催行決定しました!ご検討中の方はお早めに!1/10締切予定です!

 


エキゾチック台湾と絶景の北部海岸サイクリングツアー


全行程サポートカーが伴走だから、走りたいところだけ走ってOKです。
日本人と日本語を話す台湾人のサイクリングインストラクターが同行で安心

 

2017年2月17日(金)〜21日(火) 4泊5日


2016年11月10日までにお申込みいただきますと、早割5,000円引き!!
 

 下見レポートはこちらから

 

絶景のコバルトブルーの北部海岸線と台湾で最も整備された基隆、淡水の自転車道を走って、十分でランタンフェスティバルも体験、エキゾチックな台湾を満喫。レトロでひなびた田舎町と台湾有数の温泉をめぐりながら、南国情緒とアジアンな人情を味わうサイクリング。 全行程サポートカーが伴走しますので、万一の悪天候や体調不良でも安心です。 お食事も、現地スタッフが選りすぐりのグルメスポットにご案内しますので、一般パックツアーでは味わえない「食の台湾」を体験いただきます。

 

日程

行程

食事

走行距離

2/17
(金)

関西空港8:00集合。関空10:00⇒12:20台北空港(CI159)
到着後、専用車で宜蘭礁渓へ移動。礁渓温泉を自由行動。夕食は、台湾式カモ肉焼き鳥料理にご案内します。(各自)
礁渓温泉泊

なし

 

2/18
(土)

朝食後、ホテルよりサイクリング出発。情緒豊かな温泉街を出てユニークなデザインの蘭陽博物館を見て、エメラルドグリーンの海を右手に、亜熱帯の森林の緑を左手に見ながらの爽快サイクリング、三㹦角灯台は雪山山脈が太平洋に落ちこむ台湾最東端の岬にある灯台。昔懐かしいローカル線福隆駅の名物駅弁で各自昼食。ランタンが飛翔する十分のアジアンな街並みを越え、台湾最大の港、基隆までのサイクリング。夕食は基隆夜市の屋台にご案内(各自)
基隆泊

80

2/19
(日)

朝食後、サイクリングで北部台湾唯一清朝から続く古い町並みの金山老街に向かい伝統の台湾料理をいただきます。(各自) ここからは北部海岸を左手に日本統治時代に出来た富貴角灯台へ。はるか北には沖縄を望む国境の地。ロマンチックな夕日の淡水に到着。台北からも近い名店が並ぶ淡水老街でご夕食(各自)
淡水泊

60

2/20
(月)

朝食後、ホテルを出発し自転車と一緒にフェリーで海を渡り八里へ。遺跡の展示とユニークな建物の十三博物館を経て竹園漁港でとれとれピチピチの海鮮料理にご案内(各自)午後は、亜熱帯の植物が覆いかぶさる永康緑色隧道を走ります。ここでサイクリングは終了。サポートカーで台北に移動。夜の台北の町で人気グルメのレストランへご案内します。(各自)
台北泊

50

2/21
(火)

8:30にチェックアウト。サポートカーで、BD-1などの小径車で有名なPacificCycleの博物館と生産ラインを見学(生産状況により前日午後に変更の可能性があります。)食事の後、台北空港に移動。
台北空港17:25⇒20:50関西空港(CI158)

 

 

● 申込締切 :2017年1月10日(2016/11/10までにお申込みは早割 5,000円引き)
● 使用航空会社:CI チャイナエアーラインを予定しています。(往路CI159/帰路CI158) 変更の可能性あり。)
● 食事:機内食以外に朝食4回(それ以外の食事も自由行動を除き、ガイドがご案内します。)
● 宿泊:男女別ツイン相部屋、一人部屋追加料金:¥27,000
● サイクリングには、全行程サポートカーが伴走します。
● 日本人サイクリングインストラクター、日本語を話す台湾人インストラクターがご案内します。
● レンタル自転車は別途料金にて、身長に合わせてクロスバイク又はロードバイクをご用意いたします。(ロードバイク ¥25,000、クロスバイク¥15,000)
● 往復の飛行機輪行で超過料金が発生する場合は、お客様にご負担いただきます。
● 参加料に含まれるもの:往復の航空券、4泊朝食付ホテル料金、サイクリングサポート(サポートカー、サイクリングインストラクター、メカニカルサービス)サイクリング中の手荷物搬送、案内料、Pacific Cycle博物館入場料。
● 参加費に含まれないもの:上記に記載のない食事、個人的な飲食、サービス、入場料などは含まれません。また、渡航にかかる諸税、燃料サーチャージ等も別途必要です。
● この旅行は、CTJ倶楽部会員を対象とした、団体旅行で募集型企画旅行ではありません。参加の為には、CTJ倶楽部にご加入ください。
● ご参加の場合は、必ず旅行保険にご加入ください。

詳しくはメールまたはFAX、お電話でお問い合わせください。
メールでのお問い合わせはこちらから

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える



私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内