサイクリングは最高でした。

 

 

 

 

 

 

虹の湖です。

 

 

 

もう、こいのぼりが上がっていました。

 

     

田起こしが始まった田んぼをわたるそよ風がが、土の香りを運んできます。

 

 

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=OVMtiHR16oA

 

 

 

 

 

 

 

茅葺家がぽつぽつある里を抜けて、沈下橋が2つ続く出合橋へ

 

  

 

     

 

サイクルシードは、自転車の聖地美山に新しく出来たサイクリングステーション

http://www.cyclingmiyama.com/seeds/

 

 

 

 

 

ブラッキー中島さんは、ウイラーズスクールを通じて、子供たちに自転車の楽しさを伝える他

美山を自転車で地域おこしに努力されています。

今回は、我々に美山の食材でおいしいお昼ごはんをお世話していただきました。

 

 

 

 

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=An8wrfOp60A

 

     

 

   

 

鹿肉や鶏肉も地元産、お野菜も地元産、お米も地元産

ご飯は薪で釜戸炊きのほかほかご飯

 

 

 

 

 

 

庭飼いのニワトリを眺めながら、縁側の陽だまりでご飯をいただきました。

おなかいっぱいになってかやぶきの里を目指してサイクリング再開です。

 

 

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=I3zGaLLnOEk

 

 

 

本当に気持ちのいい春の陽を浴びながら、美しい日本の原風景の中を走ります。

 

     

 

一旦、かやぶきの里を通り過ぎて、お昼ごはんを作っていただいた加地こず恵さんの

美山の老舗旅館 沈川楼のある由良川上流まで走りました。

 

沈川楼 http://www.chinsen-miyama.jp/

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=WZgYV_6rEQM

 

Uターンして、いよいよかやぶきの里へ

https://www.youtube.com/watch?v=52rg49ZRiDo

 

 

 

 

 

     

 

 

 

     

 

かやぶきの里から、ゴールの美山ふれあい広場まではフリーランで走っていただきました。

 

 

自転車の積込の間に、おやきやジェラードを楽しんでもらいました。

 

     

 

ちょうど、春の交通安全週間でもあるので、顔出しパネルでパッチリ

 

春の里山を満喫した、最高のサイクリングツアーでした。

 


 

 

 


                      

 

サイクリング初心者講習と体験会

2017年3月26日(日)

 

 

 

 

木津川市東部交流会館と木津川サイクリングロードで初心者講習とサイクリング体験会を開催しました。

 

 

 

午前中は、教室でサイクリングの基礎、自分に合った車種、ウエア、乗車フォームとポジション

バイクの乗車、降車の正しい方法、ブレーキングテクニック、シフティングテクニック、交通法規、メンテナンスの基礎

パンク修理、輪行のコツを学んでもらいました。

 

 

 

インストラクターが実演した後、実際に各自体験していただきました。

 

 

午後からは、学んだ内容を踏まえて、実際にサイクリングロードをサイクリング

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=V6ANPP6LYIc

 

お一人ずつ、フォームやポジション、ぺダリングをインストラクターがチェックしました。

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=V6ANPP6LYIc

 

 

 

3サイクリングロードと山背古道30キロを走って茶問屋街を抜け、木津川の堤防を上がります。

 

https://www.youtube.com/watch?v=LI6VK4YFBjg

 

 

 

 

休憩中も復習して、ゴールの東部交流会館に戻りました。

 

 


 前回の四万十川のツアー報告はこちらから

 


                      

 

春一番!! 菜の花畑と梅林を訪ね、はりまシーサイドロードを走るサイクリング

2018年3月18日(日) 催行予定

下見レポート

(下見は2017年3月12日(日)に行ってきました。)

 

黄色のじゅうたん菜の花畑と香り豊かな梅林を巡る、揖保川沿いのリバーロードと播磨シーサイドロードを走り、シーズン最後の牡蠣を楽しむサイクリングツアーを企画しました。

春一番のサイクリングは、田んぼに植えられた一面の菜の花の黄色のじゅうたんに圧倒され、

一目2万本の海の見える梅林でお弁当をいただきます。

はりまシーサイドラインの名付けられた、瀬戸内海を望む絶景のコースを走って、ゴールの相生では今年最後の

絶品ぷりぷりの牡蠣のバーベキューを楽しみます。

 

