1111日より18日まで、ニュージーランドツアーの為

返信が出来ません。19日以降にご返事させていただきます。

大変ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

 


 

旅の記録(ブログ) - 最新エントリー

 

北陸本線、京福電鉄廃線跡と越前しおかぜラインと永平寺を巡るサイクリング

2018年5月12,13日(土日)催行予定

下見レポート

 

 

北陸トンネルができる前は今庄と敦賀の間は、山の中を北陸本線が走っていました。

その廃線の跡を走って、越前海岸までのダウンヒルを楽しみ、しおかぜラインで日本海の海岸美を楽しみ

厨温泉に宿して海の幸を楽しみます。

2日目は、越前岬や呼鳥門といった岩壁を通りぬけて、三国まで海岸を走った後、

九頭竜川に作られた、永平寺福井サイクリングロードで永平寺に向かいます。

京福電鉄永平寺口駅からは、またまた廃線跡をつい最近整備された永平寺参ロードで永平寺へ

参拝のあと帰路につきます・

 

 

 

サイクリングのスタートの今庄はそばの里

ここまでは、奈良、天王寺、梅田に集合していただき、自転車も同時搬送で貸切バスの旅。

スタッフが、自転車の用意をする間に皆様はお食事をしていただきます。

 

まずは、越前そばを食べないと始まりません。越前と言えばおろしそばです。

お食事の後は、インストラクターの先導でサイクリングスタート

 

今庄は北国街道の宿場町。その昔参勤交代の折、福井藩は早朝に福井を出発し

この今庄で最初の宿を取りました。

この古い街並みの中をゆっくりのんびり走ります。

 

 

 

 

 

今もそのころの名残を残す古い町並みを見ることができます。

 

 

 

宿場町の入り口には北陸街道と北国街道の道しるべが残っています。

北国街道は伊勢や江戸へ、北陸街道は敦賀、若狭に向かいます。

 

    

 

街を出ると、一面の白い花が咲き誇る、そば畑に出会いました。

 

 

 

ここはもう、旧北陸本線の廃線跡

当時は、今庄駅でもう1台の機関車を増結し、急坂の難所山中越に向かいました。

廃線跡の区間は、サポートのバスが入れません。インストラクターがお世話をします。

 

 

 

大桐駅や山中信号所の遺構が残っています。

山中信号所は、スイッチバックの線路を前後入れ替えながら急坂を登る

列車扱いをした遺構です。

 

 

 

右の写真の山中隧道の左にあるのが、スイッチバックの線路跡です。

ここの標高が279mここから、廃線跡をダウンヒルです。

 

 

 

 

 

山中隧道は1194mの直線のトンネルで、入口からはるか向こうの出口が見ることができます。

対向車が来ても、見えるので狭いトンネルで中での離合が出来ませんが、信号はありません。

トンネルの内壁は明治29年(1896年)建設当時のまま、レンガ積みの見事な壁です。

ここを、下っていきます。

 

    

 

左の写真は、山中隧道の出口。右は伊良谷隧道(467m)の入り口です。

伊良谷隧道は曲がっているので、交互信号があります。

 

 

 

トンネルを抜けると、右手に敦賀湾の美しい景色が眺められます。

 

 

 

       

 

芦谷隧道(223m)、曲谷隧道(260m)、第2観音寺隧道(310m)、第1観音寺隧道(82m)

と4つのトンネルを抜けていきます。

 

 

 

トンネルの間の線路跡からは、美しい日本海が眺められます。

YoutubeにアップされたReil工房天都さんの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=rGdHC467QVI

 

杉津(すいづ)駅跡の北陸道杉津PAからは、廃線跡を離れて山道を下るともうそこは、

越前しおかぜラインです。

 

 

 

  

 

廃線跡の山道とは好対照の海に延びる道を走ります。

この区間では、サポートバスが並走して走りますので途中リタイアもOKです。

 

 

 

北前船船主の館も沿道にはあります。

 

    

切り立った崖から流れ落ちる滝はすぐ海へと流れ落ちます

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=mLbqTaEl5W0

1日目の行程はここまで、約50キロのサイクリングで越前海岸に宿を取ります。

 

 

 

