旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】本州横断140キロサイクリング 2017年6月3日(土)4日(日) ツアーレポート

【ツアー報告】本州横断140キロサイクリング 2017年6月3日(土)4日(日) ツアーレポート

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2017-6-8 10:47

 

本州横断140キロサイクリング

2017年6月3日(土)4日(日)

ツアーレポート

 

 

瀬戸内海から日本海まで、140キロを走って、本州横断のサイクリング。

兵庫県の加古川河口、高砂海浜公園から、日本の脊梁山脈の内一番低い分水嶺を越えて、

由良川河口、舞鶴港とれとれセンターまでを1泊2日で堪能しました。

 

 

 

奈良、天王寺、大阪駅からバスで、快晴の加古川河口の高砂海浜公園に到着。

謡曲にも詠まれた松林の緑が美しい、高砂海浜公園を10:00に出発しました。

 

加古川右岸サイクリングロードをサイクリングして、分水嶺を目指します。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LqYuf2Y5MYo

 

1時間ほど右岸を走って、上荘橋を渡って今度は左岸のサイクリングロードを走ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=IBQRhmn-ZAE

 

 

ロードバイク初心者の参加者の方には、講習しながらサイクリング

 

 

 

サポートのバスの待つ、JR加古川線、神戸電鉄、北条鉄道の粟生駅に到着。

北条鉄道は、全線でも13キロほどの超ローカル電車、粟生駅から北条までを結んでいます。

神戸電鉄も、鈴蘭台から粟生駅までの30キロの路線です。

駅には、おいしいそうなパン屋さんがありましたが、昼食までもう少しなので・・・

 

     

旧街道を播磨中央公園を目指して走ります。

 

播磨中央公園を左手に見て、滝野の街中にある隠れた名店「花喜久」でランチです。

 

 

 

お代わり自由で、美味しい食事をいただきました。

 

 

 

今回のサポートバスは、奈良観光バスさん手配の大和高原交通の中型バスです。

 

出発してすぐに、闘龍灘という加古川の名勝があります。

     

 

 

 

右の写真の堀切水路は、上流から木材筏を流すために、掘られた水路です。

鮎の遡上も手助けしています。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=3NkRd3SO1gQ

 

次の休憩は東経135度 北緯35度の日本のへそ公園

 

 

 

 

 

ちょうど、公園内では地元に移住された方の結構披露宴が行われていました。

 

 

ここからは、加古川の最上流域に向かいます。

 

 

 

 

 

さんなん仁王パークで一休み

山南町の岩屋石龕寺仁王像が実物大で展示されています。なかなかの迫力でした。

 

 

 

 

 

丹波市に入ると、里山と田園風景が広がります。

道端にも、丹波名物の栗の木が花を咲かせていました。

 

 

 

丹波市街を東に向かうと、丹波市氷上の水別れ公園が分水嶺。

標高は110mしかありません。出発した、加古川河口から75キロでわずか110mのヒルクライム

 

  

 

左のいそべの湧水から湧き出た水は、右の分水水路で左は加古川を経て70キロで瀬戸内海へ

右は由良川を経て70キロで日本海にそそぎます。

 

ここから、今夜の宿「丹波の宿 恵泉」へはあと少しです。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=6oECc4267cU

 

 

 

 

恵泉は田んぼの中にある、丹波の日本旅館。

なんか、落ち着く小さな宿です。自転車を置いて、バスで近くの国領温泉にお風呂に行ったあと

一日の疲れを癒す 乾杯!!

 

 

丹波の恵みを美味しくいただきました。

 

 

 

 

2次会は、お部屋で11時まで楽しみました。

 

 

 

私は、宿の素敵なお風呂に夜と朝2回入ったのですが、参加者の左賀様は朝一番に

宿の裏の、黒井城址に登られ、こんな素敵な日の出と雲海を楽しまれました。

 

 

日の出前の雲海は素晴らしく、めったに見ることのできない「滝雲」という現象も見られたそうです。

 

黒井城址から雲海に昇る朝日です。

 

 

黒井城址です。

 

 

2日目のスタートは、8時30分

もうこの頃には、霧も晴れて、快晴の青空のもと出発です。

 

 

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=I1Z36mBOsaM

 

 

 

 

 

快晴の中、緩やかな下りで快適なサイクリングです。

 

動画もどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=l7qG_0hYwtU

 

25キロ走って、福知山城に到着。御城にも上ってきました。

  

 

 

 

10時30分にはお城を出発。

この日はTANTANロングライド開催中で福知山城から大江駅まではコースが重なりましたが、

すでにこの区間は通過済みで、お会いすることはありませんでした。

 

昼食のあしぎぬ大雲の里鬼力亭までは、由良川沿いを走ります。

 

まずは動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=JW9wotNt26U

 

 

 

 

JR大江駅前には、酒呑童子ゆかりの像と鬼瓦が展示されていました。

 

   

 

昼食は42.5キロ地点のあしぎぬ大雲の里鬼力亭です。

 

 

 

食べきれないボリュームのお弁当をいただいて、再スタート

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=A_n1S8mcna4

 

 

 

TANTANロングライドのコースでもあるので、この区間はブルーラインも整備されています。

この区間、真向いからの強烈な風に悩まされましたが、そこは下り、何とか乗り切ります。

 

 

56キロ地点が、由良川の最下流、藤津橋で由良川に別れを告げて、舞鶴港に向かいます。

 

 

 

ここからこのコース最大の登り坂、わずか標高差40mの峠を越えて、舞鶴港とれとれセンターへ

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=oUMJcfK5hHc

 

 

 

ここで、サイクリング終了。「とうちゃこ」

1日目は、80キロ、2日目が60キロ、合計140キロのサイクリングを満喫しました。

 

とれとれセンターでお買い物の後、バスに乗車して、たかお温泉光の湯で汗を流し、

あたらしく京都縦貫道に出来た、道の駅京丹後味夢の里に立ち寄って帰りました。

 

まさに、初夏5月の薫風の中の素敵なサイクリングツアーを楽しめました。

 


次はトレッキングとサイクリング

 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/262

   2018年企画始動!!


 

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


2018年企画

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


催行完了したツアー

uid000003_2016121116503462919e03

 

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内