旅の記録(ブログ) - 【海外サイクリングツアーのご案内】ジロ・デ・イタリアの名物峠とドロミテ山麓サイクリングツアー 〜自転車乗りの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」を訪れる旅〜 2015年8月29日(土)〜9月6日(日) 9日間 3/3

【海外サイクリングツアーのご案内】ジロ・デ・イタリアの名物峠とドロミテ山麓サイクリングツアー 〜自転車乗りの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」を訪れる旅〜 2015年8月29日(土)〜9月6日(日) 9日間 3/3

カテゴリ : 
ツアー情報
執筆 : 
sugino 2015-2-9 19:02

【海外サイクリングツアーのご案内】

3回シリーズの3/3

 

ジロ・デ・イタリアの名物峠とドロミテ山麓サイクリングツアー

〜自転車乗りの聖地「マドンナ・デル・ギッザロ教会」を訪れる旅〜

2015829()96() 9日間

 

 

6日目はドッピアコから廃線跡の緑あふれるサイクリングロードで

ランドロ谷を南に向かいます。

 

 

 

廃線跡のトンネルや鉄橋も残っています。

 

 

 

ランドロ谷からはドロミテのシンボルトレ・チーメ・ディ・ラヴァレードが途中望めます。

 

緩やかな登りで、チーマビアンカ峠を越えると、コルティーナ・ダンペッツォの町へと下ります。

 

 

 

コルティーナ・ダンペッツォは「ドロミテの女王」と呼ばれる華やかな高級リゾート

 

 

民族博物館もありチロルの伝統的衣装の人々と出会えるかもしれません。

 

7日目はいよいよジロ・デ・イタリアの名物峠ポルドイ峠からのダウンヒルサイクリングです。

その前に、コルティーナ・ダンペッツォから専用バスに乗ってファルツァーレゴ峠に向かいます。

 

 

 

 

ロープ-ウェイでラガツォイ山頂(2752)まで一気に登ります。

 

 

 

山頂からは、360度の展望でドロミテ山塊の息をのむ美しさが楽しめます。

 

 

この後いよいよ、ドロミテ街道の最高地点、ジロ・デ・イタリアの名物峠

ポルドイ峠(2239m)へバスで移動します。

ポルドイ峠はジロ・デ・イタリアに最も多く採用され、山岳ポイントも

特別に高いチマ・コッピの称号もこの峠が最も多い。

1940年レニアーノチームのファウスト・コッピはまだ20

エースのバルタニのアシストとして活躍。

バルタリは前途ある青年の為に、エースでありながらこの峠ではコッピのサポートにまわり

コッピは、マリアローザを守りきり、3日後ミラノにゴール。

初めてのジロ総合優勝を飾り、イタリアの英雄として以後5回ジロを制することとなった。

生涯コッピは、通算7回もこの峠のステージを制覇し、彼を顕彰する記念碑がここに作られています。  

   

 

サイクリングは、峠の頂上から、長い下り坂を休み休みゆっくりと下って、

麓の町カナツェイ(1450)に到着

 

 

 

 

 

さらにサイクリングでファッサ渓谷に進みます。

 

 

 

ポッサディフォッサから、フィエンメ渓谷に入り、モエナでサイクリングは終了。

バスに乗車して、南チロルの中心、アルト・アディジェの県庁所在地ボルツァーノへ

途中、ローゼンガルデンの峰々が印象的な、コスタルンガ峠を越えて、針葉樹に囲まれ

ラテマールを湖面に映す神秘的な湖、カレッツァ湖にも立ち寄ります。

 

 

 

ボルツァーノは、アルプスの山々に囲まれて、美しい流れのイサルコ川が流れる美しい町

開けた谷には、ブドウ畑が広がるワインの産地、チロル地方の土産を買って帰ってください。

 

 

 

 

 

ツアーは、ここでおしまい。8日目は、専用バスで国境を越え、オーストリアのインスブルック空港

から帰路につきます。

 

ぜひ、美しいアルプス・ドロミテの山麓をめぐるサイクリングツアーにご参加ください。

 

サイクリングの自転車は、ご自分の自転車をお持ちになっても結構です。

飛行機輪行のテクニックも事前にCTJが指導します。

また、飛行機輪行用バックのレンタル(有償)もご用意いたします。

飛行機での超過料金が発生する場合は、ご負担ください。

(多くの場合、超過料金となり片道€150程度請求されます。)

 

現地でのレンタルは、ロードはこの自転車です。

レンタルには、パンク修理キットが付属します。

ヘルメットとボトルは、ご自分のものを持参ください。

ペダルは、フラットペダルは付属します。ビンディングペダルはご自分のものをご持参ください。

 

 

 

サイクリングのコースの概略図は以下をご参照ください。

 

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zywt2VvxBHkg.kpLbDjxtQUCY

 

前回(2012年)のイタリアサイクリングツアーのツアーレポートです。

あわせてご覧ください。

https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/details.php?bid=121&date=2012&ampcid=8

 

この旅行は、CTJ倶楽部会員を対象とした団体旅行で、募集型企画旅行ではありません。

ご参加には、CTJ倶楽部にご加入ください。

お申込みお問い合わせは、メールか電話で以下までお願いします。

 

サイクリングツアーズジャパン 

631-0006 奈良市西登美ケ丘1-3-5

https://www.cyclingtoursjapan.jp/

sugino@cyclingtoursjapan.jp

0774-72-3994

 

 その1はこちら  その2はこちら

 



                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/198

   2018年企画始動!!


 

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


催行完了したツアー

uid000003_2016121116503462919e03

 

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内