翌日は、宿を出て越前岬や呼鳥門など日本海に突き出した、断崖を眺めながら

シーサイドサイクリングです。

2日目のコースは、インストラクターの先導はもちろん、ずっと最終までサポートバスが並走します。

 

 

鉾島という柱状節理の見事な島で休憩

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=F-akHw6R1JA

 

 

お昼ごはんは、三国あたりで日本海の海の幸をいただく予定です。

ここからは、日本海とお別れして、九頭竜川をさかのぼります。

 

 

 

九頭竜川沿いに整備された、永平寺福井自転車道を走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=0HNN3MQW_V0

 

自転車道は、京福電鉄永平寺口駅が終点です。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wZXMzsbbnFM

 

 

 

この永平寺口駅は「男はつらいよ第9作柴又慕情」のロケ地で、

渥美清とマドンナ吉永小百合が分かれるシーンが撮影されました。

 

     

 

永平寺口駅から永平寺までの区間は、すでに廃線となっています。

そこに整備中なのが、永平寺参ロード

7キロほどが2017年中には整備が完了します。

 

まずは、永平寺口駅からの部分を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=fKNHj5LFjjQ

 

まだ整備が完了していませんが、永平寺への到着部分です。

https://www.youtube.com/watch?v=PRjPJ60n-Uk

 

  

 

ゴールは道元が開いた禅寺 永平寺です。

せっかくですから、お参りしてくださいね。お土産は、胡麻豆腐、越前そばで決まりです。

 

ちょっとマニアックな、廃線と日本海の海岸線、禅寺永平寺を巡るサイクリング

もちろん、サイクリングツアーズジャパンが選ぶグルメスポットも

ふんだんに織り込んだ、安心安全で至れり尽くせりのツアーにご参加ください。

 


 

 


                      

 

紅葉の北海道、北の秘境水無海浜温泉、駒ヶ岳、大沼公園と

港町函館を巡るサイクリング

2017年10月14日〜16日(土、日、月)

ツアーレポート

 

 

伊丹空港から飛行機輪行で函館空港にひとっ飛び。インストラクターが引率して

サポートカーが全行程サポートしての安心安全サイクリングツアーです。

1日目は函館空港から、海岸線を東に走って亀田半島の先端、恵山岬の水無海浜温泉のホテルに

宿泊。水無海浜温泉は一日数時間干潮時に現れる海の中の秘湯です。

背後の恵山は活火山で硫黄の香りが漂います。2日目は、海岸線を北に進み美しい山容を誇る駒ケ岳を見ながら、紅葉が美しい大沼を経て、港町函館までのサイクリング。駒ケ岳をバックに大沼の大自然を満喫します。ホテルは函館駅のすぐ近く、夜は函館の町で北海道の食をご自由にお楽しみください。

3日目は、港町函館のエキゾチックな街並みを散策して、函館空港に向かいます。

亀田半島をぐるっと1周170キロのサイクリングツアーです。

 

 

まずは、8:15大阪伊丹空港に集合して、ANAの函館直行便で出発

飛行機輪行は、オーストリッチ製トラベルバック0S500をレンタルでご準備しました

 

 

 

 

1時間35分で函館到着。現地集合のお二人も合流して、出発準備

 

 

 

サポートカーも準備完了でスタート前の記念撮影

 

 

 

 

サポートカーからの動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Ob47V7DEJek

 

 

 

 

 

右手に海を見て、正面には恵山の絶景左手は漁村と亀田半島の山々

天気に恵まれ、気持ちのいいシーサイドサイクリング

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ALIUz7M2LgM

 

 

 

気持ちのいいコースですが、小休止をするお店やトイレがあまりありません。

 

 

 

 

戸井の薬局を見附けて、休息。武井の島が眺められました。

 

 

 

戸井トンネルを抜けると、後ろには武井の島、前方には日浦岬が美しい姿を見せてくれます。

このあたりは、昆布の産地です。

また、ガゴメと呼ばれるとろみ豊かなコンブが有名です。

 

 

 

逆光ですが、こんな感じで快走

 

 

 

いよいよ1日目のハイライト日浦岬の旧278号線

小さなトンネルが続く海岸線を通ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=UPe_j03L2BA

 

 

 

この先には、道南金剛と呼ばれる、柱状節理が海岸に突き刺さる絶壁があります。

 

