旅の記録(ブログ) - 最新エントリー

 

エキゾチック台湾と絶景の北部海岸サイクリングツアー

下見レポート

 

首都台北から海岸に沿って連なる、北海岸サイクリングロードを走りながら、その絶景の海岸美と

魅力あふれるエキゾチックなレトロな街を訪ね、世界の美食、台湾料理を現地サイクリストの

案内で食べ尽す魅力満載のサイクリングツアー

全行程日本人サイクリングインストラクターが添乗して、

日本語を話す現地サイクリングガイド、サポートカーとバスの2台が伴走。

日本同様の至れり尽くせりの安心安全サポート体制です。

その下見に行ってきました。

 

 

本番は、2017年2月17日(金)〜21日(火) 4泊5日です。

 

台北国際空港(桃園)に到着後、専用バスで台湾有数の温泉地、宜蘭礁渓まで移動します。

台北空港からは、南東に向かって約2時間で到着します。

  

 

 

礁渓温泉は、町の中に温泉の足湯や温泉リゾートが点在しています。

街の中を流れる川からも湯気が上がっています。

また、町の中には台湾夜市もあり、地元のグルメが食べ歩きできます。

この日は、現地ガイドが台湾式の焼き鳥料理にご案内する予定です。

 

 

2日目からがサイクリングです。

この日のコースは、礁渓→蘭陽博物館→三㹦角灯台→福隆駅→基隆の80キロです。

 

蘭陽博物館はここ宜蘭県の歴史と今が一気にわかる博物館。

何よりもその三角の建物がアーティスティック

 

ここから、海岸線の絶景サイクリングです。

亜熱帯の美しい森林がコバルトブルーの海に迫る海岸美は日本では見ることができません。

 

 

 

 

 

三㹦角灯台は雪山山脈が太平洋に落ちこむ台湾最東端の岬にある灯台。

台湾の恋人たちの聖地にも選ばれた、縁結びスポット

 

ここから岬を回り込んで右手に海を見ながら、西に向かい台湾有数の行楽地「福隆」に向かいます。

 

 

 

 

福隆は、東北角海岸風景区の中心で、この地区の政治の中心でもあります。

岸壁の海岸が多い台湾では貴重な砂浜の海岸があり、昔ながらのローカル線の駅では

懐かしい立ち売りのお弁当屋さんがお弁当を売っています。

 

  

 

 

 

駅前にたくさんあるお弁当屋さんの中でも、地元のガイドおすすめのお弁当を昼食にいただきます。

 

 

 

街中には、台湾らしい(?) 訳の分からないモニュメントがあったりします。

 

 

 

 

内陸に向かって走ると、十分の町に入ります。

十分は静かな山間の町で、どこか懐かしい感じがする雰囲気のいい街です。

ランタンフェスティバルでも有名で、夜でも昼でもランタンを飛ばすことができます。

是非、体験してみてください。

 

 

 

 

十分のもう一つの見どころは、アジアンチックな鉄道沿いのお店街です。

 

 

 

台北から台鉄で1時間半の平渓線の線路わきにお店が立ち並んでいます。

もちろん列車が通過するときだけは、通ることは出来ませんが、皆さん線路を歩いてお買い物。

 

 

 

ここから基隆まではもう少しです。川沿いの道を港町基隆に向かいます。

基隆は台湾最北端の港町で、3方を山に囲まれた天然の良港です。

貿易国台湾の表玄関で、輸出入の多くがこの港を通って取引されています。

 

 

 

今夜は基隆の夜市でお食事

漁港もすぐそばにあり、海の幸が豊富なことはもちろん、パイナップルケーキや卵パイ、緑豆ケーキなど

台湾スイーツも楽しみです。

 

 

 

 

ホテルは、基隆の中心街です。

 

 

 

フロントのおネエさん美人でした。

 

3日目のコースは、基隆→金山老街→富貴角灯台→白沙湾→浅水湾→漁人碼頭→淡水の60キロです。

匡際的な港町、基隆からは海岸線を通って金山老街に向かいます。

 

 

金山老街は北海岸で唯一清朝時代に出来た町並みが残っています。

 

 

 

慈護宮の近くには数件の古い家屋が残っており、いわば台湾の「町家」スタイルです。

 

 

 

 

昼食は、金山老街にご案内して、各自でお好きなものをお食べいただけます。

金山老街を出発して、北へと海岸を走ると台湾最北端の富貴角灯台に到着します。

 

