旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】ニュージーランドサイクリングツアー 2017年11月11日〜18日催行予定 下見レポート 【前半】

【ツアー下見】ニュージーランドサイクリングツアー 2017年11月11日〜18日催行予定 下見レポート 【前半】

カテゴリ : 
ツアー下見
執筆 : 
sugino 2017-6-13 13:01

 

ニュージーランドサイクリングツアー

2017年11月11日〜18日催行予定

下見レポート

【前半】

後半はこちらから

 

世界中のサイクリストのあこがれ、大自然を切り裂くサイクリングルートを安心安全のサポートで走る初夏の8日間

下見ツアーのレポートです。

 

日本の11月は、南半球のニュージーランドでは初夏。さわやかな気候と新緑を楽しめます。

サポートは、現地ガイドとサポートカーが全行程同行し、日本から添乗員兼インストラクターがご案内します。

 

 

 

土曜日夕方関西空港を出発し、機中泊の後日曜日にニュージーランド最大の都市オークランドに到着。

オークランドでのディナーを楽しんでいただいて翌日からのサイクリングに備えていただきます。

 

 

 

 

サイクリングの1日目

月曜日の朝から、オークランドのホテルをサポートバンで出発し、サイクリングをスタートする、

郊外のクリープトンという町に移動します。

 

     

クリーブトンのカフェとウールのお店でレンタルバイクのフィッチングとブリーフィングの後

いよいよサイクリングスタート

 

 

 

下見の折には、ちょうど第一次世界大戦の戦勝記念日のパレードと出会いました。

このメインストリートを出ると、すぐ田舎道です。

 

動画でどうぞ

(下見の動画は現地ガイドの運転で車載カメラからの映像です。)

https://www.youtube.com/watch?v=vZVlemxM5j4

 

 

コースは写真の左から右へと、牧場の中を切り裂くサイクリングルートを走ります。

 

 

 

 

 

羊は人口よりたくさんおり、この牧場にも1000を超えているのですが、なにせ広いので

緑の中にぽつぽつ白い羊がまばらに居るように見えました。

 

 

 

牧場を越えると、ワイタナリージョナルパークからカワカワ湾の美しい海岸線が眺められ

ここからは、海岸線のサイクリングになります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=_axVbWPqZ7M

 

カワカワベイは潮の満ち干が大きく、下見の時はちょうど干潮。家族で潮干狩りを楽しむ家族もおられました。

 

 

 

ここからは一旦内陸に入りますが、ちょっとのぼりがあるので、サポートカーでエスケープします。

 

サポートカーはこんな感じです。

お客様は12人乗りのバンに乗っていただき、後ろのトレーラーにはお荷物、

トレーラーの天井に自転車を積みます。

全コース伴走しますので、どこでも、いつでも、一人でもエスケープ可能です。

また、エスケープ中も「ここはどうしても走りたい。」とのご希望があれば、

安全面で問題なければ走っていただけます。

 

 

イーストコーストロードを再び海岸線に戻ると、テムズ湾をはさんでコロマンデル山脈が美しい姿を見せてくれます。

 

 

 

しばらく走ると、テムズ湾をシーカヤックでツーリングするときの拠点ティアラモアナに到着。

ここでさわやかな海風を楽しみながら木陰でピクニックランチをいただきます。

 

 

 

 

 

 

ランチの後はまた、海岸線のサイクリング。

左手は、テムズ湾の絶景、右手にはスワンレイクに海鳥や白鳥、黒鳥が戯れています。

 

 

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=UPX5y9CPijM

 

小さな海岸の村、ミランダを通り過ぎて、ワイタカルルでこの日のサイクリングは終了。

64キロの行程です。

ここからは、バンに乗って宿のあるテームズに移動します。

 

 

ホテルは、この日走った海岸線とはテムズ湾を挟んで対岸になり、西向きのロケーションは

夕日を眺めるのには最高です。

 

 

 

夕食は、テームズの町の中にあるビアレストランでいただきます。

 

さて、サイクリング2日目は、ホテルを出てテームズのカフェで朝食

 

 

そのまま、またVANで移動してサイクリングスタート地点のテ・アロハに向かいます。

途中、ニュージランドで一番飲まれているソフトドリンクのレモン&パエロアのふるさと

パエロアにも立ち寄ります。

 

正規のサイクリングスタートは、パエロアの先のテ・アロハですが

この日は、走行距離が40キロですので、テ・アロハの手前から走りたい方はそれでもOKです。

パエロアからテ・アロハまでのロウヒティーロードは絶景です。

 

動画でパエロア〜テ・アロハの様子をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=NLIAsYfvYWE

 

途中には七面鳥の牧場もありました。

 

さて、正規のサイクリングスタートの町は、テ・アロハです。

ここも、温泉の町で湯気が立ち上る温泉施設や温泉プール、足湯のある公園からスタートです。

 

   

 

ここからは左手にカイマイ・ママク森林公園の山を見ながら、右手には広大な牧草地帯の中を走ります。

 

 

 

 

 

きれいに並んだポプラの並木は息をのむ光景でした。

 

 

中間地点の落差153mぼワイレレ滝へはトレッキングで登ることもできましたが、往復1時間半かかり

ルートからでも見ることができるので今回はトレッキングはパス。

 

    

 

ここを過ぎて、しばらく行くともう少しで、今夜の宿泊地マタマタ到着です。

正規のテ・アロハからは40キロ、パエロアからなら60キロです。

 

動画でマタマタ到着の様子をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=l6KzZY7qT3k

 

 

 

マタマタには、映画ロードオブリングやホビットの映画セットがあるので、街中にもそのコピーがありました。

本物の映画のセットはこんな感じだそうです。

 

 

 

下見では、マタマタの宿はファームステイを体験しました。

 

 

 

いわゆる農家民泊で、牧場主さんご一家のお宅に泊めてもらいました。

 

 

 

牧場主さんに牛や羊、鶏にハチミツのお話を聞かせてもらいました。

田舎の人なので、すごい、キウイなまりの英語で苦労しました。

 

 

 

ご飯は、100%この農場で獲れたビーフ、マトン、チキンと野菜でお母さんが作ってくれました。

大変興味深く、いい体験ができましたが、一軒当たりの収容人数が少なく、2-3軒に分かれないと

いけないという事で、ツアーではマタマタの街中のホテルにする予定です。

 

今回のレポートはここまで

サイクリング3日目以降の様子は後半に続きます。

 後半はこちらから


 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/263

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内