旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】「美しき青きドナウ」を五感で感じるサイクリングツアー 2019年9月19日(木)〜28日(土) 10日間 ツアーレポート その1

【ツアー報告】「美しき青きドナウ」を五感で感じるサイクリングツアー 2019年9月19日(木)〜28日(土) 10日間 ツアーレポート その1

カテゴリ : 
ツアー情報
執筆 : 
sugino 2019-10-8 13:06

 

「美しき青きドナウ」を五感で感じるサイクリングツアー

2019年9月19日(木)〜28日(土) 10日間

ツアーレポート

その1

 

ヨハン・シトラウス 鏡い量抄福◆嵌しき青きドナウ」に描かれたとおり雄大で、清らかなドナウ川。秋の訪れを告げる爽やかな風は耳もとにワルツの調べを届けてくれ、もう少しで収穫の時期を迎えようとするブドウ畑からは、甘酸っぱい香りが漂ってきます。滔々と流れる川面には、古城の美しい姿が映し出され、これらすべてに包み込まれながらの自転車旅が味わっていただけます。歴史に彩られた数々の中世の古城や教会は一つひとつが、ハプスブルグ家をはじめとするこの地を治めた名家の権威と伝統を物語ってくれ、中央ヨーロッパの気高く凛として研ぎ澄まされた空気は忘れ得ぬ感動をもたらせてくれます。時速20キロの五感すべてで感じる、この旅でしか味わえない感動です。

旅のもう一つの楽しみ食事とワインそしてスイーツ、極上の音色届けてくれるコンサートホールやオペラハウスは、旅の終わりにオーストリアの都、ウイーンで存分に楽しんでいただけます。

歴史と自然、お料理とワイン、スイーツと極上の音楽。そして自らの足でのサイクリング。この地の魅力をすべて味わう、贅沢でこの上なくたのしいサイクリングツアーです。

 

9月19日(木) 1日目

7:30に関西空港にツアーメンバー10名が集合。ルフトハンザ航空のミュンヘン直行便(LH743)に9:30に搭乗して、11時間50分の空の旅。ミュンヘンには、14:20に到着しました。

 

 

 

空港で現地サイクリングガイドのOBER Travelのウルフさんがお出迎え。

彼は、日本に3年間滞在して、日本の会社に勤務経験があり日本語はペラペラ

専用バスに乗って早速、ミュンヘン市内のホテルMetropolに向かいます。

 

 

 

 

ミュンヘン市内は自転車にやさしい自転車レーンが完備しています。

 

 

まずは、ホテルにチェックインして荷物を置いて市内中心部へ

     

 

マリエン広場を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=iivcad3GwRI

 

 

 

 

 

夕食は、ミュンヘンの有名ビヤホールホーフブロイハウスへ

 

     

 

  

 

 

 

ホーフブロイハウスの食事の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BEvdiq4cKTM

 

9月20日(金) 2日目

ホテルを出て、旧市街の中心地マリエン広場へ、ウルフさんの案内でウォーキングツアーの後、バスに乗ってドイツ-オーストリア国境の町、パッサウに向かいます。ドナウ川

 

     

 

 

 

     

 

パッサウはドナウ川観光の起点。

川向こうの丘の上には、古城オベアハウス、川港には、ドナウ川観光の船や、スイス、ドイツ、オーストリア、スロベキアなどを巡って黒海を巡るホテルボートが停泊しています。

 

 

 

昼食は、パッサウの街中、ドナウ川を見下ろすカフェでランチ

 

 

 

 

 

左は、今日のホテル、パッサウのHotel Passauer Wolf、右は ステファン寺院

     

 

近くのBikeレンタルでツアー中使用する自転車を受け取りました。

 

 

E-Bikeは内装8段付、クロスバイクはいわゆるトレッキングバイクと呼ばれるもので、Rohloffの内装12段またはShimanoの内装8段付、ロードはアルミフレーム

どの自転車もブレーキレバーは、ヨーロッパ式で右手が後ブレーキ、左手が前ブレーキ

 

ガイドのウルフさんはE-bikeとノーマル混成のツアーは初めてという事で、

ノーマルを前、E-bikeを後ろの車列でやってみることにしました。

 

 

 

 

まずは試し乗りで、対岸のオベアハウスの激坂にチャレンジ。

E-Bikeはラクラクでしたが、ロード、クロスは撃沈!!