  

 

1,896年日本との間に海底ケーブルを敷設し、1910年からの日本統治時代に初めて建設された灯台が

この富貴角灯台です。このほんの少し向こうが、日本との国境になります。

 

 

 

 

 

半島をぐるっと回りこんで、淡水に向かう途中、浅水湾があり、広いビーチが広がります。

 

 

  

 

淡水の入り口の、美しい橋漁人碼頭は恋人たちのデートスポット

台北から電車で夕日を眺めに来るカップルでにぎわいます。

 

 

 

 

淡水は台北市内から、地下鉄(MRT)で来られることもあり、近場の観光地です。

夜は、淡水の老名店(老舗)のレストランにご案内します。

お宿は淡水のホテルです。

 

4日目のコースは、淡水⇒フェリー⇒八里⇒十三行博物館→竹園漁港→永康緑色トンネルの50キロです。

 

  

淡水は淡水河の河口に広がる港町。台北へは整備された自転車道が続きます。

まずは、フェリーに乗って八里に向かいます。

 

 

 

十三行遺跡の出土品などが展示されています。ただ、子供向きですので、ここは博物館の外観

だけ楽しんで、竹園漁港に向かいます。

 

 

 

 

 

竹園漁港は台北に一番近い漁港で、新鮮な海の幸が味わえます。

 

 

 

お昼ごはんはここにご案内いたしますので台湾の海鮮グルメを堪能してください。

 

 

 

お昼ごはんの後、台北方面に向かうと、自転車道は亜熱帯の街路樹が道路を覆う

永康緑色隧道に差し掛かります。

 

    

 

 

 

タンデムや3人乗り、4人乗りの貸自転車もあり、自転車天国です。

サイクリングはここで終了。

バスで、台北市内のホテルに移動します。

ご夕食は台湾人気のグルメにご案内いたします。

 

 

 

5日目は、朝ホテルを出て、PACIFIC CYCLE(折り畳み自転車Birdyなどのメーカー)の

博物館を見学します。

 

http://www.pacificcyclesmuseum.com/en/index_e.htm

 

BD-1の開発秘話もチェックできると思います。また特別に生産ラインの見学も予定しています。

(生産ラインの都合で、20日になる可能性もあります。)

 

昼食の後、台北空港にバスで向い、帰路につきます。

 

台湾北東海岸の素晴らしい海岸美と温泉、グルメを訪ねる盛りだくさんのコンテンツ

至れり尽くせりで、安心安全のサイクリングツアーにぜひご参加ください。


おなじみ勝手にしまなみ


                      

 

勝手にしまなみとびしま海道サイクリング

2016年9月3日4日(土日)

 

 

木曜日に突然現れた、台風12号の接近を気にしながら、今年も秋の

勝手にしまなみとびしま海道サイクリングに行ってきました。

 

 

 

奈良観光バス車庫、天王寺駅、梅田に集合。自転車はトラックに積み込んで、皆さんはバスで

サイクリング出発地の尾道駅前まで一気の移動。

 

 

 

車内では、サイクリングに備えて、テルテル坊主は雨退散を祈願。皆さんは夢の中。

 

 

尾道駅前に11:20到着後、自転車を渡して、後は自由に走ってもらいます。

今回は、今治まで全コース走られる方の他に、大三島で宿泊される方、

それぞれの島周回コースを走って、今治に行かれる方などに分かれました。

 

 

しまなみが初めての6名の方は、インストラクターと一緒に走られました。

まずは、恒例の尾道ラーメン

 

 

 

 

ブルーラインに沿って、向島、因島を走ります。

 

因島の満田酵素の大根モニュメント

 

橋を渡って、生口島に向かいます。

 

 

 

 

 

お約束のドルチェでジェラード。

他の参加者の方とも、ここでお会いしました。

 

 

 

瀬戸田では、耕三寺と名物コロッケをいただき〜

 

 

 

 

 

 

 

電動ロードのレンタルでご参加はロード初体験の女性です。

 

 

多々羅大橋では、鳴き龍を体験して、サイクリストの聖地にも立ち寄り

 

来島海峡大橋では夕日を見ることができました。

夜は、今治港を望むホテルに宿泊、今日初めて会った方々も仲良く食事に

出て行かれました。

 

 

