旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】しまなみゆめしま海道サイクリング 2017年9月3日(土日) ツアーレポート

【ツアー報告】しまなみゆめしま海道サイクリング 2017年9月3日(土日) ツアーレポート

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2017-9-9 19:41

 

しまなみゆめしま海道サイクリング

2017年9月3日(土日)

ツアーレポート

 

 

“ゆめ”の島々が織りなす箱海「ゆめしま海道」瀬戸内を象徴する多島美が一枚の絵のように

見ることができます。

しまなみ海道因島から、フェリーで渡る生名島、弓削島をぐるっとサイクリング

展望台に泊まる宿「ホテルいんのしま」からは、しまなみ海道の島陰にしづム夕日が圧巻です。

定番のしまなみ海道6島6橋も網羅する、至れり尽くせりのサイクリングツアーのレポートです。

 

 

 

奈良、天王寺、梅田からバスに乗り込んでいただき、自転車も一緒にしまなみ海道向島の尾道市マリンユースセンターまで一気に移動

 

 

 

途中吉備サービスエリアで岡山名物祭り寿司のお弁当を積み込みました。

 

 

 

向島マリンセンターからは向島の南西海岸を走って、しまなみ海道一つ目の橋、因島大橋に向かいます。

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=E-o2G59Pdfg

 

1日目は、ゆめしま海道サイクリングです。まずは、向島から因島大橋を渡って、因島へ

 

因島大橋を渡る様子は動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=VxxFyikzuXA

 

橋からの下りはこんな感じで気持ちよく下ります。

 

 

 

 

 

 

 

因島の西側を走って、いつものしまなみ海道コースなら渡る生口橋をくぐって、

ゆめしま海道の出発点、土生港に向かいます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=jUs9imDclT0

 

 

 

ブルーライン沿いの爽快サイクリングです。

 

 

 

土生港への途中で1回目のパンク発生。修理作業をしている間に皆さんは

自転車神社、大山神社にお参りです。

 

 

 

 

 

自転車交通安全のお守りをさずかりました。

 

因島土生港からは対岸に見える生名島の岡村港まで5分の航海

 

 

 

ここからがいよいよ、ゆめしま海道

 

 

 

「箱海」という表現がぴったりの島と海と空のハーモニーです。

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=lBn7XNkO8yU

 

生名島と佐島を結ぶ1.5車線の生名橋は、とっても海に近い橋でした。

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=7qnU_TrYK8g

 

佐島は、北の端をかすめる形で通過して、すぐに弓削大橋を渡ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=22W1h4Q2cjM

 

 

 

弓削島はゆめしま海道最大の島で、島内には商船専門学校もある静かな島です。

前半西側のコースはとにかく海に近く、潮の香りがいっぱいのコースです。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Oki36DiAyfQ

 

北の岬から東側を巡るコースは、「箱海」を左手に見ながらアップダウンのコースです。

 

 

 

弓削島をぐるっと一周して、元来た道を生名島岡村港へ戻ります。

 

     

 

ゆめしま海道の石碑で記念撮影

 

渡船で因島に戻って、丘の上の展望台に立つホテルいんのしまが1日目のゴール

 

 

 

夕食は、海の幸いっぱいのおいしいご飯をいただきました。

 

 

 

 

 

恒例の2次会もいつも通りの大盛り上がりでした。

 

  

 

2日目の夜明けを部屋の窓からパチリ

 

 

この景色を見るために、標高差100m登って、このホテルに泊まりました。

 

 

 

 

 

朝食は7時から、出発は8時でした。

 

 

 

ホテルの前には、鯖大師さんがサイクリングの安全を見守ってくれていました。

弘法大師が当地を訪れた時に、行商人の鯖が腐っておったのを祈祷されると、鯖が生き返って

元気に海を泳いだという伝説に基づいて建立されたそうです。

 

 

それでは、ツアー2日目はしまなみ海道サイクリングにスタート

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=58_Vg7abiX0

 

 

 

 

 

まずは因島と生口島を結ぶ生口橋を渡ります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=3xJgy9LuqE8

 

 

 

生口島の瀬戸田の手前、ジェラードのドルチェは開店前で通過。

耕三寺をチラ見して、瀬戸田の街中の富士本舗さんに30分回転を速めてもらい休憩。

 

 

 

 

 

ブルーラインの海岸線を快走して多々羅大橋に向かいます。

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=uMTh1Cdn_2Y

 

 

 

レモン畑の登り坂を登ると、多々羅大橋一望の広場

 

     

 

    

 

多々羅大橋の「鳴き龍」も楽しんでサイクリストの聖地を目指します。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ZdAdzcttydU

 

 

多々羅しまなみ公園のサイクリストの聖地で記念撮影

ちょうどイチジクの時期で、地物の甘い奴をいただきました。

 

ここを出て、大三島橋に向かいます。

https://www.youtube.com/watch?v=FC9LTXfNQGo

 

 

 

伯方島では、伯方SCパークで小休止。伯方の塩ソフト美味しかったです。

 

 

 

最後の大島へは、伯方大島橋を通って、大島の最後の登りをすすみます。

今回は、亀老山はカットして、よしうみいきいき館に向かいました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=u0P5eBOQwzY

 

 

 

ここでみんな一緒に昼食をいただきました。

 

 

 

エネルギー補給の後は、来島海峡大橋を渡って、ゴールのサンライズ糸山まで一走り

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=bR5y4t6sf_I

 

       

 

サンライズ糸山で、サイクリングは終了。

シャワーで汗を流していただいている間に、スタッフは自転車をバスに積載して

帰路につきました。

 

天気に恵まれて、最高のゆめしま海道としまなみ海道を楽しみました。

 


 

2017年の締めくくりもカキオコ

 

 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/266

       


2017年の締めくくりもカキオコ
催行決定しました!お申し込みはお早めに!

 


 

  


 

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


催行完了したツアー

uid000003_2016121116503462919e03

 

 

   

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内