その上、オベアハウスはこの日イベントで入ることができませんでした。

ホテルにいったん戻って、夕食へ

     

 

 

 

 

 

店内で地ビールの醸造をしているレストランでプリッツェルとシチューをいただきました。

ビールに合う味付けでちょっとしょっぱいのが、オーストリア風

 

 

 

 

 

     

 

9月21日(土) 3日目

この日の予定は、パッサウから自転車と一緒にリバーボートに乗って、シュレゲンに向かい、ここからリンツまで65キロのサイクリング。

     

 

  

左が、サポートカーです。サイクリング中の手荷物を積んで、休憩場所でランデブー補給食を出してくれます。

右は、ホテルの前でサイクリングスタートの準備中

 

ホテルから港へは自転車で向かいます。

https://www.youtube.com/watch?v=nmfV3u1rpG4

 

乗船前に記念撮影

船の中はこんな感じ

https://www.youtube.com/watch?v=3B7D7nidbEg

 

 

 

     

 

 

 

途中の港あたり

https://www.youtube.com/watch?v=fxjWGAwyqkQ

 

     

ところどころに川をせき止めた水力発電所があり、船は閘門を通ります。

 

 

      

こんな美しい河岸を眺めながらくだります。右は船内の自転車。

 

シュレンゲン到着して、陸路で先回りしたサポートカーと合流。いよいよサイクリング開始

https://www.youtube.com/watch?v=OMKkwaY91zk

 

 

 

スタートの様子

https://www.youtube.com/watch?v=-OwXlQrz3v0

 

 

ドナウ川右岸を走って時々休憩

 

 

 

 

       

 

Ashackの町の河岸レストランでランチ

https://www.youtube.com/watch?v=pW-un-n6rqA

 

 

 

 

右がマイクさん、オーストリアのジャージがお似合い

        

 

ランチのカフェはサイクリストがいっぱいです。サイクリング中は地ビールではなく、ノンアルコール地ビール

この日の午後と明日ガイドしてくれるマイクさんも合流

 

     

 

サイクリング中の様子

https://www.youtube.com/watch?v=ZJb-EFkYuOo

 

 

 

 

Wilheringの教会では、何かイベント中で仲は見られませんでした。

 

 

 

 

川の向こうに古城が見える絶景ポイントで記念撮影

 

ヴェルフィリングの教会到着

https://www.youtube.com/watch?v=y_ZnPViM-cI

 

      

結婚式をされていたのは、セレブ風の美男美女カップル

写真を撮りたかったのですが、ちょっと遠慮してしまいました。

渡船に到着

https://www.youtube.com/watch?v=9nN5rCLHPK8

 

     

川を渡る渡船は川の流れを利用してヨットのように進むボートです。

 

リンツ到着

https://www.youtube.com/watch?v=NO02IaGFK1k

 

 

リンツの町はオーバーエスターライヒ州の州都、20万人が住むオーストリア第3の大きな町です。

到着が遅くなってしまい、あまり観光は出来ませんでした。

 

車列は、ノーマル前E-bike後よりも、逆の方が追突の危険を回避できるのでそちらで行くことにしました。

      

 

 

 

 

 

夕食は、古い歴史ある建物を改装した素敵なレストラン。

トマトベースのリゾットの上に白身魚のムニュエル、ビールと白ワインで楽しみました。

 

その2に続く


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/301

  

 


 

 


 催行決定しました!お申し込みはお早めに!

  


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内