旅の記録(ブログ) - 最新エントリー

 

秋の奥琵琶湖とメタセコイア並木日帰りサイクリング

2020年10月18日(日)

ツアーレポート

 

Gotoトラベルを利用して、奥琵琶湖にサイクリングに行ってきました。

コロナの感染予防の為、バスは2席1名の配席で、このため定員16名でのツアーです。

 

奈良、天王寺、梅田から自転車もバスに積んで、奥琵琶湖(木之本)の道の駅あぢかまの里まで移動。

ここららサイクリングスタートです。

 

 

峠のトンネルを越えて、海津大崎の半島入口、大浦からは湖岸を走ります。

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=AWgP7Qdu0Tw

 

 

海津大崎の大崎寺でちょっと休憩。竹生島がよく見えました。

 

 

大崎寺をスタートする様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=f5dm1GRDVSM

 

 

 

海津の街中には、黄金色に輝くお寺がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=QA1aWPwS1C4

 

 

 

お昼ごはんは、マキノブランドパークホテルの絶景テラスレストランでいただきました。

 

 

 

 

ホテルを出てすぐの知内川沿いのサイクリングロードをさかのぼります。

知内川はビワマスが遡上する数少ない川です。動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Rkn30I_PQBM

 

 

 

       

メタセコイア並木を走る様子を動画でどうぞ

 

https://www.youtube.com/watch?v=wTGjy9O44W8

 

 

マキノピックランドは味覚狩りで人気のスポット

ちょうどこの時期は、栗拾いのシーズンです。もう少しするとリンゴ狩りもあります。

 

 

ピックランドを出発して、百瀬川沿いを湖岸へと戻ります。

https://www.youtube.com/watch?v=th6HmhAXrl8

 

https://www.youtube.com/watch?v=Wfe6opR_Isg

 

 

 

湖岸のサイクリングの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=zCvChWorKk0

 

https://www.youtube.com/watch?v=Z8L5Jw6So2w

 

ゴールは、道の駅しんあさひ風車村です。

「ステージクス高島」というグランピングとBBQエリアに返信しています。

 

 

奥琵琶湖の絶景と秋の風を感じる楽しいサイクリングでした。

ここで、自転車をバスに積み込み、道の駅藤樹の里あどがわに立ち寄り地域共通クーポンでお買い物。

 

今回のコース

https://connect.garmin.com/modern/activity/5696954527

 

帰路の湖西道路は大渋滞で、予定より2時間帰着が遅れてしまいました。

誠に申し訳ありませんでした。

 


                      

 

道東サイクリングツアー

2020年9月24日(木)〜28日(月)

ツアーレポート その2

(3日目〜5日目)

 

 

2日目の夕方、霧多布のホテルに到着すると同時に雨が降り出しました。

3日目のコースは霧多布から根室まで(オプションで走りたい方は納沙布岬まで)の予定でしたが、

台風崩れの低気圧の為、暴風と雨に見舞われ、朝からサポートカーに荷物と自転車を積み込み

まずは、根室のホテルまで輸送してもらい、ピストンで戻っていただいて、サポートカーでの間の区に切り替えました。

 

本来の3日目コース

https://ridewithgps.com/routes/33525724

 

 

 

まずは、霧多布湿原センターに立ち寄り、霧多布湿原を一望しましたが、雨のためこんな感じでした。

 

 

 

根室に向かう途中、浜中町に立ち寄り、4.0牛乳で作ったソフトクリームを賞味

 

 

 

 

 

昼食は、根室市内の回転ずし「花まる」で超々美味なお寿司をいただきました。

 

 

 

 

納沙布岬は風速25m暴風雨!!!