 

 

     

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=18tZ2SG0ZLo

 

しばらくは、恵山をまじかに正面に見ながら、右手の海風とのサイクリング

動画でどうぞ

 

https://www.youtube.com/watch?v=XUgeRAYxeq4

 

 

 

35キロ走って道の駅なとわえさんに到着

後の恵山は活火山で頂上の火口からは噴煙が上がっています。

 

 

 

ここからは、海岸線の道がなく、峠道で椴法華(とどほっけ)の港町に向かいます。

 

     

 

峠の頂上はススキの銀色に満たされていました。

 

峠の下りを動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PyQfLJRsaes

 

 

 

椴法華の港からは海岸線を東に向かい、恵山岬の宿ホテル恵風に向かいました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=U1wMVW5aHlQ

 

 

 

1日目の行程50キロを走り切ってホテルに到着

ホテルから1キロほどのところにある水無海浜温泉は満潮の為、海の中でした。

 

 

夕日はホテルの背面にそびえる恵山に沈んでいきました。

ゆっくりと、ホテルにある2つの温泉をはしごして、夕食です。

 

 

 

皆さんまずはビールで乾杯

 

 

 

 

 

海の幸豊かな夕食をいただいた後は、恒例の部屋飲み

 

 

 

1日目のサイクリングルート

https://yahoo.jp/Fz53vx

 

2日目の朝は、秘境水無海浜温泉へ

 

 

 

5:45にホテルから車で5分の海岸線に温泉が湧いています。

満潮時は、海に沈んでしまい、干潮時のみ入浴できます。

温泉には、逃げ遅れた蟹さんが茹であがって、取り残されたコンブがお出汁です。

 

 

 

お一人函館から来られた先客が海パンで入浴中のところ

皆さんは、足湯を楽しみました。

水無海浜温泉から帰ると、地元の漁師さんが漁火を焚いて採った

とれとれのイカをちょうど届けるところでした。

 

 

 

 

 

朝食のバイキングは、超贅沢!!

とれとれのイカ、山盛りのいくらで朝から海鮮丼いただきました。

 

 

見事に晴れ渡った青空に映える恵山をバックにホテル前で記念撮影

 

     

 

スタートして、椴法華港までは、昨日の道を逆行します。

動画でスタートの様子をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=zRkAuSjPra8

 

 

 

風裏になった椴法華港までは無風でしたが、そこからは向かい風

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=JWWQ3nLkYwo

 

4本続くトンネルの間は向風から解放されます。

 

    

 

トンネルを抜けたところには、絶壁から海に直接流れ落ちる滝がありました。

 

 

 

小さな川が海にそそぐ橋の上で小休止

カモメが待っていました。

 

 

ちょっとわかりにくい写真ですが、こんな小川にもサケが遡上していました。

 

 

 

漁師さんの浜小屋にはガゴメが干され、かたわらにはこんな看板も

 

 

午前中の50キロを走破して、昼食は、鹿部間欠泉公園

浜のおかあさんの店で昼食

 

 

 

 

鹿部は日本一のタラコの産地。

ドカンと大きなタラコが乗ったご飯とカレイの煮つけ定食でした。

 

 

 

     

 

道の駅には驚く安さの海の幸

 

 

地獄蒸しでもいただけます。

 

 

 

間欠泉公園には足湯もあって、お食事の後、足湯でほっこり

 

 

 

間欠泉は15分に一度吹き上げます。

昼食後は、鹿部漁港から海岸線と別れを告げて、大沼公園までだらだら登りが続きます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=GT779q-BMzY

 

 

 

途中、牧草地の向こうに駒ケ岳が望める絶景ポイントで休憩

 

 

 

 

更にここからだらだら登り標高差130mを7キロでのぼります。

 

 

 

 

廻りの木々は徐々に紅葉が進みます。

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=AX3N9dN2gR0

 

 

 

登り切って大沼キャンプ場への交差点近くにこの絶景ポイント

 

     

 

こんな感じでプロフィール写真撮影

 

動画でもどうぞ右手が駒ヶ岳左手は流山牧場

https://www.youtube.com/watch?v=8NWl8alxKsc

 

 

 

