旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】その2世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

【ツアー報告】その2世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2016-9-30 14:29

 

世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海

南イタリアサイクリングツアー

2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

 

ツアーレポート その2

青い空白い雲、エメラルドグリーンとコバルトブルーの海、緑のオリーブ畑

イタリア半島ブーツのかかとにあたる、プーリア州への10日間のサイクリングツアーのレポート その2 です。

 

 

ツアー3日目は、いよいよサイクリング開始です。

世界遺産の洞窟住宅「サッシ」の街、マテーラを出発し、同じく世界遺産、とんがり屋根「トゥルッリ」の街、アルベルベッロ

まで、70キロを走ります。

 

まずは、マテーラの4つ星ホテル サン・ドメニコ・アル・プラーので朝食

 

 

 

 

 

イタリア独特の甘い菓子パンや果物たっぷりのメニュー

朝からピザも並んでいました。

 

 

 

朝食を済ませて、昨日の夕方フィッティングを済ませたバイクで出発準備

 

 

 

 

 

今日のコースのブリーフィングの後いよいよ出発

 

 

 

ホテルと町の広場で集合写真

 

出発の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PWl7IQJlDUM

 

油圧ディスクが泣いているのは、丁寧な洗車のせい。ちょっと鼻の脂をつけると消えるのですが…

 

 

 

 

 

 

 

なだらかな起伏のオリーブとブドウの丘陵地帯を走ります。

 

田舎道は馬車やワンコが迎えてくれます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=UTd-SrfURRI

 

 

 

羊や馬も放牧されていました。

 

 

 

道端のブドウをちょっと味見

 

快調なサイクリングの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=icTsPX4xFo0

 

 

 

昼食は、無農薬有機栽培にこだわる酪農農家さんでいただきました。

ご主人は懐かしいプロレスのブッチャー似のやさしいおじさん。奥さんは働き者のイタリアのおばちゃん

 

 

 

 

チーズに豆、ミートボールみんなこの農園でとれたものです。

 

  

この真っ赤な果物はうちわサボテンの実。そこに映えているサボテンからおじさんが収穫して

皮をむいてくれました。お味は、アケビかドラゴンフルーツみたいな感じであま〜い

 

 

 

 

豚さん、鳥さん、うさぎさん、みんな食用です。

 

 

 

 

 

お土産に自家製のチーズ3種類を分けていただきました。

 

食事風景を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=9sVaH5UJ7Jo

 

食事を済ませてあと20キロ頑張りました。

 

  

 

午後のサイクリングはこんな感じあと、アルベルベッロまで15キロは登りでした。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Dq8Td7zchJE

 

 

 

 

お宿は、トゥルッリと呼ばれるとんがり宿のホテルに分かれて止まります。

なかなか、このトゥルッリのホテルは取れないので貴重な体験でした。

トゥルッリは石を積み上げた屋根で、昔は税官吏が査察に来たときには屋根を崩して、「家ではない」

と言い逃れるためだとのことです。

アルベルベッロは白川郷と姉妹都市です。

 

 

 

 

 

夕食は、トゥルッリのレストランで海の幸とピッザァ中心のメニューをいただきました。

 

   

 

 

 

月明かりのアルベルベッロの町は昼間の観光客の喧騒が嘘のように、幻想的でした。

 

 

テレビ番組「ロケみつ」で稲垣早希ちゃんも立ち寄ったようですが、宿泊は出来なかったとか

https://www.youtube.com/watch?v=fdJFUssHBU4

 

静かな夜を過ごした翌日は、ツアー4日目、サイクリング2日目

アルベルベッロを歩いて観光した後、「白い町」と呼ばれるオストーニ向ってのサイクリング40キロ

 

まずは、アルベルベッロの町歩き

 

 

 

早朝朝日をバックにしたトゥルッリは最高の景色

 

 

こんなかわいいレストランやおうちが立ち並んでいます。

 

 

 

     

 

お花もいっぱい咲いており、教会にも立ち寄りスタート前の楽しいひと時でした。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Skuv2WpupGw

 

 

アルベルベッロ サンタントニオ教会の前でパチリ

 

 

 

ブリーフィングの後、オストーニに向かって出発

 

 

 

近郊にも、トゥルッリはあちらこちらにあり、同じ石の石垣も続いています。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Zhq_w76YS3c

 

途中、ロコロトンドという町に立ち寄りました。

 

 

 

丘の上の町で、町からは周りが一望。中心の教会では、結婚式をしていました。

 

 

 

 

 

丘の上の町からは、隣町のトゥルッリが見え、それを見ながらジェラードを・・・

 

ロコロトンドからの下りの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=U_f16UScXOw

 

この日の昼食は、チスティルニーノという町の路地にあるレストラン

なんか、ほんとに道で食べている感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

食事をすませて、いざ出発

 

 

オストーニまでは、田舎道を登ったり下ったり

 

 

 

 

ちょっとわかりにくいのですが、この登りはずっと向こうまでまっすぐできつい登りを登ったら下り、

また登ったら下り、最後にやたらきつい登りという精神的に答えるコースでした。

 

登り切ったら、オストーニに向かって、スカイラインを下ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=QtkIuomWOuQ

 

 

 

まさに「白い町」が丘の上にすっくと立っていました。

 

更に下って、町に入る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=oY3U88TTDuw

 

 

 

オストーニのホテルに到着。

 

食事は旧市街のレストランで

 

 

 

 

 

 

 

南イタリアのお料理は、北に比べてもボリューム満点。

とても普通にオーダーすると前菜だけでおなかがいっぱいになってしまいそう。

ケイコさんの気遣いで、おいしいものをちょっとずつ。前菜は5種類、パスタも2種類、メインも2種類いただきました。

 

それでは、この後の様子は、その3に続きます。

次は、ツアー5日目、サイクリング3日目のオストーニ〜レチェへの電車移動と

イオニア海のシーサイドサイクリングで「アイランドシティ―」ガッリポリに向かいます。

 

 


 

次の台湾もオススメ。

 

 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/241

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内