でもここまでくれば、嵐の中でも最東端の地を踏まないわけにはいきません。

 

 

証明書もゲットしました。

 

 

 

根室市内に戻って、駅前の海鮮市場で根室の海の幸、花咲ガニなんかをお買い上げ

根室グランドホテルに宿泊しました。

 

 

 

夕食は、根室の居酒屋「遊食酒場 壱炉」さんで花咲ガニもいただきました。

 

本来の4日目コースは以下の通りでしたが、天気予報では午前中は前日同様の暴風雨

天気予報を検討し、午後からは少し風も収まるようなので、急遽コースを変更して午前はサポートカー

午後のみ、サイクリングに切り替えました。

という事で、まずは自転車と荷物を雨コースのスタート地点に移動し、ピストンでお迎えに来てもらいました。

 

ちなみに予定のコースは以下のコース

https://ridewithgps.com/routes/33525966

 

 

根室半島の付け根、風蓮湖のほとりの道の駅に立ち寄り

  

 

別海町交流センターで昼食をいただいた後、サイクリングを開始することになりました。

4日目雨コースは以下の通りです。

https://ridewithgps.com/routes/34440283

 

 

 

別海町交流センターは宿泊もできる温泉付きの施設でした。食事もおいしかった。

 

 

雨具をしっかり着て、サイクリングスタート

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=QNWYfCB0sVc

 

 

ときおり雨が降っていましたが、おおむね回復傾向でした。

 

途中の牧場では、すぐ近くにタンチョウが‥

 

 

 

 

北海道特有のまっすぐな道が続く丘陵の道を走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=FJk405yW6Ow

 

 

 

まっすぐなんですが、結構なアップダウンと強烈な向かい風と闘います。

北向きから、東に向かって海岸線を目指します。

 

海岸線に出たら、またまた強烈な向かい風

https://www.youtube.com/watch?v=CHgXO1gs8a0

 

    

尾岱沼(おだいとう)の道の駅には、北方領土を見られる道の駅がありました。

 

 

写真では見にくいのですが、海の向こうに北方領土の国後島が見えました。

ここをスタートして、野付湾沿いを走ります。

https://www.youtube.com/watch?v=zxZNIAhR6oQ

 

左手の牧草地にはタンチョウがいました。この後キタキツネも姿を見せました。

https://www.youtube.com/watch?v=1TopLfToPhU

 

根付半島の根元、オホーツク温泉楠旅館が今夜の宿

https://www.youtube.com/watch?v=-fjowct8g28

 

 

ここが今回のサイクリングのゴールです。

ここのオホーツク温泉、ほんとにツルツルになる温泉でした。

 

 

 

 

ごはんは、おかみさんの創作料理

目の前の野付湾で獲れる北海シマエビ、そこかしこの川に遡上するサケの頭の煮つけ、ホタテのグラタン

みんなとってもおいしく品数もいっぱいで食べきれませんでした。

 

最終日の5日目は、もともとからサポートカーでの観光。

晴れ間も見える朝のうちに、輪行袋と荷物を車内に、レンタルバイクを天井に積んで出発準備。

 

 

朝食もおかみさんの創作料理で満腹になり、いざ出発

 

 

野付半島は風が強かったですが、天気は晴れ!国後島がくっきりと見えました。

 

オホーツク海にうっすらと虹がかかっておりました。

 

 

オホーツク海をはさんで国後島の山々が望めました。

 

野付半島は砂洲、砂嘴に北海特有の植生が美しい

   

知床半島の根元、昆布で有名な羅臼の道の駅にたしよりましたが

又この頃は、雨が降り出しました。

 

 

知床半島を知床横断道路の最高点、知床峠の気温は6度でした。

     

ウトロのゴリラ岩、知床世界遺産センター

 

斜里の丘の上から「天に続く道」は18キロの直線道路

     

 

 

 

昼食は、斜里町の里味でツブ貝のかき揚げ丼ぶり絶品でした。

 

 

昨年中標津空港から斜里まで走った、感動の径を通って空港へ

 

 

中標津空港から、羽田経由で羽田へと帰路につきました。

 

 

 

釧路から送った花咲ガニは北区の翌日に到着。

旅の話をしながら家族でおいしくいただきました。


                      

 

道東サイクリングツアー

2020年9月24日(木)〜28日(月)

ツアーレポート その1

 

コロナのせいで海外ツアー(今年はこの時期にイタリア・アマルフィー海岸を予定)が出来ないので、急遽ちょっと長めの

北海道ツアーを企画しました。「急遽」でしたが、知床サイクリングサポートの西原さん、阿寒観光タクシーの小泉さんに

現地ガイドをお願いして、リピーターの方々8人とGotoトラベルを利用していってきました。

知床サイクリングサポート http://www.shiretokocycling.com/

阿寒観光タクシー https://www.akanhire.com/

 

