旅の記録(ブログ) - 【海外サイクリングツアーのご案内】ジロ・デ・イタリアの名物峠とドロミテ山麓サイクリングツアー 〜自転車乗りの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」を訪れる旅〜 2015年8月29日(土)〜9月6日(日) 9日間 1/3

【海外サイクリングツアーのご案内】ジロ・デ・イタリアの名物峠とドロミテ山麓サイクリングツアー 〜自転車乗りの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」を訪れる旅〜 2015年8月29日(土)〜9月6日(日) 9日間 1/3

カテゴリ : 
ツアー情報
執筆 : 
sugino 2015-2-7 23:36

【海外サイクリングツアーのご案内】

3回シリーズの1/3

 

ジロ・デ・イタリアの名物峠とドロミテ山麓サイクリングツアー

〜自転車乗りの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」を訪れる旅〜

2015829()96() 9日間

 

 

サイクリングツアーズジャパンの2015CTJ倶楽部海外団体ツアーのご案内です。

 

今回のツアーは、ジロ・ド・イタリアの名物峠、ボルドイ峠とヨーロッパアルプス東稜

「ドロミテ山塊」の山麓をめぐるサイクリングです。

加えて、スイス国境のコモ湖を望む峠にあるサイクリストの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」

に立ち寄ります。

 

サイクリングは、初心者でも走れるように設定したコースで、登りは極力避けて

楽に、楽しく、そしておいしいイタリア・チロル地方のお料理をセットした

サイクリングとグルメ、観光を満喫できるサイクリングツアーです。

 

  

 

現地日本人のサイクリングガイドと日本からのサイクリングインストラクター

果物や飲み物を積んだサポートカーが同行して、安心安全のサポート体制です。

もちろん、サイクリング中のお手荷物はすべてサポートカーで搬送します。

 

 

  

 

ツアーは関西空港を出発し、イタリア・ミラノのリナーテ空港に到着した後、専用バスで

スイスとの国境にあるローマ時代からの避暑地コモ湖方面に向かいます。

1日目の宿は、このコモ湖を望む小さな村マグレリオにとります。

 

2日目は漢字の人のような形をしたコモ湖畔のベラージョ(Bellagio)という観光地から

山に向かった峠(標高755m)に、ギッザロ教会(Madonna del Ghisallo)はあります。

 

 

 

 

 

イタリア自転車競技の黄金時代1949年ローマ法王が「サイクリストの聖地」と正式に称して、

ジロ・ド・イタリアやジロ・ド・ロンバルディアをはじめとするさまざまなレースの

出発点や中間点となっており、コッピや歴代のチャンピオンの自転車やユニフォームが奉納されている。

また、協会の隣には自転車博物館が併設され、お土産物屋にはここでしか買えない

自転車に取り付けるお守りが売られている。

 

 

 

旅の記念と交通安全にぜひとも手に入れたいものです。

昼食後バスで2日目の宿アルト・アディンジェ県のレジアに向かいます。

 

続きは、その2

 



                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/196

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内