旅の記録(ブログ) - 【ツアー下見】「世界遺産天草」ぐるっと一周サイクリングツアー 下見レポート

【ツアー下見】「世界遺産天草」ぐるっと一周サイクリングツアー 下見レポート

カテゴリ : 
ツアー情報
執筆 : 
sugino 2019-7-12 21:10

 

「世界遺産天草」ぐるっと一周サイクリングツアー

下見レポート

 

2020年に催行予定の世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を巡る天草一周のサイクリングツアーの下見に行ってきました。

 

下見当日は遅れ遅れた梅雨入り後で、九州各地に大雨が降った直前。

イマイチ、写真がきれいでないのはお許しください。

 

 

 

天草は熊本県の海側、早崎瀬戸をはさんで、長崎県島原半島のすぐ南に位置します。

雲仙天草国立公園、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」というように、長崎県の海側、

島原と関係の深い地域で、それを結ぶ文化的な要素が潜伏キリシタン(隠れキリシタン)です。

天草五橋は、本土から宇土半島を経て、天草上島、天草下島を結び天草の大動脈で

観光の目玉です。しかしながら、橋は古く、路肩も狭いので、今回のツアーは、熊本空港から

貸切バスで、天草五橋を渡って、上天草島と下天草島を1周するコースとしました。

 

 

 

 

 

という事で、貸切バスで天草の入り口天草松島の島々を眺める、天草リゾテラスで昼食を済ませた後、

サイクリングはスタート。まずは、天草上島を時計回りに東側の海岸線を走ります。

 

 

八代湾は内海で穏やかな海の為に、堤防が低く、手を伸ばせばそこにすぐある海。

しまなみ海道やとびしま海道よりも海を近くに感じ、車の少ない鄙びた景色を楽しみながら

のんびりサイクリングを楽しめます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=JxmzisHXZrM

 

 

 

上天草宮田漁港には、倉岳大エビスがありました。

高さは10mを越え、総大理石のえびすさんは日本一の大きさ

商売繁盛、豊漁、交通安全をお祈りしましょう!

 

上天草島から下天草島をつなぐのは天草瀬戸大橋ですが、今回のコースは

本渡可動橋を渡ろうと思います。(橋が船の航行で上がっていたら通れませんが・・・)

1日目は、天草最大の町、本渡に泊まります。天草と言えば新鮮な海の幸!

特にクルマエビやタコ、他にはでっかいニワトリ「天草大王」がおいしい!!

もちろん、温泉も楽しめます。

 

2日目は、本渡のホテルを出て天草下島を時計回りに走ります。

八代湾(不知火海)の鏡のように穏やかな水面と穏やかな南風を感じながら

島の最南端、牛深を目指します。

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=leb_5kvsFXc

 

 

 

牛深で昼食。おさかながとってもおいしい道の駅があります。またここはハイヤ節という民謡の故郷。

「ハエの風(南風)で今朝出港した船は、どこの港まで行き着いただろうか―」
歌い出しには、牛深の女性が船乗りの身を案ずる気持ちが込められています。

「ハイヤ」は、牛深を出港して北上する帆船に欠かせない「南風」が語源。
九州地方では南風のことを「ハエの風」と言いますが、
ハエがハエヤになり、ハエヤがハイヤとなっていったと考えられています。

「牛深ハイヤ節」が誕生したのは江戸時代後期。
この時期の牛深は海上交通の要衝として、海産物などを
運搬する帆船が多く出入りしていました。

この船乗りたちと牛深の女性たちが歌い踊っていたものが
牛深ハイヤ節の始まりと言われています。

なんと、阿波踊りや佐渡おけさもこのハイヤ節がルーツです。

 

 

牛深の町には、なぜかブーゲンビリアがたくさんありました。

 

 

 

羊角湾沿いをすすむと、いよいよ世界遺産崎津集落です。

 

 

 

 

 

崎津の町の動画をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2c961iHOOGY

 

 

崎津集落は、隠れキリシタンの小さな漁村。

ヨーロッパの絢爛豪華な教会とは違い、いかにも世を忍んだ信教精神を形にしたような

質素でつつましい崎津天主堂や海の中のマリア像はあたかも「わびさび世界」

 

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=1i09TayiHFI

 

 

 

崎津集落から少し走ると、大江天主堂と天草ロザリオ館があります。

「五足の靴」で北原白秋や与謝野寛が訪れ、のちに白秋は「邪宗門」をしたためた地。

丘の上の教会へは急坂を登ります。天主堂の中は写真が撮ることはできません。

シスターのお話を聞くことができました。

信者の方は、今でも500人ぐらいいらっしゃるそうですが、高齢化とお住いの地が

人里離れた隠れ里で、日曜日のミサに来られるのは数十人となっているとの事

 

 

 

 

 

峠を越えて、天草灘を望む十三仏公園や妙見浦の切り立った海岸が美しい

 

 

2日目の宿は、天草下田温泉

 

 

 

 

 

足湯を楽しみました。

天草下田温泉は、開湯700年の不思議の湯。

火山性でもなく非火山性でもない特殊な温泉です。

詳しくは、http://amakusa-shimoda-onsen.jp/

 

3日目は天草下田温泉からサイクリングスタートして下天草島の上天草島の西海岸を北上します。

残念ながら、この区間は下見時には大雨で写真も動画もありません。

 

 

天草下田温泉と本渡の中間地点には、苓北町の陸繋島、富岡城がありますが、

コースには加えませんでした。

 

 

 

 

 

下天草島の北岸にある天草イルカセンターからはイルカウオッチングの船が出ています。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=sJOkMYaX9r0

 

 

 

3日目の昼食は、本渡でクルマエビ尽しのランチを考えています。

上天草島に渡ったところには、クルマエビの養殖場もあります。

 

 

 

 

 

上天草島の北岸は「天草有明たこ街道」干しタコが軒先にぶら下がっていました。

 

 

ゴールは、上天草島の最北端、松島橋のたもとの天草リゾテラス

ここから、貸切バスに乗車して天草松島を眺めながら熊本空港に向かいます。

 

 

 

お土産のおすすめは、天草大王、クルマエビかな

 

 

 

ちなみにこれが、天草大王の手羽のおみやげ

激うまでした!!

 

 

 

2020年初夏の催行予定です。

企画はバッチリ、募集時にはぜひご参加をご検討ください。


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/294

  催行決定しました!お申し込みはお早めに!

 


 

 


 

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内