 

当初予定した伊丹⇒羽田の便は、コロナで乗客が減って欠航、1本前の便で出発。

 

 

 

 

 

羽田で乗り換えて、釧路空港に到着。

 

 

 

 

 

空港に西原さんと小泉さんがお出迎えいただき、早速輪行した自転車の組み立てとレンタルバイクのフィッテイング。

釧路空港には、サイクルステーションもあって、自転車のりにやさしい空港でした。

 

 

 

釧路空港をスタートして、釧路湿原展望台を目指します。

 

 

 

 

釧路湿原の真ん中を走る自転車道を気持ちよく走ります。

 

途中で草原に遊ぶ、タンチョウヅルに出会いました。

 

 

釧路湿原展望台に向かう途中では、お馬さんの家族や野生のエゾシカにも出会いました。

 

 

 

釧路湿原を一望する展望台からは湿原と釧路の町が望めました。

 

   

再び、釧路湿原の自転車道で、釧路市を目指します。

時刻は17:00を超えて、夕日が釧路湿原に沈んでいきました。

短い動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=AqEqX2Ym1uQ

 

この日のコース

 

     

この日のゴールは、釧路港に面した、ANAクラウンプラザ釧路

釧路と言えば、「炉端焼き」発祥の地。ホテルの前にある「ろばた煉瓦」で夕食。

 

 

 

ホタテ、ホッケ、シシャモ、イカ、ジンギスカンなどをサッポロクラッシクでいただきました。

 

 

左がホテル、右は釧路港に停泊したサンマ漁船

 

釧路港を朝食前の散歩で訪れました。

 

 

ホテルの朝食は、ソーシャルディスタンスを取って、お弁当形式でしたが、

北海道の味覚がバラエティーに富んでボリュームも満点でした。

ツアー2日目は釧路のホテルをスタート

 

市内から丘を登って、高山の森で一休み

 

根室浜中釧路線は丘の上を走る。崖の下は太平洋

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=TRAmKYbkkl8

 

 

ローソク岩を越えるて尻羽岬を登って下ると厚岸湾が左手に広がります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wkG05jRKc9Y

 

 

厚岸はブランド牡蠣の「牡蠣の町」

お昼ごはんは、道の駅厚岸グルメパーク・コンキリエ

コンキリエとはイタリア語で貝の形をした食べ物とのことです。

 

 

カレーもスパゲッティもごはんも、みんな牡蠣メニュー

 

 

コンキリエを出て厚岸大橋を渡ります。動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=nUSUdJp2P24

 

 

 

 

厚岸から霧多布への道は、登ったり下ったりの丘の上

途中、あやめケ原に立ち寄って、温帯低気圧で波立つ太平洋を眺めました。

 

 

 

 

厚岸町から浜中町へ海岸戦を走る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2t-zgPeIeKI

 

 

霧多布は浜中町にある小さな岬。太平洋の海流でできた陸繫島といった方がいいかも

霧多布湿原を望む琵琶瀬展望台

https://www.youtube.com/watch?v=6lmDFCkntnY

 

 

 

 

 

琵琶瀬を出て、霧多布の町に下る。動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PFImTvsQTgc

 

この日のコース

 

霧多布での宿は旅館くりもと

旅館に到着したとたんに、雨と風が激しくなり、一晩中吹き荒れました。

 

 

 

 

 

 

夕ご飯は、北海シマエビ、厚岸牡蠣、自家製のお味噌でのお鍋など北海道ならではのお料理でした。

 

3日目以降の様子はその2に続きます。


                      

 

はまかぜ海道とUFOラインサイクリングツアー

2020年9月5日(土)〜6日(日)

ツアーレポート

 

斎灘(いつきなだ)の海を横目に走ることができる海沿いルート「はまかぜ海道」はまさに浜風を感じながらのサイクリング。その昔星の神が降り立ったという伝説のある星の浦海浜公園をスタートして、海岸沿いを走って瓦の産地菊間を通りじゃこ天が絶品の道の駅風早の郷風和里にも立ち寄り、「坊ちゃん」の舞台、松山道後温泉に宿泊。

