旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】春一番!! 菜の花畑と梅林を訪ね、はりまシーサイドロードを走るサイクリング 2018年3月18日(日) 催行予定 下見レポート

【ツアー下見】春一番!! 菜の花畑と梅林を訪ね、はりまシーサイドロードを走るサイクリング 2018年3月18日(日) 催行予定 下見レポート

カテゴリ : 
ツアー下見
執筆 : 
sugino 2017-3-19 13:47

 

春一番!! 菜の花畑と梅林を訪ね、はりまシーサイドロードを走るサイクリング

2018年3月18日(日) 催行予定

下見レポート

(下見は2017年3月12日(日)に行ってきました。)

 

黄色のじゅうたん菜の花畑と香り豊かな梅林を巡る、揖保川沿いのリバーロードと播磨シーサイドロードを走り、シーズン最後の牡蠣を楽しむサイクリングツアーを企画しました。

春一番のサイクリングは、田んぼに植えられた一面の菜の花の黄色のじゅうたんに圧倒され、

一目2万本の海の見える梅林でお弁当をいただきます。

はりまシーサイドラインの名付けられた、瀬戸内海を望む絶景のコースを走って、ゴールの相生では今年最後の

絶品ぷりぷりの牡蠣のバーベキューを楽しみます。

 

 

スタートは、たつの市の揖保川沿いにある道の駅しんぐう

前に流れる、揖保川支流の来栖川沿いを走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=vnF1hKgHDx8

 

 

 

しばしの間、来栖川沿いの気持ちいいコースを走って、揖保乃糸そうめんの里に到着。

 

 

 

揖保川沿いのこの地は、鳥取県との県境を源流とする揖保川の名水と播磨平野の豊かな農産物を活かして

「手延べそうめん」「薄口しょうゆ」「山田錦の日本酒」と名産品の多いところです。

 

ここからは、揖保川本流のコースを走ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=nc05r0hMesY

 

少し走ると、川沿いに重要文化財に指定されている堀家住宅がありました。

 

 

 

立派な長屋門のある一橋徳川家ゆかりの豪商の屋敷がそのままの姿で残っています。

今も、実際に使わられているので内部を見ることは出来ませんが、外から見るだけでも素晴らしい

 

動画で一般公開の様子をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=QUvdwxIqTps

 

更に川を下っていくと、たつの市の中心部に入っていきます。

 

 

 

たつのは、湯浅、小豆島、関東の野田と並ぶ、醤油の産地です。

京料理の味の決め手「薄口しょうゆ」はこの地で生まれ、関西の味を支えています。

 

揖保川の河口近くから、西に道をたどると今回のハイライト「たつの菜の花畑」と「「綾部山梅林」の到着

 

 

 

 

 

菜の花畑にはこんなリアルな案山子も

 

     

 

 

 

動画でもご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=BemVezCQLR0

 

菜の花畑から丘を眺めると、ひとめ2万本の梅林が広がっています。

本番のツアーでは、こちらで菜の花と梅を眺めながらのお弁当を楽しみます。

 

 

 

 

 

丘の上からは、小豆島などの瀬戸内海の島々も眺められました。

 

    

 

 

 

ここからは、播磨シーサイドロードを走ります。

 

 

 

瀬戸内の絶景を眺めながらのシーサイドサイクリングの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=uIr5swreNTc

 

 

 

下見では、はりまシーサイドロードにある道の駅みつで海鮮丼をいただきました。

 

 

 

 

 

途中、朝鮮通信使も泊り、風待ちの港として栄えた室津の町にも立ち寄ります。

 

 

 

海と空との境目に点々と並ぶ島々を眺めながら今回のゴール相生とれとれ市場に向かいます。

 

 

 

お約束の相生牡蠣のBBQを楽しんでいただきます。

 

冬から春に移り変わる季節のはざまを楽しむ、菜の花と梅、牡蠣を楽しむサイクリングにご参加ください。

 

 


おなじみ勝手にしまなみ

 

 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/254

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内