旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】四万十川ダウンリバー120キロサイクリング 2015年3月21日(祝) 22日(日)

【ツアー報告】四万十川ダウンリバー120キロサイクリング 2015年3月21日(祝) 22日(日)

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2015-4-1 16:51

四万十川ダウンリバー120キロサイクリング

2015年3月21日(祝) 22日(日)

 

 

 

大阪から6時間のバスの旅で四万十川へサイクリングツアーに行ってきました。

とにかく遠くて、行きにくい四万十です。

電車だと、乗り継ぎ、乗り継ぎで6時間半、貸し切りバスで自転車も一緒に6時間

でも、行く価値のあるサイクリングに最適のコースでした。

 

 

 

バスは、奈良観光バス車庫(車を無料留置きも可能です。)を出発、天王寺駅、大阪駅に立ち寄り

阪神高速、明石海峡大橋、神戸淡路鳴門自動車道、徳島自動車道、高知自動車道を経て、

四万十川サイクリングの出発点、道の駅アグリ窪川に到着します。

連休初日と言うこともあり、阪神高速は18キロの渋滞で予定より1時間到着が遅れました。

高知道の南国サービスエリアでお弁当を積み込み、車中昼食。

 

 

 

予定を変更して、窪川でトイレ休憩の後、日没までに宿につけるように、10キロほど下流までバス移動。

 

 

自転車の準備をして、ここからサイクリングのスタートです。

 

まずは動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=l60CI4C_u0I&list=UU1CGIGAx7ML5qej-29r7CEA

 

 

 

 

 

 

 

早速、広瀬沈下橋、上岡沈下橋が皆さんを迎えてくれました。

 

  

 

川沿いの道を、気持ちよくダウンリバーサイクリングが続きます。

 

 

 

 

 

 

 

ところどころに、山桜はすでに満開でした。

 

 

 

昭和レトロが残る大正町を走り抜けます。

 

    

 

 

 

夕景の中に芽吹手沈下橋が川面のきらめきの中に浮かび上がっていました。

 

 

 

三島沈下橋はJRの鉄橋との双子橋です。

 

 

 

昭和町の四万十旅館に民宿プランのお客様とスタッフが宿泊。

5キロ下流の十和温泉には旅館プランのお客様に貸し切りでお泊りいただきました。  

 

 

 

翌日は、四万十旅館を8:00、十和温泉を8:30に出発です。

 

 

 

 

 

手作り感満載の舟下りの看板がすてきです。

 

 

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=AV7xqfTcLiU&list=UU1CGIGAx7ML5qej-29r7CEA

 

https://www.youtube.com/watch?v=8SAV8Mjfszc&list=UU1CGIGAx7ML5qej-29r7CEA

 

 

 

 

 

朝霧に包まれた四万十川は神秘的でさえありました。

 

動画でどうぞ

 

https://www.youtube.com/watch?v=-YGVukYLoTA&list=UU1CGIGAx7ML5qej-29r7CEA

 

 

 

半家(はげ)沈下橋

 

 

 

君が淵では、菜の花が迎えてくれました。

 

 

 

 

 

長生沈下橋や赤い鉄橋津大橋を次々に通り過ぎます。

 

 

道路には、しまなみ海道と同じ表示方式でブルーラインが引かれていました。

 

 

 

岩間沈下橋はコースのハイライトです。

 

 

 

 

さらに、三里沈下橋、佐田沈下橋を渡りました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=-IEHhedoVQ0&list=UU1CGIGAx7ML5qej-29r7CEA

 

 

 

現在の四万十市昔の中村の町の手前には、1000万本の菜の花が咲き乱れていました。

 

動画もどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=IuHUQ8WSDfU&list=UU1CGIGAx7ML5qej-29r7CEA

 

 

 

 

ゴールは中村の中心部、物産館サンリバー四万十

こちらで、スタッフが自転車をバスに積み込む間、お食事とお買い物。

少しバス移動して、四万十温泉平和な湯でお風呂に入って、帰路につきました。

 

 

 

 

 

遠いけれども、それでも行く価値のある素晴らしいサイクリングコースです。

また次回は、少しサイクリングの距離を短くして、ゆっくりのんびり楽しめるツアーを作ります。

 

今年のシーズンには、魅力あふれるサイクリングツアーズ次々企画しています。

また、ぜひご参加ください。

 


2017年企画


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/200

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内