翌日は、バスで、石鎚山スカイラインを通って、サイクリングスタートの石鎚山土小屋へ移動。UFOラインと呼ばれる絶景石鎚山系天空RIDEを楽しんで、仁淀川上流の道の駅633美の里にゴール。

という予定でしたが、猛烈に強い台風10号が接近中という予報の中、事前に台風の進路によって、2日目のUFOラインに関しては、脊梁山脈の稜線を走るため、1日目の午前中いっぱいの様子を見て、「夕焼けこやけライン」に変更の可能性があることをご了承いただいての出発でした。GoToトラベルの支援で14000円お得でした。

  

 

バスで、奈良大阪を出発、山陽自動車道で尾道まで、そこからしまなみ海道を通って、今治市の星の浦海浜公園がサイクリングのスタート地点です。途中、吉備SAでお弁当を積み込んで車中でいただきました。

この時点で、台風は速度を落としつつあり、明日の平野部の予報は曇り、山間部は雨と雷という事で、皆さんのご了承を得て、夕焼けこやけラインに2日目の日程は変更となりました。

星の浦海浜公園は、少し雲はあるものの、夏の日差しが強く感じられるお天気でした。

 

 

スタート直後の様子を動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=5tXwadaZrPQ

 

 

 

追い風の中はまかぜ海道を気持ちよく快走

https://www.youtube.com/watch?v=Hv6q_8JgmVs

 

   

道の駅風楽里でじゃこ天やソフトクリームを食べて再スタート

https://www.youtube.com/watch?v=W0zbQPY17g0

 

 

 

何でもないとてもいい路面でパンク!タイヤの経年劣化で側面が破断していました。

コロナで密集を避けつつタイヤ内側から補強して応急修理。3キロほど先でサポートバスから

スペアバイクのE-Roadに乗り換えていただきました。

 

  

まつやまほりえ海の家では、家族づれがサビキで味をつっておられました。

https://www.youtube.com/watch?v=fMGVETmSK9o

 

松山市内を道後温泉に向かう様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Mspza6P5qYI

 

 

 

 

道後温泉のど真ん中、「にぎたつ会館」が今日のお宿です。

明日は、まずバス移動の為、先に自転車をバスに積み込みます。

 

 

道後温泉本館までは歩いて5分ほど、本館で入浴され地ビールを味合われる方が多かったようです。

 

    

 夕食は、コロナ対策で十分なソーシャルディスタンス。

 

 

 

 

 

大宴会場を広々と使わせていただき、特選コースのお料理をいただきました。

 

2日目は、まずまずのお天気の中、ホテルをバスでスタートし、大洲市長浜に向かいます。

 

 

スタート地点に予定をしていた長浜緑地公園は台風による高潮、高波に備えて防潮堤が締められており、

長浜漁港の脇にバスを止めてここからスタート

 

スタートの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=i9LyLjfV0x8

 

新長浜大橋からは、開閉橋「長浜大橋」が美しい

https://www.youtube.com/watch?v=49mP4Wo92kQ

 

 

 

続いて、開閉橋「長浜大橋」を渡ります。

https://www.youtube.com/watch?v=sQy754fON_4

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=-82Ekphi5mk

 

 

タイムスリップしたような昭和な街並み長浜の町を通ります

https://www.youtube.com/watch?v=pDjLaPOcgWE

 

     

 

台風接近中というのにこの天気

https://www.youtube.com/watch?v=QjSSXK7FS74

 

 

こんなことならUFOラインに行けたのではないか?

https://www.youtube.com/watch?v=Y0KqdXdrbYs

 

 

 

夕焼けこやけラインの夕陽絶景ポイント「下灘駅」に向かいます。

https://www.youtube.com/watch?v=cxDsG3ZpW2Y

 

 

 

 

 

美しい海をバックにした1枚です。

 

 

 

海岸線を気持ちよく走れました。

https://www.youtube.com/watch?v=7IbfE1xCB30

 

 

 

 

