旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】曽爾高原のススキと青蓮寺湖でのブドウ狩りサイクリング 2015年10月25日(日)催行予定

【ツアー下見】曽爾高原のススキと青蓮寺湖でのブドウ狩りサイクリング 2015年10月25日(日)催行予定

カテゴリ : 
ツアー下見
執筆 : 
sugino 2015-9-25 16:16

曽爾高原のススキと青蓮寺湖でのブドウ狩りサイクリング

2015年10月25日(日)催行予定

下見レポート

 

 

奈良県と三重県の県境にあり、銀色に輝く一面のススキに覆われた曽爾高原、

太古の火山活動でできた奇岩が連なり紅葉が埋め尽くす渓流の香落渓、

鏡のような蒼い湖面に紅のもみじを映す青蓮寺湖

春の梅で有名で紅葉の名所でもある月ヶ瀬をめぐり

秋の味覚狩りの王者、べりーAのブドウ狩りも楽しむサイクリングの下見に行ってきました。

 

 

 

まずは、お亀池を中心にした、死火山群、俱留尊山(くろそやま1038m)古光山(ごごうやま960m)

亀山(かめやま849m)に囲まれた高原、曽爾高原(そにこうげん約700m)まで一気にバスで移動。

 

高原の中心にあるお亀池の周りを散策して一面ススキに覆われた高原を堪能していただいている間に

インストラクターは皆さんの自転車をご用意して、サイクリングはスタート

 

 

初夏の緑の高原も爽やかで、気持ちよかったですが、秋の銀色に覆われ、秋風にそよぐススキ原は、

まさに絶景です。

 

こんな感じ(イメージ)

 

下り始めてすぐに、中腹にあるファームガーデン、お米の館、お亀の湯に到着。

 

 

 

 

お米の館では、曽爾のお米を使った「お米パン」が楽しめます。

 

 

 

曽爾高原の向かい側には、鎧岳、兜岳が火山特有の姿を見せてくれます。

青蓮寺川沿いになだらかな川筋の下り道を行くと、奈良屈指の紅葉の名所奥香落渓、

小太郎岩の岸壁には、ライオンの顔を思わせる「ライオン岩」もあります。

 

 

(紅葉のイメージ曽爾村HP)          (ライオン岩曽爾村HP)

 

奥香落渓を抜けると、青蓮寺川は青蓮寺湖にそそぎます。

 

      

 

蒼く水をたたえた湖面には、秋には紅葉が映し出されることでしょう。

 

 

 

青蓮寺湖を一周して、青蓮寺湖観光村ブドウ園に到着

 

    

 

ぶどう狩りの前に、地元の食材を使ったお弁当をいただきます。

 

 

 

ブドウ狩りのイメージ(観光三重HP)

 

お弁当とブドウ狩りでおなかがいっぱいになったら、サイクリング再開。

名張の市内を抜けて、名張川沿いの渓谷美を楽しみながらのんびり下ります。

(1っか所だけ短い登りがあります。)

 

 

 

大川のキャンプ場を過ぎて、右手に、月ヶ瀬のダム湖が見えるあたり

月ヶ瀬梅の資料館付近で、サイクリングは終了となります。

 

約50キロの下り基調のサイクリングとススキ、紅葉、ブドウ狩りと盛りだくさんの

秋の一日を楽しんでください。

 

お申込みをお待ちしています。

 



                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/215

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内