翌日は、とびしま海道コースにインストラクターがお供しました。

今治港から、フェリーで岡村島へ、昨日走って渡った来島海峡大橋をくぐって1時間の船旅です。

 

 

岡村島に到着してすぐパンク1名。でも、すぐインストラクターとサポートカーが

対応して、出発です。

 

 

天気は曇り、時々雨に会いましたが、雨具を着るほどではありませんでした。

 

 

御手洗にわたる橋が愛媛と広島の県境

 

 

御手洗では、オチョロ舟の模型を作るおじいさんのお話も聞きました。

 

 

県民の浜のあたりで、雨に会いましたが、元気に安芸川尻を目指します。

 

 

お昼は、蒲刈大橋の袂の麒麟でお作り定食をいただきました。

新鮮なお作りはハンパない弾力の歯ごたえに感動!!

 

 

安芸川尻には予定より早く、13時には皆さん到着され、13:30には出発

しまなみ海道コースを走られた5名の方は、15:30に尾道駅前でバスに乗車

16:00出発の予定でしたが、15:40には出発でき、道路事情もよく

大阪駅には19:00.天王寺19:30、奈良には20:30と予定より1時間早く帰りました。

 

とびしまコースは、雨もそれほどではありませんでしたが、しまなみコースは

どなたかが雨男であったようで、相当の雨に降られながらのサイクリングだったようです。

いずれにせよ、無事故で、サイクリングツアーを楽しんでいただきました。

 

 


 

今年もおなじみ勝手にしまなみ


                      

 

ちくさ高原のゆり園と120万本のひまわり畑を巡るサイクリング

下見レポート

 

 

中国山地の標高900mちくさ高原で夏の香り豊かなゆりを観賞しサイクリングスタート。

赤穂で瀬戸内海にそそぐ千種川源流から、清流沿いを気持ちよく下って120万本のひまわりが咲き誇る

作用のひまわり畑までのサイクリング。

帰りには、岡山の桃のお土産を買って、湯郷温泉で汗を流して夏の一日を楽しみます。

 

 

ちくさ高原は、中国山地の分水嶺、岡山、鳥取、兵庫の県境にある標高1125mの高原。

冬はスキー場として、夏はちくさ高原ネーチャーランドとして大自然を楽しめるところ。

50種類30万株のゆりがゲレンデに咲き誇る。残念ながら今年は、不作で「咲き誇る」とまでは

いかなかったようですが、来年こそは、と整備に力を入れておられます。

 

 

黄花コスモスもたくさん植えられていました。

 

 

 

標高900mの高原からサイクリングはスタート。

下界の灼熱地獄とは違い、森を渡る風は涼やかで、湧き出る清水が清らかでした。

昼間でも、ヒグラシの声と、せせらぎの音が聞こえます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=sc-lDFT7lrM

 

 

 

コースわきには、マイナスイオンいっぱいの滝が迎えてくれます。

 

千種川の源流、鍋ヶ谷渓谷のすぐ横を下っていきます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=uApGcIUYTo0

 

 

鍋ヶ森神社は雨ごいと縁結びの霊験あらたかな神社。

鎮守の森は、渓谷につながっています。

 

 

 

少し下ると、千と千尋の神隠しを思わせる、たたらの里を通過します。

 

 

 

 

可愛いつり橋を越えると、パワースポット中の宮神社に立ち寄ります。

 

 

 

境内のケヤキのこぶに触れると、霊験あらたかなご利益が・・・

 

 

 

谷が広がってきたところには、名水ポイントがあちこちに

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=KVPfvRzgGlo

 

 

 

 

 

サイクリングは、佐用町の120万本のひまわり畑。

約40キロの高原サイクリングと、一面のひまわり畑。

サイクリングの後は、備前の名湯湯郷温泉までバスで移動して汗を流します。

 

 

  

 

最後にシーズン最後の岡山の桃を道の駅彩菜茶屋とJA勝央で買って帰ってください。

 

 

 

 

 

2017年7月23日(日)に催行予定ですので、お楽しみに!!!


