旅の記録(ブログ) - 最新エントリー

台湾自転車たびに重要なお知らせ

 

 

 

日本-台湾線の自転車持ち込みでは、チャイナエアーが一番寛容でしたが、2019年6月から左のオーストリッチOS-500(布製で厚いウレタンクッション入りの折畳可能な輪行袋)を含めソフトケースでの手荷物預託の受付が出来なくなりました。(カウンターでトラブルとなっています。)

右のようなハードケースか、カートン箱のみ受け付けています。

 

2019年6月20日現在の主な航空会社各社台湾線の手荷物規定は以下の通りです。

各社に問い合わせた結果ですが、必ず予約時にご自分でご確認ください。

 

●チャイナエアライン(CI)

1.事前連絡要

2.寸法制限なし、30坩米

3.ハードケースまたダンボールしか受け入れない。

 

●エバー(BR)

1.  事前連絡要

2.寸法制限なし、30坩米

3.輪行箱材質が特に制限なし

 

●キャセイパシフィック(CX)

1. 事前連絡要

2.3辺の和:203僉30坩米

3.輪行箱材質が特に制限なし

●バニラ(JW)

1.    事前連絡要

2.3辺の和:203僉閉垢機幅、高さそれぞれのMax:120僉法20坩米

3.寸法制限超える場合、特大荷物に属され、追加料金が発生(NTD 900〜)

 

●ピーチアビエーション(MM)

1.事前連絡要

2.スポーツ用品として、追加料金発生。

3.輪行箱材質が特に制限なし

 

●タイガーエアー(JD)

(チャイナエアライン傘下LCC)

1.事前連絡要

2.3辺の和:203僉閉垢機幅、高さそれぞれのMax:120僉法20坩米

3.寸法制限超える場合、特大荷物に属され、追加料金が発生(NTD 900〜)

 

●日本航空 https://www.jal.co.jp/inter/baggage/checked/

●ANA https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/checked-in/bicycle.html

 

いずれにしても、現地でケースの保管が必要です。

「台湾自転車たび」では、サポートカー他にお預かりします。(ハードケースは事前に寸法必要)

https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/tourplan/index.php/content0169.html

 


                      

 

若狭路パノラマビューサイクリング

2019年6月16日(日)

ツアーレポート

 

今回のツアーは新人の小倉が、初めて企画実施したサイクリングツアーです。

ベテランの嶋村と杉野がアシストしました。

若狭内外海半島のエンジェルライン、三方五湖レインボーラインを走り抜けるパノラマビューサイクリング。

集合場所から、自転車と一緒に貸切バスで、若狭の内外海半島の真ん中久須夜ヶ岳頂上(619m)までラクラク移動。

のはずでしたが、あいにくの雨の為スタートを小浜のフィッシャーマンズワーフに変更。

ここからサイクリングスタートして、日本海の深い碧と小島の浮かぶの小浜湾へ海岸線を走り、

山と海とのはざまを海風と汐の香りを感じながら、三方五湖の三方湖へ。三方湖、菅湖、水月湖、と3つの湖の湖岸を走って、湖をつなぐ狭い水路浦見川沿いを抜けて汽水湖久々子湖畔の漕艇場の先、

美浜町総合体育館にゴールする40キロの日帰りサイクリング。

自転車をバスに積み込んで、三方五湖レインボーラインをドライブして若狭湾の絶景もちょっとだけ見て帰りました。

 

 

 

 

奈良、天王寺、梅田でバスに自転車を積み込んで出発

 

 

 

バスの中には、テルテル坊主も一緒です。

 

 

 

フィッシャーマンズワーフを出て、小浜港の一周からスタート

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=qiaTWCLs7t0

 

小浜湾を望む海岸線を下ったり登ったり、残念ながら雨も降りだしました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=bnqgRA1pelE

 

 

 

1時間走ったところ、矢代東屋で雨脚がひどくなったので、半分の方はバス乗車

残りは、雨具を着て走りました。

 

 

 

お昼は、道の駅三方五湖で小浜でバスに積み込んだ焼鯖寿司をいただきました。

 

 

