旅の記録(ブログ) - 旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】北の秘境・水無海浜温泉、駒ヶ岳、大沼公園と港町函館を巡るサイクリング 2017年10月14日〜16日(土日月) 下見レポート(後篇)

旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】北の秘境・水無海浜温泉、駒ヶ岳、大沼公園と港町函館を巡るサイクリング 2017年10月14日〜16日(土日月) 下見レポート(後篇)

カテゴリ : 
ツアー下見
執筆 : 
sugino 2017-5-22 12:00

北の秘境・水無海浜温泉、駒ヶ岳、大沼公園と港町函館を巡るサイクリング

2017年10月14日〜16日(土日月)

ツアー下見レポート(後篇)
(前篇はこちら)

翌朝は、朝ごはんの前に、近くを散歩しました。

 

 

すぐ目の前は、恵山岬の灯台です。朝日に浮かぶ真っ白な灯台が恵山をバックに美しい。

 

 

 

ドウダンツツジが咲き始めていました。

 

 

 

昨日の夕方は干潮だったのですが、朝は満潮で水無海浜温泉は海に沈んでいました。

 

 

朝食もいくらや新鮮なお刺身、焼き魚が食べ放題でした。

 

 

 

2日目のサイクリングも海沿いを今度は北に向かいます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=oGB9a_XWf1E

 

https://www.youtube.com/watch?v=Wxvc-3U2oTI

 

https://www.youtube.com/watch?v=nxLN5l6BKMg

 

 

 

 

流れ込む川の河口には小魚が集まるのか、カモメが群れていました。

 

 

 

遠くに駒ヶ岳の姿が見え始めたころ、鹿部の町に入ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=B16zvfLM0oM

 

鹿部間欠泉公園は間欠泉が実際に見ることのできる貴重な場所です。

ここで、特産のタラコを使った昼食もいただきます。

     

 

  12分ごとに自噴します。

 

 

吹き出す間欠泉を待つ間に足湯も楽しめます。

      

釜ゆで料理も体験できます。

 

ここを出発すると、しばらく海からの駒ヶ岳を見ることができます。

 

 

いよいよここから大沼を目指してのヒルクライムです。

右手には、駒ケ岳が見え励ましてくれます。

 

 

ワイドで見るとこんな感じ

 

 

およそ10キロで標高差130mのゆるい登りが続きます。最大5%平均1.3%のなだらかな登りです。

 

 

登り切った流山温泉付近の牧場からの駒ヶ岳です。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=GZiavpAQ-R4

 

 

 

コーズ左手の乗馬クラブにはペットのヤギさんもいました。

 

 

 

東大沼キャンプ場から、大沼をぐるっと巡ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=1n1Pl0-vrEI

 

https://www.youtube.com/watch?v=zmpVyMLIkV4

 

 

 

 

大沼公園では、ちょっとゆっくりして散策も楽しみましょう

 

 

こんな美しい景色が望めます。

 

 

大沼に別れを告げて、一気にここから函館の町までダウンヒル

5キロほどで125mを下り、平坦な赤松街道で函館の町を目指します。

 

 

        函館港 青函連絡船記念            函館港からの函館山

函館山の麓、ビジネスホテルが今夜の宿。北の歴史の町での夜歩きはいかがでしょう。

函館山の夜景を見るロープーウエイの駅までもわずかな距離です。

 

昼間ですが、函館山からの函館

 

夕食は自由食ですので、函館の活イカやオホーツクの蟹、ウニやいくらを楽しんでください。

ただ、飲み過ぎないように!!

 

3日目は、ホテルの朝食をセットしてありますが、お好みで函館朝市での朝食はいかがでしょう。

 

 

 

朝から500円の海鮮丼が朝6時〜食べられます。

 

サイクリングはホテルを8:00に出て、函館市内を観光

 

   

           赤煉瓦街                     八幡坂

 

  

         旧函館公会堂                 ハリスト正教会

 

    

          ヨハネ教会              カソリック教会

 

 

 

石川啄木像

 

こんなところを自転車で巡って、函館空港に向かいます。

全行程をサポートカーが同行しますので、お土産はサポートカーにお預かりします。

朝市からは、新鮮な北海道の海の幸を宅急便で送ってください。

飛行機輪行で行く、2泊3日道南の秘境を巡るサイクリングツアーにぜひご参加ください。

 



                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/261

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内