旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】世界遺産アルベルベッロと白亜の町並みエメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日〜20日下見レポート

【ツアー下見】世界遺産アルベルベッロと白亜の町並みエメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日〜20日下見レポート

カテゴリ : 
ツアー下見
執筆 : 
sugino 2016-6-16 17:36

 

世界遺産アルベルベッロと白亜の町並みエメラルドグリーンの地中海

南イタリアサイクリングツアー

2016年9月11日〜20日

 

下見レポート

現地サイクリングガイドのKeikoさんとPaoloが下見に行って来ました。

 

 

今回の南イタリアサイクリングツアーは世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み

エメラルドグリーンの地中海を巡ります。

 

 

 

 

 

南イタリアのプーリア州の玄関、バーリーにローマ経由で到着した後

専用バスで、碧い海が美しい、アドレア海に面した小さな町モーノポリに到着

街は大理石の真っ白な街並みで小さな教会の尖塔が水面に映る美しい町。

1日目は近郊のホテルに宿泊、2日目午前中はモーノポリに移動して市内を散策。

午後は、世界遺産にも登録され、メルギブソン監督の映画「パッション」のロケ地マテーラに移動。

世界最古の定住集落で穴居群が完璧な形でのこる石灰岩の町並みを散策します。

昼食は、地元の家庭料理をいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

3日目はいよいよサイクリング開始。

マテーラからアルベルベッロまでの70キロ

 

 

 

 

 

 

アルベルベッロといえば、とんがり屋根の「トゥルッリ」という独特の住居が特徴。

いつでも取り壊せる石を積んだだけの屋根を税金の徴収人が来たときは取り外して

税金を逃れたとの言い伝えがあります。

今夜の宿は、この「トゥルッリ」に宿泊

 

4日目は、アルベルベッロからオスットゥーニに向かう40キロ㋨サイクリング

田園地帯を通り抜けて、ロコントンドやチステルニーノといった可愛い小さな田舎町を

通り抜けて、「白い街」オスツゥーニに向かいます。

 

 

 

 

 

 

上の2枚は、ロコントンドの町

 

 

 

オストゥーニは3つの丘にまたがる城壁に囲まれた石灰岩の白い街

 

 

 

 

 

ロマンチックな白い街並みが夕日に照らし出されオレンジに染まり、夜の帳を迎える中

南イタリアの大きなマカロニとチーズの夕食は絶品です。

 

5日目は、朝は自転車を置いて電車でレッチェに向かいます。

車窓からは、アドレア海の美しい海岸線が息をのむ美しさで迫ってきます。

レッチェの町は、彫刻とバロック様式のなエレガントな町

ここをスタートして、「イオニア海の真珠」と称される街ガッリーポリまで50キロのサイクリング

 

 

 

美しい小さな港で水揚げされた、イオニア海の海の幸を満喫します。

 

6日目はイオニア海の海沿いをそのエメラルドグリーンに輝く絶景を心行くまで堪能する

岬の町サン・マリア・ディ・レウカまでの50キロのシーサイドサイクリング

 

 

 

 

 

サン・マリア・ディ・レウカはアドリア海とイオニア海が出会う岬の町

町の名の由来は、ギリシャ語の白い街

 

 

7日目はサン・マリア・ディ・レウカからオートラントまでアドリア海の海岸線の小さな上り下りを繰り返す

55キロのサイクリング

ツアー中1,2を争う絶景コースは、実際ご参加していただいたときに堪能してください。

 

 

 

オートラントは100年もの間東洋に向かうイタリアの主要港、港町といえば海の幸豊かな

オリーブオイルたっぷりのお料理を楽しみます。

 

8日目は、オートラントからレッチェまでの50キロのサイクリング

途中アリミーニ湖を越え、「バロックのフィレンツェ」と呼ばれる貝殻の形をした街に向かいます。

 

 

 

 

 

サイクリングはここで終了。ツアー最後の夜をバロック建築が美しい

夜の街歩きに出てみてはいかがでしょうか?

 

9日目は、朝早くレッチェのホテルを専用バスで出発、

バーリーの空港からローマ経由で帰路につきます。

 

アドリア海とイオニア海に挟まれた、イタリアの最南部、ブーツのかかとを巡る、

シーサイドサイクリングと南イタリアの味覚を堪能するツアーにぜひご参加ください。


 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/234

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内