雨の中の走行の後、チョットほっこり

 

 

昼食の後、三方五湖を巡りにスタート

 

 

 

 

 

 

久々子湖沿いをサイクリング、湖面が近い

https://www.youtube.com/watch?v=RAm5QfInnew

 

ゴールの若狭庁総合体育館に到着

https://www.youtube.com/watch?v=B6DlnT7-Fls

 

この後、バスに自転車を積むタイミングで大雨になり、三方五湖レインボーラインはバスで通過のみ

頂上の展望駐車場では早々に撤収して帰路につきました。

 

あいにくの天気ながら、皆様のご理解とご協力で安全にツアーを終了することができました。

 


                      

 

霧ヶ峰、諏訪、伊那谷を巡るパノラマサイクリング

2019年8月3日(土)〜4日(日)

下見レポート

 

 

真夏は、信州への納涼サイクリング。標高1800mの霧ヶ峰から諏訪湖までのダウンヒルサイクリング。

霧ヶ峰からは、北アルプス、南アルプス、富士山も眺められ、大パノラマが楽しめます。

諏訪湖の周りに点在する、勇壮な御柱祭で有名な諏訪大社の上社前宮、本宮、下社秋宮、春宮を巡ります。

諏訪湖の周りを走った後は、天竜川の流れに沿って、中央アルプスの峰々を眺めながら伊那谷を

のんびりと走って、信州そば発祥の伊那そばをいただいて帰路につきます。

このパノラマツアーの下見に行ってきました。

 

 

 

ツアーは、霧ヶ峰車山方ニッコウキスゲの里まで貸し切りバスに自転車も積んで直行

ここからサイクリングスタート

 

 

 

 

遠くには、乗鞍、中央アルプスを眺めることができます。

 

サイクリングスタートの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PhQpmC1e97g

 

 

 

富士見台からは、南アルプス、八ヶ岳、遠く富士山も眺められます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=L4rqm5Locy4

 

 

 

 

白樺湖を望むビーナスラインの美しさは息をのみます。

ビーナスラインを駆け下りて、八ヶ岳エコーラインからは八ヶ岳連峰を望みます。

 

 

針路を北に向けて、諏訪湖畔に点在する諏訪神社に向かいます。

 

 

まずは、諏訪大社の前身となった、諏訪大社前宮

 

 

 

遠く、八ヶ岳連峰を見ながら、前宮を出て上社本宮へ

 

 

 

ここからは、諏訪湖を目指して走ります。

 

 

 

この日の宿は、諏訪湖畔にあるホテル華乃井

翌朝は、ホテルを出て諏訪湖沿いのサイクリングロードを下社秋宮に向かいます。

 

 

 

檜皮葺の立派なお社が素晴らしく、御柱の姿には神々しさを感じました。

 

 

4つ目のお社は下社春宮。これで4つの諏訪大社のお社をすべて巡りました。

 

ここからは、岡谷の町をぬけて、諏訪湖から流れ出る天竜川沿いの伊那谷を下ります。

 

 

右手には、中央アルプス駒ヶ岳、左手には南アルプス仙丈ケ岳が眺められます。

 

 

 

日野正平さんが今回の旅で立ち寄られた養泰寺もチェックしましたが、イマイチなのでカット

 

 

 

ゴールは、はひろ農業公園みはらしファームまでひと登りしていただきます。

 

 

 

南アルプスを真正面に見ることのできる名人亭で信州そば発祥の伊那そばをいただいて帰路につきます。

夏の納涼パノラマサイクリングツアーにぜひご参加ください。

お申込みはサイトから

https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/tourplan/index.php/content0206.html

 


                      

 

石垣島一周と竹富島観光サイクリングツアー

2019年3月21日(祝木)〜23日(土) 2泊3日

ツアーレポート

2019サイクリングシーズンのスタートは、南国沖縄県石垣島

現地のサイクリングガイド、「ポタリング沖縄」の川満さんと「ハピーペダル」の山田さんにお世話になり

石垣島1周と竹富島を楽しみました。

 

 

 

現地集合の北海道から参加の菅原さん、千葉から参加の原田さんご夫婦とは石垣空港で合流

 