四国1周のスタンプポイントは、現在工事中の為、上灘駅前の商店に移動中です。

https://www.youtube.com/watch?v=saYhGW_TLIE

 

  

 

 

 

今回唯一の登り坂をけえれば、松山まではもう一走り。

なんと、ゴールの道後温泉にぎたつ会館に到着し、自転車を積み込んでいると、雨がポツポツ。

お風呂に入って、昼食をいただいているころには、外は本降りの雨。

 

バスに乗車して、松山道を走っているときには、雨風共に強くなり、瀬戸大橋を渡る時には風速12mになっていました。

何とか無事に、大阪に向かい、大阪到着時には小雨の状態。

 

いつものことながら、うまく雨をよけてのツアーでした。

また、来年UFOラインのリベンジを計画しますのでお楽しみに!!!


                      

 

はまかぜ海道とUFOラインサイクリングツアー

2020年9月5日(土)〜6日(日)

下見レポート

 

 

宿泊施設などのコロナ対策の内容についてチェックの為直前下見に行ってきました。

 

スタート地点は、今治市内、来島海峡大橋からはまかぜ海道に入ってすぐの、星の浦海浜公園です。

 

 

はまかぜ海道には、屋根瓦の産地、菊間があり、かわら館もありました。

 

 

 

はまかぜ海道は瀬戸内の美しい海沿いのルートで、浜風を感じながらのサイクリングです。

   

道の駅風早の郷風和里では、じゃこ天を楽しめます。

 

はまかぜ海道の快走を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=m6ai0XrzcYI

 

 

 

海沿いには、松山の路面電車を模したカフェもありました。

 

 

なんと、小籠包のドライブスルーがありました。

 

 

 

松山堀江海の駅から松山の町に向かいます。

 

下見のランチは、宇和島風の鯛めしをいただきました。

 

松山市内にそびえる、松山城は国内現存12天守のひとつです。

  

 

1日目のゴールは、道後温泉です。

 

 

道後温泉のランドマーク、本館は現在保存修理工事中ですが、営業しています。

 

 

正面玄関は、テントに覆われていますが、北面から入場できます。

また、椿の湯と飛鳥の湯という新館も入浴可能です。

 

 

 

宿は、道後温泉本館まで徒歩5分のにぎたつ会館。「にぎたつ」とは、「熟田津」で松山の歌枕

万葉集の額田王の和歌に由来します。

熟田津に船乗りせむと待てば潮もかひぬ今は漕ぎ出でな

感染防止対策は完璧に行っておられました。

1日目のコース https://ridewithgps.com/routes/33535761

2日目は、早朝にバスでホテルを出発します。

 

 

仁淀川の源流、面河峡は仁淀ブルーが美しい渓谷です。

 

    

 

石鎚山スカイラインから望む石鎚山(1,982m)は西日本の最高峰です。

サイクリングのスタートは、石鎚山スカイラインの終点でUFOラインの起点、土小屋(1492m)。

 

 

土小屋からは一旦下って、1680mの瓶が森登山口までは登りです。

太平洋まで望める稜線を楽しんでください。

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2SADMyLlghI

 

 

 

下りの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=nH3b8A1jLTU

UFOライン区間は道が狭くサポートバスは同行しません。

 

 

昼食は、アマゴの郷、道の駅木の香

更に、下ってゴールは道の駅 633美の里(むささびのさと)です。

   

 

 

   

 

道の駅には森の小さなお菓子屋さんがあり、ケーキやソフトクリームが楽しめます。

ここから、バスに乗車して、帰路につきます。

 

2日目のコース https://ridewithgps.com/routes/33536031

 

個人では、とても行きにくいコースです。コロナに注意して、是非ご参加ください。

 

 


                      

  


 

旅行代金16,900円からGoToTravel事業による支援金5,915円を引いた金額がお客様のお支払い実額となります。
9月1日以降出発のこの旅行に関しては、別途、旅行代金に応じた地域共通クーポンが付与されます。(詳細未定)

お支払金額(お一人様) 10,985円

満席になりましたので受付終了いたしました。
キャンセル待ちは、お問合せメールから申し込んでください。
  

   


  

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内