旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】その6世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

【ツアー報告】その6世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海 南イタリアサイクリングツアー 2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2016-10-5 22:59

 

世界遺産アルベルベッロと白亜の町並み、エメラルドグリーンの地中海

南イタリアサイクリングツアー

2016年9月11日(日)〜20日(火) 10日間

 

ツアーレポート その6(最終回)

青い空白い雲、エメラルドグリーンとコバルトブルーの海、緑のオリーブ畑

イタリア半島ブーツのかかとにあたる、プーリア州への10日間のサイクリングツアーのレポート その6 です。

 

 

ツアー8日目サイクリング6日目、オートラント〜レッチェ。

ツアー6日目までのイオニア海のエメラルドグリーンに対して、今日はアドリア海のコバルトブルー

の海岸線50キロを走りました。

 

 

 

昨日の到着時は、ゲリラ豪雨で写真も撮れませんでしたが、泊まったホテルはこんなに素敵な

御城のようなホテルでした。

 

 

 

朝食も、クラッシクな雰囲気のピンクのダイニングでいただきました。

 

 

 

サイクリング最終日のコース説明とブリーフィング中もとってもいい天気

最終日にふさわしい快晴でした。

 

 

 

靴の中までビシャビシャでしたが、何とか夜のうちに履ける程度に乾燥できました。

 

 

 

美しい松並木の中をスタートする様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=5IT3ZA5RNKU

 

 

 

街を抜けて、サイクリングルートを走ります。

 

ちょっと見にくいですが、上から2番目の標識がサイクリングルートの案内です。

 

糸杉の並木の走りやすいコースの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PDREjhfvfiE

 

 

 

サイクリングルートは、アリミーニ湖へのダートコースも走ります。

日曜日なので、地元のMTBクラブ2組と出会いました。

 

 

 

 

 

木漏れ日の小径を走るのは、とっても楽しかったです。

 

賑やかなマウンテンバイカーが待つ、アリミーニ湖へ到着の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=_yGoMowXH2I

 

 

こんな感じの静かな湖なんですが…

 

 

 

森を抜けて、オリーブ畑の中を走ると、昨日のゲリラ豪雨の影響で

石灰岩質の畑の土が流されて、畑の中にも川の後がありました。

 

快晴の空と緑のオリーブ畑を走る動画をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ezUJeMh7ttY

 

    

 

オリーブ畑が徐々にカルスト平原になり、平原がアドリア海に至ると、

見たことがないコバルトブルーに出会います。

 

 

 

息をのむ美しさでした。

 

 

 

海岸線は、石灰岩の岩壁を侵食し、いくつもの洞窟を作っていました。

ロッカという町にあるこの洞窟群には、プールのようになった入り江もあり

飛び込みの名所にもなっていました。

 

 

動画でどうぞ (動画はこちらからどうぞ)

  

 

ちょっと小腹もすいたので、果物もいただきました。

 

   

 

昼食は、海辺のシーフードのお店でした。

看板に、ウニの写真が載っていました。

   

 

 

 

殻付のウニを目の前で剥いてくれましたが、正直なところ日本のウニの方がやっぱりおいしかったかな。

でも、イタリア人には大人気で、ウニの殻の山が出来てました。

 

 

 

 

 

タコやイワシのマリネ

 

 

 

生ウニに生ガキ

 

 

シーフードのフライ!!美味しかったです。

 

 

 

こんな景色を眺めながらのランチでした。

 

ランチの後、アドリア海沿いのサイクリングは、おしまい

最後のシーサイドランを楽しんだ様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=R4Xhhy0ZUI8

 

 

 

 

海岸を離れて、サイクリングコースをレッチェに向かいます。

最高の天気のもと、サイクリングを楽しんでいるのは、我々だけではありません。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=t2pw2hLFgv8

 

 

 

とうとう、サイクリングのゴール、レッチェの町に到着

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=spCMe_wGiwA

 

 

 

「バロックのフィレツェ」とも呼ばれるこの地方の石灰岩、凝灰岩を使った町並みは

気品を感じる街でした。

 

 

6日間350キロのサイクリングを皆さん無事完走されました。

 

この夜は特別なディナーをケイコさんが用意してくれました。

 

 

旧市街の真ん中の由緒あるレストランで、食事の前に、この地方の民族音楽と踊りのショー

を貸切で用意していただきました。

 

 

 

ギターとタンバリンで演奏される音楽は哀愁にとみ、最後の夜を演出してくれました。

 

 

 

 

 

一転して、この地方で魔除けや悪魔祓いにも使われた、音楽と踊りは激しく、心に入り込んでくるような

シャープさも併せ持っており、トランス状態に至って、神がかりの踊りとなります。

皆さんも、タンバリンをもって、最後の夜を楽しみました。

 

 

 

その後、レストランのテラス席で最後のイタリアンフードを満喫しました。

 

 

そして翌朝はいよいよ旅の最後です。

9日目は、」レッチェのホテルで、朝食をとった後、専用バスで、バーリーへ移動です。

ホテル・プレジデント・レッチェは、古き良き70年代風の落ち着いた気品あふれるホテルでした。

 

 

 

 

いよいよ、ケイコさん、パオロさんともここでお別れ

 

 

 

 

バーリーの空港から、ローマに向けて出発です。

 

 

 

ローマで成田行きアリタリア航空に乗り換え

 

 

台風が心配でしたが、成田には翌日約30分遅れでしたが、無事元気に帰国しました。

 

10日間の長い旅行でしたが、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

我々の為に、いろいろと気配りをしてくれた、現地ガイドのケイコさんとパオロさんのアテンドもよく

ただ1度だけ雨に会いましたが、天気にも恵まれ、美しいイオニア海のエメラルドグリーンと

アドリア海のコバルトブルーを思う存分楽しめた

最高のサイクリングツアーでした。

 


おなじみ勝手にしまなみ


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/245

   2018年企画始動!!


 

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


催行完了したツアー

uid000003_2016121116503462919e03

 

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内