 

総勢20名の参加者でスタート

 

 

 

 

出発の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=cJ0ZLn-jn_o

 

 

 

石垣空港からスタートして、宮良川ヒルギ群落に到着

 

 

石垣の中心地手前のサザンゲートブリッジのたもと、登野城漁港はエメラルドグリーン

 

 

 

石垣港を通り過ぎて観音崎灯台で一休み

石垣のお彼岸のお菓子と川満さんの奥様手作り月桃おこわをいただきました。

 

 

 

 

 

 

名蔵大橋からは干潟に広がるマングローブの林が見事でした。

 

名蔵大橋に到着の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2p4r6Wj11F4

 

 

 

  

 

 

 

 

 

名蔵湾の海岸を疾走!

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=jUwsAsIOpWg

 

 

 

 

グラスボートがたくさん止まっていた、川平湾はとても美しい白砂とエメラルドグリーンの海でした。

 

川平湾に歩いて下る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=AMZrJxC3O0E

 

 

 

ホテルに到着の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=uvx-qefm6lE

 

 

 

川平湾の先っちょにある底地ビーチのリゾートホテル

石垣シーサイドホテルに到着

 

この日のコースはこちら

https://yahoo.jp/Q4m0zH

 

到着後は、プールや海に入ったり、大浴場で汗を流して、美味しいディナーをいただきました。

もちろん、泡盛は外せません。

 

 

 

 

 

 

 

翌日は天気が心配でしたが、雨は大丈夫でした。

 

 

   

 

   

 

スキューバのポイント米原ビーチにあるジェリーフィッシュで休憩

 

 

 

吹通川河口のヒルギ群生で休憩

 

 

 

 

吹通川にはトイレがなかったので、近くの食堂でトイレを借りました。

ヤギ汁が名物の食堂で、ヤギが飼われていました。

 

 

 

 

 

快走の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ezpZy42G1no

 

 

 

 

伊原間の農園に立ち寄り、月桃(左)とグアバ(右)を見っけ

 

 

 

 

 

明石でケイタリングの方とランデブーして補給食の補給。

ここら、上り下りが続くので、自信の無い方はサポートカー乗車

 

  

 

快走の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=a7sNbvEEhDQ

 

ランチは、平久保崎の手前のSeven Colorsでロコモコ

 

  

 

  

 

屋上で記念撮影

 

 

最北端の平久保崎の灯台では、日本語以外の言葉がメジャーでした。

 

 

 

 

 

ここからは、伊原間まで来た道を帰ります。

快走の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=QXXqH5S_Jj4

 

伊原間を越えると、絶景の展望台玉取崎ですが、ここで先頭の川満さんの前を走っていた

4人の方がオーバーラン

もどってきていただいて、玉取崎展望台手前のハーブガーデンで小休止

 

    

 

 

ハーブガーデンFresh & Wildのオーナー吉本多香美さん

https://www.youtube.com/watch?v=FqZQO3ahQH8

 

お父さんは初代ウルトラマン、ご本人はこれにも出ておられたタレントさんです。

手作りのハーブティーと明石で受け取ったサンドイッチをいただきました。

 

 

 

ひと登りすると絶景の玉取崎展望台

 

 

 

 

 

 

この後、ちょっとアクシュデントで「立ちごけ」発生、そのままサポートカー乗車となりました。

 

 

終盤光楽縁に向かう様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=mI0L_vT9wGI

 

インスタ映え抜群のかき氷のある、光楽遠で一休み

 

 

 

ここからは、石垣港のホテルまでは、一気の下りでした

 

 

ホテルは、南の美ら花ホテルミヤヒラ

この日のコースは以下です。

https://yahoo.jp/k_rfyG

 

さあ!石垣島1周の打ち上げは「予約の取れない島居酒屋」ひとし

 

 

 

 

 

マグロのお刺身が最高においしかった!!