東大沼キャンプ場からは、大沼の周回道路で左に大沼とその向こうの吉野山、楢山のやまなみ

を眺め、紅葉のトンネルを走ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=iTGHKXF7GT8

 

途中少しだけ小沼方面にも立ち寄り、大沼公園駅近くの公園の中心へ

 

 

 

 

 

遊覧船やモーターボート乗り場で40分の自由散策

 

 

木庭が岳をバックに、大沼が美しく紅葉も堪能できました。

 

   

 

  

 

大沼公園からは、函館市内への長い下り。

途中このツアー唯一のパンクもありましたが、無事ホテル到着

 

到着後は、自由行動で谷地頭温泉や函館山に観光に出かけられました。

 

 

天気もよく、函館山からの夜景は最高でした。

 

 

 

  

 

夕食は再集合して、函館駅近くの海がき本店で

ピチピチ跳ねる活イカや北海道の地魚のお刺身じゃがバタの塩から風味、ラーメンサラダなど

北海道ならではの食事をいただきました。

 

2日目のサイクリングルート

https://yahoo.jp/2hNkul

 

最終日3日目は、函館の町ポタに出発

 

 

 

 

まずは函館港の赤れんが倉庫群

 

 

 

坂の町函館の中腹にある元町公園へ向かいます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=FCIx00xV2Nc

 

https://www.youtube.com/watch?v=UyuGOkinxpw

 

 

後に見えるのが函館山とその手前の旧函館区公会堂

 

 

 

八幡坂を越えると、ハリストス正教会、カトリック元町教会

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=mFFvMfNA9M4&pbjreload=10

 

 

 

最後に石川啄木の銅像の前で記念撮影

後には、函館山と立待岬が見えます。

 

3日目のサイクリングルート

https://yahoo.jp/UhVvtg

 

 

 

函館空港で、現地集合のお二人と別れ、直行便で伊丹に帰りました。

伊丹に到着したら、大雨。なんとこの3日間関西はずっと雨だったとか。

翌日からは、函館は冬に突入。峠は雪だったそうです。

天候に味方された楽しい3日間でした。

 


カ キ オ コ  

 


                      

 

琵琶湖東岸、能登川水車と多賀、彦根を巡るサイクリング

2017年10月1日(日)

ツアーレポート

 

琵琶湖水郷、能登川水車から旧街道中山道を走って、映画「けいおん」の聖地豊郷小学校旧校舎に立ち寄り 近江豊郷の酒蔵ランチと蔵見学、湖東の鎮守多賀大社に参拝、絶品和スイーツを味わい、国宝彦根城とキャッスルロードを散策。盛りだくさん、欲張りな初秋の琵琶湖満喫サイクリング。

 

 

 

やっと暑い夏が過ぎて、訪れた秋の晴天に琵琶湖東岸を走りに行ってきました。

 

 

 

 

 

琵琶湖の内湖のひとつ伊庭内湖にある能登川の水車の前で、記念撮影の後、内湖から琵琶湖にそそぐ大同川沿いに、走り始めます。

 

大同川の河口から琵琶湖に張り出した栗見の岬をぐるっと1周

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=UMc1gqLe9c4

 

 

 

 

 

湖岸道路に戻って松原水泳場の横を走ります。

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=-gXb--t0hdE

 

湖岸道路を離れて、柳川漁港の古い町並みを走りました。

https://www.youtube.com/watch?v=eqYz7fXHCvk

 

宇曽川の河口から、荒神山公園を越えて、豊郷に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

豊郷の小さな町の中にある、鈴鹿山系からの伏流水と近江米で造る小さな造り酒屋 岡村本家さんに向かいます。

 

 

 

 

 

ランチは、岡村本家さんの酒蔵カフェ、発酵倉でいただきました。

 

 

 

ランチの後は、酒蔵見学をさせていただきました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=JhvjXs61mT0

 

 

 

残念ながら、お酒の試飲は出来ませんが、格別美味しい甘酒は試飲できました。

 

ランチの後は、旧中山道に入って、近江の豪商で伊藤忠商事の創始者、伊藤忠兵衛の生家を訪ねました。

 

 

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=6KjVxzhMUQA

 

     

 

アニメけいおんの聖地、旧豊郷小学校にも立ち寄りました。

この校舎は明治の建築家でメンタームの創始者ヴォ―リスの設計です。

 

