旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】その5世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

【ツアー報告】その5世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2016-10-4 0:34

 

世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海

南イタリアサイクリングツアー

2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

 

ツアーレポート その5

青い空白い雲、エメラルドグリーンとコバルトブルーの海、緑のオリーブ畑

イタリア半島ブーツのかかとにあたる、プーリア州への10日間のサイクリングツアーのレポート その5 です。

 

 

ツアー7日目、サイクリング5日目の今日はサンタマリア・ディ・レウカ〜オートラントまでの

アドリア海沿いのルートを60キロ走ります。

 

 

 

サンタマリア・ディ・レウカ郊外の高台に建つ4つ星ホテルで目を覚ましました。

朝から、アドリア海から雨雲が通り雨を運んでくるあいにくのお天気

 

 

 

 

 

 

いつも通りのあまい朝食のパイと盛りだくさんのフルーツやクルミ、デトックスジュースが並ぶ

朝食をいただき、早速サイクリングスタートの用意をしてロビーに集合

 

 

今日のコースのブリーフィングをして、いざスタートというところで雨が降ってきました。

どうやら通り雨のようなので、1時間ほどスタートを遅らせることに。

 

曇り空の中、スタートし岬の灯台への登りの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=XdGjjYIvKGQ

 

    

 

サンタマリア・ディ・レウカはイタリア半島のかかと

アドリア海とイオニア海を分ける岬にあり、小高い丘の上には立派な灯台があります。

 

 

 

天気は、イマイチすぐれませんが、何とか雨はやみました。

ここからは、昨日までの砂浜の海岸線(イオニア海)と違い、石灰岩の崖が続く岩壁の海岸線(アドリア海)です。

したがってコースも登ったり下ったりの繰り返しで、ちょっと曇っていた方が楽はラクでした。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=XWXnNnXquOs

 

左手には、石灰岩が作るカルスト台地が続き、右側には岩壁の下にアドリア海が続きます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=9av0t1x5PVw

 

  

 

 

 

 

 

 

海岸線ところどころに入り江があって、そこには石灰岩の岩壁に出来た洞窟が見えます。

曇り空で海の色がイマイチですが水はあくまでも透き通っていました。

 

雲の流れが速く、何とか晴れ間も出てきました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BV61XPTFEx8

 

 

 

 

入り江の猫の額ほどの平地には、小さな港と小さなカワイイい町が点在します。

そんな町でクラシックスクーターのツーリングと遭遇

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=J7oovKxxyGo

 

昼食は、鍾乳洞Grotta Zinzukusaの入り口にあるマリーナのバール

 

 

   

 

この地方名物ひねり生パスタにムール貝1個というちょっとショボいパスタいただきました。

 

 

 

この頃から、雲は去って、日差しが気持ちよく差してきて気温も一気に上昇

バールの横から、鍾乳洞に向かう道は、海に突き出したなかなかの難所でした。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=P4Dv1xwGK98

 

     

 

   

 

鍾乳洞の中は狭いので、グループごとに30分ほどの見学ツアー

我々の前に、イタリアの老人会御一行様が行かれたので記念写真を撮りながら、結構待たされました。

 

 

 

洞窟内部の様子は・・・

 

 

 

   

 

外の気温は30度近かったのですが、中の気温は10度は涼しい感じでした。

 

 

再び、オートラントに向けてスタートするとまた雲行きが・・・

途中、アメリカとカナダからのサイクリングツアー一行にもあったのですが

写真を取り忘れました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=MAVBmlDuwjQ

 

オートラントの町に到着

 

     

 

 

ホテルは、町の郊外にあるので先に、町の中を散策

いよいよ、雲行きが怪しくなってきて、アラゴン城でパラパラ来ました。

アラゴン城は、イタリア最東端のオートラントを海からの敵から守る城塞

 

 

 

 

観光客とリゾート客の皆さんと一緒に記念撮影

ITALIAジャージに反応されたみたいでした。

 

   

 

この後、自転車でホテルまで行く間に、ゲリラ豪雨に会いずぶ濡れに!!

道は川となって、ディスクブレーキの威力を感じさせてくれました。

ホテルで、ずぶ濡れのジャージを脱いで、シャワーを浴びた後、3輪タクシーでレストランへ

 

 

 

イタリアのイケメン運転手さんの運転は、オートラントの狭い石畳の道をジェットコースターのように

疾走して楽しませてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

ウエイトレスのお姉さんは、日本大好きな方で、日本人のこないオートラントで

たくさんの日本人に会えたことに感激してもらいました。

 

 

ホテルへの帰りも、オート三輪タクシーでこの日の夜はくれました。

 

次回はサイクリング最終日のレポートその6に続きます。

 

 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/244

   2018年企画始動!!


 

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


催行完了したツアー

uid000003_2016121116503462919e03

 

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内