旅の記録(ブログ) - 台湾自転車たびに重要なお知らせ 日本-台湾線の自転車持ち込みについて

台湾自転車たびに重要なお知らせ 日本-台湾線の自転車持ち込みについて

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
sugino 2019-6-22 19:03

台湾自転車たびに重要なお知らせ

 

 

 

日本-台湾線の自転車持ち込みでは、チャイナエアーが一番寛容でしたが、2019年6月から左のオーストリッチOS-500(布製で厚いウレタンクッション入りの折畳可能な輪行袋)を含めソフトケースでの手荷物預託の受付が出来なくなりました。(カウンターでトラブルとなっています。)

右のようなハードケースか、カートン箱のみ受け付けています。

 

2019年6月20日現在の主な航空会社各社台湾線の手荷物規定は以下の通りです。

各社に問い合わせた結果ですが、必ず予約時にご自分でご確認ください。

 

●チャイナエアライン(CI)

1.事前連絡要

2.寸法制限なし、30坩米

3.ハードケースまたダンボールしか受け入れない。

 

●エバー(BR)

1.  事前連絡要

2.寸法制限なし、30坩米

3.輪行箱材質が特に制限なし

 

●キャセイパシフィック(CX)

1. 事前連絡要

2.3辺の和:203僉30坩米

3.輪行箱材質が特に制限なし

●バニラ(JW)

1.    事前連絡要

2.3辺の和:203僉閉垢機幅、高さそれぞれのMax:120僉法20坩米

3.寸法制限超える場合、特大荷物に属され、追加料金が発生(NTD 900〜)

 

●ピーチアビエーション(MM)

1.事前連絡要

2.スポーツ用品として、追加料金発生。

3.輪行箱材質が特に制限なし

 

●タイガーエアー(JD)

(チャイナエアライン傘下LCC)

1.事前連絡要

2.3辺の和:203僉閉垢機幅、高さそれぞれのMax:120僉法20坩米

3.寸法制限超える場合、特大荷物に属され、追加料金が発生(NTD 900〜)

 

●日本航空 https://www.jal.co.jp/inter/baggage/checked/

●ANA https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/checked-in/bicycle.html

 

いずれにしても、現地でケースの保管が必要です。

「台湾自転車たび」では、サポートカー他にお預かりします。(ハードケースは事前に寸法必要)

https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/tourplan/index.php/content0169.html

 


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/293

  

 


 

 


 催行決定しました!お申し込みはお早めに!

  


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内