 

 

 

滋賀の総鎮守多賀大社にお参りして、名物の糸きり餅も味見

到着の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Igis_vSJTSA&t=2s

 

多賀大社から彦根へは芹川沿いを走って、彦根城へこの区間写真がありません。

彦根城で、自転車をバスに積み込んでいる間に、皆さんはキャッスルロードでスイーツのお土産をお買い上げ。

 

 

 

お疲れ様でした。

 


 

 

 

 


                      

 

樂晴單車日本遊ビワイチ

2017年9月27日〜10月1日

 

 

台湾から、11名の方々がビワイチにチャレンジされました。

9月27日は関空に到着して、彦根のホテルまで貸し切りバスで移動。

28日と29日のサイクリングのサポートをサイクリングツアーズジャパンがお手伝いしました。

 

     

 

     

 

自転車は、すべてレンタルで身長に合わせてご用意しました。

     

 

彦根ビューホテルを8時に出発。一回目の休憩は長浜城

 

 

 

バナナ、リンゴ、アップルパイ、フィナンシェ、羊羹などなどのスナックをご用意

 

サポートカーから撮影した動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=8husKT7T_eI

 

 

 

 

 

自転車は、事前にお聞きしたご希望の車種を身長に合わせてレンタルです。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Ekvb8Y-C4ik

 

 

 

 

 

 

お昼ごはんは、北近江リゾートでランチバイキング

 

  

 

賤ヶ岳は峠の旧トンネルを通って海津大崎に向かいます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=UNRGmV95vgU

 

   

 

海津大崎あたりでは、天候もよくなってきましたが、平日の為災害復旧工事で途

中までしかいけませんでした。土日は通行できるのですが…

奥琵琶湖トンネルに迂回して、道の駅マキノ追坂峠から海津へ

 

 

 

今津の松林を抜けるころには、日が傾いてきました。

 

     

 

 

 

 

1日目のホテル 琵琶レイクオーツカに到着したのは日没後になってしまいました。

 

2日目は快晴。落ち着いた湖畔の宿から、琵琶湖が美しく見えました。

 

 

 

 

 

玄関前で、記念撮影

 

 

琵琶湖レイクサイド自転車道で琵琶湖大橋に向かいます。

 

 

 

 

 

レイクサイド自転車道の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=L9J6gesByYw

 

道の駅琵琶湖大橋米プラザで休憩

 

 

 

琵琶湖大橋を渡って、守山市の自転車の聖地のモニュメントでは

お約束のポーズ

 

 

 

 

たまたま、守山市の市長さん一行を偶然の出会いがあって記念撮影

 

 

 

近江八幡の手前で休憩

 

    

 

水茎焼陶芸の里でランチをいただきました。

 

 

 

近江八幡の日牟禮神社に立ち寄り、スイーツを食べ歩き

 

 

 

大中のコンビニで隊列を整えて、彦根に向かいます。

 

 

 

 

ぐるっと琵琶湖サイクルライン走行中の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wBtfG8AIKXo

 

 

 

 

琵琶湖とは、お別れして彦根城に向けて東に進みます。

 

 

サポートは、彦根城の駐車場で終了

2日間のサイクリングサポートでした。

 


 

2017年の締めくくりもカキオコ

 

 


                      

 

夏の信州安曇野アートライン爽快サイクリング

2017年8月5,6日(土日)

ツアーレポート

初夏のさわやかな信州安曇野をサイクリング。

関西出発プランは、奈良、天王寺駅、大阪駅に集合して、自転車も同時搬送でJR松本駅までラクラク移動。松本駅集合プランと合流して1日目のサイクリングは、松本平を北アルプスに向かってすすみ、リンゴ畑の中を北上、安曇野ワイナリーにも立ち寄って、常念岳の麓、穂高温泉郷に宿泊。2日目は、白馬方面に安曇野アートラインを走って、絵本作家いわさきちひろの安曇野ちひろ美術館を通って、白馬連峰の麓、木崎湖を1周。右手に北アルプスの山並みを望みながらの高原サイクリングでゴールの大王わさび園まで2日間100キロの爽快サイクリング

 

 