                      

 

龍神スカイラインダウンヒルサイクリング

2016年8月7日(日)

ツアーレポート

 

 

高野山系の最高峰、護摩壇山(ごまさんスカイタワー)1275mから

一気のダウンヒルサイクリングを楽しみました。

 

  

 

奈良、梅田、天王寺から貸切バスで自転車も一緒に一気にごまさんタワーまで移動。

下界は、体温越えの38度のこの日、ごまさんスカイタワーは26度の天国

 

 

 

肌寒ささえ感じながら、陽射しの強さに、熱中症には十分注意してスタート

 

 

 

ヘルメットカメラから動画で、爽快ダウンヒルをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=8Nvpkogz1XI

 

 

 

 

長い下りなので、途中で何度も止まって、ブレーキを冷却。レバーを握る指の疲労を回復

しながら下ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=5XK-WW7HKlc

 

 

 

  

 

森をわたってくる風は、冷たく気持ちいい!

存分に納涼ダウンヒルを楽しみながら、龍神温泉へ

 

 

 

お昼ごはんは、龍神温泉 季楽里で山の幸御膳をいただきました。

 

 

季楽里は自転車にやさしい龍神温泉の宿。

ロビーは、ひのきの香り豊かな安らぎの空間でした。

 

 

1人1人にプレゼントもいただきました。

 

 

後半のサイクリングをスタートします。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=QPWtSNw2A5o

 

 

 

龍神温泉本館は記念写真のみで、きょうの入浴はサイクリング終了後。

 

 

日高川の流れはあくまでも清く、涼やかでした。

 

     

 

 

 

下りの写真撮影は、前に回って撮影、その後追いかけるのが大変です。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=4w1wQksNV0U

 

 

 

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=G6zQXNb4o0U

 

 

 

約50劼里気錣笋なサイクリングのゴールは道の駅水の郷日高川龍游。

自転車を、バスに積み込んで、かなや明恵峡温泉までバス移動

 

 

絶景の露天風呂からの眺めとつるつる美人の湯を楽しんで帰路につきました。

 


つぎはこれです!

夏の締めくくり 自由に「勝手に」しまなみ。


                      

大台ヶ原トレッキングとダウンヒルサイクリング

2016年7月10日(日)

ツアーレポート

 

 

関西山岳サイクリングの聖地、大台ヶ原にトレッキングとサイクリングに行ってきました。

奈良、大阪駅、天王寺駅でバスに乗車いただき、道の駅吉野路大淀Iセンターでお弁当を積み込んで大台ヶ原ドライブウエイで、伯母峰まで直行しました。

前日の豪雨でドライブウエイの伯母峰トンネル入口〜伯母峰展望台までの区間は、路面に落石や木の枝が散乱している為、予定より少しカットしましたが、大台ヶ原駐車場まで、15.5夘弦盧600mのヒルクライムには、希望者の5名様がチャレンジされました。

この区間は、お手荷物の搬送は行いますが、完全自己責任。皆さん無事完走されました。

 

 

 

 

 

 

本隊のトレッキングも楽しむグループは、大台ヶ原駐車場までバスで直行。

下界よりも8度も涼しい大台ヶ原でお弁当をもって、日出が岳(1694m)までのトレッキング。

 

 

 

 

 

初夏のすがすがしい緑の中を森林浴

 

 

 

 

木道を登り切ると日出が岳の頂上。

ここで、お弁当をいただきました。

 

 

 

    

 

ヒルクライム組とトレッキング組ともに駐車場で合流し、集合写真を撮影して、いよいよダウンヒルスタート

 

 

 

 

 

スタート早々にチューブレスタイヤの劣化でお一人がパンク。

皆さん、整備は十分にお願いしますね。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LD87ui8AsnY

 

 

 

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=TsZqdOo1rKI&spfreload=10

 

辻堂からは、ドライブウエイを離れて、林道を下ります。

更に急な下り勾配なので、ゆっくりと下り、途中何度もストップして、ブレーキを冷却、指もグッパ。

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Qpw4BK-ICJE

 

  

 

辻堂展望台からは、世界遺産、大峰奥駆道が遠望できました。

 

 

 

 

 

 

 

林道区間でも、落石でパンク1件。この日のパンクは合計4件でした。

 

林道区間の後は、渓流沿いの気持ちのいいなだらかな下りです。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=9UuSesNMO84

 

 

 

道の駅吉野路上北山で休憩の後は、一気に下北山村運動公園を目指します。

 

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=HARnS0x-GVw

 

ここまで来て、途中通り雨に会いましたが、最後の温泉を目指して元気に全員走り切りました。

 

 

 

 

サイクリングとトレッキングを組み合わせたツアー今後も企画します。

 


爽快 納涼 龍神ダウンヒル

 


                      

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内