日本一の清流、四万十川源流からダウンリバーサイクリング
2017年5月13日(土)14日(日)
旅行代金 46,900円

ツアーレポートはこちらから(コースは少し違います)

日本一の清流、四万十川の源流から100キロのダウンリバーサイクリング。
悠久の大河を五感で感じられる最も川沿いのコースを、四万十のシンボル「沈下橋」を巡って、
初夏の風と新緑も存分に楽しみながらのさわやかサイクリングです。
お泊りは、土佐の奥座敷松葉川温泉で肌に優しい温泉と滋味あふれる山の幸、
四万十川の恵みをいただき 昼食は話題の田舎モダンなとうわ食堂でいただきます。
大阪、奈良から貸切バスで自転車も一緒に搬送。
ラクラク移動と至れり尽くせりのサポートで
安心安全のサイクリングツアーです。

 

 

 

 

 

6:30 奈良観光バス車庫     
7:30 天王寺駅前     
8:00大阪駅(大阪モード学園)

サイクリングスタート
14:00 道の駅 布施の坂
14:09 R197/K19  2.2
14:19 桑ヶ市トンネル入口(トンネル回避) 4.3
14:38 大股農業共同館  9.5
15:07 大野見交差点  16.7
15:12 天満宮前キャンプ場 17.8
16:00 窪川中津川  29.8
16:20 松葉川温泉 34

サイクリングのコース http://yahoo.jp/7DPDtD
ホテル松葉川温泉 宿泊
http://www.matsubakawa.jp/

2日目
サイクリングスタート
08:00 ホテル松葉川温泉
08:17 窪川中津川 4.1
09:05 道の駅アグリ窪川 16.4
09:20 出発
11:03 打井川橋 42
11:30 道の駅四万十大正 48.8
11:38 土佐大正駅付近 50.4
12:12 芽吹手沈下橋 59.6
サイクリング終了
サイクリングのコース http://yahoo.jp/HpSIp3

20:10 大阪モード学園     20:40 天王寺駅     21:40 奈良観光バス車庫

 

● 旅行日程:2017年5月13〜14日(土日)1泊2日
● 旅行代金:46,900円
● 食事:4食(朝食 1回、昼食 2回、夕食 1回)
● 宿泊:松葉川温泉
● 旅行代金に含まれるもの:出発地からサイクリングスタート地点、ゴール地点から帰着地までのバス乗車。同乗の区間の自転車搬送、サイクリング中のサイクリングサポートと手荷物搬送宿泊、食事4回
● 旅行代金に含まれないもの:個人的な飲食代金、入浴料他、上記に記載の無いもの。
● シリーズ:「至れり尽せりサイクリング」
● カテゴリー:「中級者がっつりコース」下り基調の走りやすいコースです。
● 予定走行距離:1日目約40キロ 2日目約60キロ
● 参加条件:1日100kmを自己責任で走れる方、使用自転車は前後輪を外せるもの(前後輪を外せない場合は、レンタルをご利用ください。)
● 添乗員:同行します。(サイクリングインストラクターが引率します。)
● 最少催行人員:15名
● 使用バス会社 : 奈良観光バス
● レンタサイクル:電動ロード7000円、ロード6000円、クロス5000円、マウンテン4000円を身長にあわせてご用意します。

 

お申込みはこちらから 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える



私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内