まずは、関西出発の方々を乗せたバスで、松本駅に向かいました。

ここで、現地集合の方と合流して、サイクリングスタートです。

 

 

 

バスに積み込んであった、自転車をスタッフが組立。参加者の方々にお渡しします。

現地集合の方も合流して、ブリーフィングとストレッチの後、サイクリング出発。

 

 

 

真夏の太陽がじりじり照り付ける中の出発です。

 

  

 

犀川の支流、奈良井川沿いの道を南に向かいます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=-KLZM2DlNXE

 

 

 

穂高松本塩尻自転車道を走って、南に向かい、松本空港の脇をすり抜けます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=5ootju5MteM

 

道の駅今井恵みの里で休憩

バスもランデブーして、ここで明日のスイカを購入。

 

 

 

これは非売品のお化けスイカ

 

ここからは、南アルプスサラダ街道を今度は北に向かいます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2H9cqUxzGl0

 

 

 

 

 

上高地から流れ出る梓川の橋の上で、記念撮影

 

動画でもご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=BywAT3HYLIE

 

      

 

サラダ街道は、まっすぐに伸びたリンゴ畑の道をすすみます。

林檎はまだ、ちょっとほほを染めた感じでちょっとはにかんでました。

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2QINfJULVqI

 

木立の中にある安曇野ワイナリーに立ち寄って、お土産のワインをサポートのバスに積み込み。

 

 

 

 

ここからは、北アルプス、蝶が岳、常念岳の山すその安曇野アートラインを快走

真っ白な花を咲かせたソバ畑を見ながら、今夜の宿、湯の宿常念坊に向かいました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ipIbddJbgzE

 

    

常念岳への登山口にある、松林の中の宿、 常念坊

 

 

 

 

 

宿に到着してすぐ、スコールのような激しい雨が降り始めました。

何たるラッキー!!!

穂高温泉のさっぱりサラサラのお湯で汗を流して、ビールの乾杯。

2次会の間も、雷を伴った雨で警報が出る騒ぎ

明日の天気を気にしながら、床につきました。

翌日の朝は、雨も止んで天気予報では、昼には晴れるという奇跡のようなタイミング。

 

 

湯の宿常念坊を8:00に出発しました。

 

 

 

ちょっと曇り空ですが、右手に広がる松本盆地の景色は最高でした。

 

 

 

6キロほどで絵本作家いわさきちひろの美術館に到着。

まだ開館前でしたが、周りの公園にあるラベンダーの畑は、紫の絨毯でした。

 

 

 

アートラインには、果物畑がいっぱい

関西では、もうすっかりシーズンが過ぎた桃も鈴なりでした。

 

 

 

林檎は、まだまだ色づいていませんでした。

 

 

 

 

 

ちひろ美術館を過ぎたあたりから青空も出てきて、気持ちいいサイクリング

でも、暑い!!!

 

 

 

 

林の中を渡る風は冷たく一休み

私は、お一人遅れ気味の方の後押しをしながら追いつきました。

 

  

 

木崎湖の入り口のコンビニでバスとランデブー

昨日道の駅で買って、冷やしておいたスイカをみんなでいただきました。

 

 

 

 

木崎湖は、松本盆地から白馬に抜ける途中にある3つの湖のひとつ

湖面にやまなみが写って美しい静かな湖です。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=1xMtt8XgRWU

 

 

 

 

 

木崎湖でUターンする形で、松本駅の方向、南に進みます。

 

     

 

     

 

後は、白馬連峰、右手は北アルプスを眺められる絶景ポイント

でもこの日は、少し雲が低く前山しか見られませんでした。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BBRYHDO-d9o

 

 

 

ここからは、なだらかな下りが続く道で、信濃大町を越え道の駅池田に向かいます。

 

 

 

 

この後は、大王わさび園までフリー走行。なだらかな下りで、50キロ出てました。

 

     

 

ゴールの大王わさび園には12:45に到着

途中バスに乗車された方もい達者いましたが、楽しいサイクリングを満喫して

サイクリングは終了。自転車を積み込み、皆さんはお食事と自由散策

 

 

 

わさび園でおそばいただきました。

 

 

 

バスに皆さん乗込んでいただき、現地解散の方を松本駅までお送りして関西に向けてバスで帰路につきました。

 

 


 

 


                      

私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内