旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】日本一の清流、四万十川源流からダウンリバーサイクリング 20175月13,14日(土日)催行予定

【ツアー下見】日本一の清流、四万十川源流からダウンリバーサイクリング 20175月13,14日(土日)催行予定

カテゴリ : 
ツアー下見
執筆 : 
sugino 2016-11-22 17:50

日本一の清流、四万十川源流からダウンリバーサイクリング

20175月13,14日(土日)催行予定

ツアー下見レポート

 

 

憧れの四万十川。その源流から中流域を100キロのダウンリバーサイクリング

沈下橋を巡って日本一の清流を眺めながら、日本有数の手つかずの大自然を五感で感じる

2日間のサイクリングの下見に行ってきました。

 

     

 

    

 

今回の四万十川サイクリングのスタート地点は、四万十川源流の碑からわずか8キロ下流の

道の駅 布施ヶ坂です。

 

 

坂本龍馬が維新を夢見て脱藩。長州下関に向かったとき布施ヶ坂を通ったと伝えられ、

「維新の道・脱藩の道」として「日本の道100選」に名を連ねています。

 

     

源流近くのこのあたりの四万十川が川幅も狭く、どこにでもある渓谷です。

ただ水はあくまでも清く、豊かな恵みのしずくを集めていました。

 

 

 

 

四万十川には、多くの沈下橋がありますが、この高樋橋(たかひはし)がその最上流にある橋です。

まだ狭い川幅ですが、一旦大水になると橋は水没し、水の流れに飲み込まれます。

水が引けば、又橋として使えるように、欄干などもなく沈むことを想定した橋です。

 

 

 

久万秋(くまあき)の湧水は、道端の岩から染み出す天下の名水です。

のどを潤すこの名水は、あくまでも優しく柔らかい味わいでした。

湧水からすぐ下流には、久万秋沈下橋がその姿を見せてくれます。

 

 

 

下ってくると、だんだんと視界も空も広がって、あたりには名産のしょうがの畑も見えてくるころ

長野沈下橋が現れます。サイクリングでは、この橋を渡って下っていきます。

 

その様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BO7yamC3GSs

 

 

 

 

川は、山里の開けた谷を蛇行し、「大河四万十」を彷彿させる流れに変わってきます。

その、おおらかさの為か「地球裏番地」の看板には、地球の真裏ブラジルとのつながりを示していました。

 

    

 

こんな流れを眺めながら走ること40キロ。宿の温泉に到着します。

 

     

こんな渓流を見下ろす温泉宿では、四万十の山の幸川の幸を満喫し、絶景露天風呂が疲れを癒してくれます。

 

 

 

2日目は、松葉川温泉を出発。下流へとペダルを踏み進めます。

 

 

 

一斗俵沈下橋は、緩やかな流れの水面のその美しい姿を映し、川舟も舫われていました。

 

 

この橋を渡ってまた500mほどで清水沈下橋を渡ります。

 

 

 

ここから、小休止の道の駅アグリ窪川まではあと少し

 

 

 

ここには、名物の豚まん、しぼりたて牛乳で作ったアイスクリームがおすすめです。

 

 

 

窪川を過ぎると、川幅も広がり悠久の大河といった感じに変わります。

滔々と流れる清流は、まさに日本一の清流

 

   

 

沈下橋もだんだん長い橋になってきます。上岡沈下橋は、激流にも耐える頑丈な構造になっています。

コースは、なだらかな下りで、ほとんど車の通らない、旧道を選んでゴールに向かいます。

 

 

 

ゴールは、その昔、加山雄三と吉永小百合出演のJRのCMで紹介された芽吹手沈下橋です。

 

 

 

ここでサイクリングは終了。バスに乗車して、とおわ食堂に移動。

     

 

木の香りに包まれて、地元の季節のご飯を頂きます。

 

 

 

 

食堂の窓からは、四万十の流れが眺められ、川と山の恵みが心を癒してくれます。

 

     

 

食事の後は、バスに乗車して、大阪に向けバスの旅で帰路につきます。

途中、四万十川、高知のお土産を買って夜には大阪、天王寺、奈良に戻ります。

 

日本一の清流、四万十川源流から中流までのダウンリバーサイクリングにぜひご参加ください。

 



                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/248

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内