 

スタートは、たつの市の揖保川沿いにある道の駅しんぐう

前に流れる、揖保川支流の来栖川沿いを走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=vnF1hKgHDx8

 

 

 

しばしの間、来栖川沿いの気持ちいいコースを走って、揖保乃糸そうめんの里に到着。

 

 

 

揖保川沿いのこの地は、鳥取県との県境を源流とする揖保川の名水と播磨平野の豊かな農産物を活かして

「手延べそうめん」「薄口しょうゆ」「山田錦の日本酒」と名産品の多いところです。

 

ここからは、揖保川本流のコースを走ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=nc05r0hMesY

 

少し走ると、川沿いに重要文化財に指定されている堀家住宅がありました。

 

 

 

立派な長屋門のある一橋徳川家ゆかりの豪商の屋敷がそのままの姿で残っています。

今も、実際に使わられているので内部を見ることは出来ませんが、外から見るだけでも素晴らしい

 

動画で一般公開の様子をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=QUvdwxIqTps

 

更に川を下っていくと、たつの市の中心部に入っていきます。

 

 

 

たつのは、湯浅、小豆島、関東の野田と並ぶ、醤油の産地です。

京料理の味の決め手「薄口しょうゆ」はこの地で生まれ、関西の味を支えています。

 

揖保川の河口近くから、西に道をたどると今回のハイライト「たつの菜の花畑」と「「綾部山梅林」の到着

 

 

 

 

 

菜の花畑にはこんなリアルな案山子も

 

     

 

 

 

動画でもご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=BemVezCQLR0

 

菜の花畑から丘を眺めると、ひとめ2万本の梅林が広がっています。

本番のツアーでは、こちらで菜の花と梅を眺めながらのお弁当を楽しみます。

 

 

 

 

 

丘の上からは、小豆島などの瀬戸内海の島々も眺められました。

 

    

 

 

 

ここからは、播磨シーサイドロードを走ります。

 

 

 

瀬戸内の絶景を眺めながらのシーサイドサイクリングの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=uIr5swreNTc

 

 

 

下見では、はりまシーサイドロードにある道の駅みつで海鮮丼をいただきました。

 

 

 

 

 

途中、朝鮮通信使も泊り、風待ちの港として栄えた室津の町にも立ち寄ります。

 

 

 

海と空との境目に点々と並ぶ島々を眺めながら今回のゴール相生とれとれ市場に向かいます。

 

 

 

お約束の相生牡蠣のBBQを楽しんでいただきます。

 

冬から春に移り変わる季節のはざまを楽しむ、菜の花と梅、牡蠣を楽しむサイクリングにご参加ください。

 

 


おなじみ勝手にしまなみ

 

 


                      

サイクルモードライド大阪2017

カテゴリ : 
CTJ関連情報
執筆 : 
sugino 2017-3-7 15:28

関西最大の自転車試乗イベント「サイクルモードライド大阪2017」に出展しました

 

 

自転車に乗ってきていただければ自転車をバスに載せてサイクリングスタート地点まで同時に移動。サイクリング中はバスが並走して、手荷物なしのサイクリング。インストラクターの道案内で完璧のサポート。 安心安全の自転車旅を紹介し、ご好評を得ることができました。

 

サイクルモードライド大阪は昨年から始まったイベントで、大阪吹田の万博記念公園の特設コースを ヨーロッパやアメリカ、台湾、日本の有名ブランドの自転車で試乗できる貴重な機会を与えてくれるイベントです。 ピナレロ、コルナゴ、ビアンキ、トレック、スぺシャライズ、キャノンデール、ジャイアント、ブリヂストンのロードバイク はもちろん、ヤマハ、パナソニック、サンスターの電動スポーツ車、コメンサル、コナなどのMTBも試乗できました。3月4日(土)と5日(日)2日間の入場者は去年を上回る17,911名でした。

サイクリングツアーズジャパンの2017年の自転車旅では、11月のニュージーランドサイクリングツアー http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/tourplan/index.php/content0170.html

オーダーメードの台湾サイクリングツアー「台湾自転車たび」 については、台湾から現地ガイドの梁さんが来日して説明にあたりました。

http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/tourplan/index.php/content0169.html

 

2017年のサイクリングシーズン、様々な自転車旅を提案しておりますので 是非ご参加ください。


                      

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内