 

 

 

 

最終日は、ホテルの前の離島ターミナルから、竹富島へ

 

      

 

具志堅用高の銅像の横から船に乗りました。

 

 

 

 

竹富島では、ママチャリを借りて島めぐり

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の古風景を最も残しているこの島では、赤瓦の屋根にシーサー、サンゴ白砂の径はほうき目が立ち

サンゴ石灰石の石垣、牛車で三線を奏でるおじい

 

西桟橋からは南の水平線に蜃気楼が見えました。

 

 

 

 

 

カイジ浜は星砂の浜です。

 

 

竹富島から離島ターミナルに帰って、貸切バスで石垣空港へ

 

 

 

 

 

とっても楽しい南の島のサイクリングでした。


                      

 

岡山県縦断、恩原高原から岡山市足守まで100キロサイクリングツアー

2019年10月1日、2日(土日)

下見レポート

 

鳥取県との県境にある、恩原高原スキー場から岡山市内の「緒方洪庵」の出身地、足守まで100キロのコースを

1泊2日で走るサイクリングツアーの下見に行ってきました。

 

 

いつものように、奈良観光バス車庫(無料で車の留置きOK)、JR天王寺駅前、JR大阪駅駅前(大阪モード学園)から

バスに、自転車も積み込んで、まずは、湯原温泉に向かいます。

 

 

 

 

 

まずは、西日本一の露天混浴温泉「砂湯」で有名な湯原温泉で昼食と入浴。

砂湯は湯船の底から温泉が湧く露天の混浴ですが、湯元温泉館という入浴施設もあるので、そちらもどうぞ

2時間の滞在予定です。お好きな方は湯原ダムのダムカードもゲット

 

 

サイクリングのスタートは、湯原温泉からバスで1時間の鳥取県との県境、恩原高原スキー場

残念なのは、スキー場がクローズの折にはトイレもありません。

 

 

山に囲まれた快適なルートを走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=7y2LhMVwddc

 

   

 

恩原高原から少し行くと、日本唯一のウラン鉱山のある人形峠直下にある

妖精の森ガラス美術館に到着。

大変珍しい、ウランガラスが展示、販売されています。(トイレあり)

 

 

 

横を流れる吉井川の清流のせせらぎが心地よく聞こえます。

1日目は軽く20キロの走行で今日の宿奥津温泉に到着

 

 

 

奥津温泉は美作三湯の名湯で、

湯量が豊富で、「足踏み洗濯」が行われる河原の露天風呂としっとりとして鄙びた温泉街です。

美人の湯を満喫してください。

 

翌日は、奥津温泉のホテルを出発。

 

 

 

   

 

温泉街を出ると、吉井川の奥津渓谷を右手に走ります。

甌穴という、川の流れに踊らされる小石が作った奇観も眺められます。

 

 

 

しばらく走ると、苫田ダムのダム湖、奥津湖の外周を走ります。

山の中の湖は、鏡のように穏やかで美しい景色を堪能できます。

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Ma65_9OVXPk

 

 

 

苫田ダムではダムカードもゲット

 

   

 

津山市はB級グルメ「津山ホルモンうどん」の故郷

道の駅久米の里では、そんな名物やガンダムを思い起こす体長7mの巨大モビルスーツが展示されています。

 

 

 

 

久米の里からは少し登って、みち停あさひでは川面にこいのぼりが春の風を受けてたなびいていました。

 

 

 

旭川湖も美しく桜の花を水面に映していました

ただここからは、道の駅かもがわ円城までちょっと登ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wSejKsZ9DZQ

 

 

 

お昼ごはんは、道の駅かもがわ円城にある地元のそば粉を使った品野屋さんのおそば

   

 

昼食の後は、足守川沿いを走って、黒谷ダムへ

ここからは、岡山市内に向けてのダウンヒル

 

 

 

岡山市足守は大阪に適塾を開いた緒方洪庵の生誕の地

今も当時の面影を残す町並みが残っています。

サイクリングはここで終了。

 

 

 

近くには、織田信長の中国攻めの折に、豊臣秀吉が行った水攻めにあった備中高松城址

 

 

日本三大稲荷のひとつ最上稲荷もありました。

秋の岡山縦断サイクリングにぜひご参加ください。


                      

  

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 催行決定しました。残席5席です。お申し込みはお早めに。

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内