旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】四万十川源流から河口まで180キロのサイクリングツアー 2019年11月9日(土)〜11日(月) ツアーレポート その1

【ツアー報告】四万十川源流から河口まで180キロのサイクリングツアー 2019年11月9日(土)〜11日(月) ツアーレポート その1

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2019-12-3 21:23

四万十川源流から河口まで180キロのサイクリングツアー

 

2019年11月9日(土)〜11日(月)

ツアーレポート その1

日本最後の清流、四万十川を四国山脈の源流から、太平洋土佐湾の河口まで180キロを一気にサイクリング。スタートは、幕末に坂本龍馬が土佐藩を脱藩し、長州に向かった国境の地、布施ヶ坂をスタートして、深い谷を下り深山紅葉の名湯、松葉川温泉に宿泊。2日目は、いくつもの沈下橋を巡り、滔々と流れる四国一の大河をすぐそばに眺めながら、愛媛から流れ込む広見川と合流する地で、中流域随一の宿、ホテル星羅四万十に宿泊。

3日目は、中流から川幅を広げて、大きく蛇行する大河のそばを中村の町を越えて、太平洋にそそぐ河口まで走ります。サイクリング終了後には、文字通りの「四万十いやしの湯」で疲れを癒して帰路につきます。

 

奈良観光バスの車庫から乗り込みのお客様と6:30に出発。天王寺駅を7:30、大阪駅前大阪モード学園を8:00に出て

途中、南淡路PAで休憩と吉野川ハイウエイオアシスでお弁当の積込をして、13:30にサイクリングスタートの

道の駅布施ヶ坂に到着。

 

 

 

 

 

 

自転車の準備をして、四万十川源流の地をス14:00タート。

スタート後は、急な下りを一気に下って、源流域の小さな沈下橋高樋橋へ

   

 

 

 

   

二つ目の沈下橋長野橋

 

 

源流域の川幅の狭い四万十川沿いを更に下ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=gNkRVLqdvXw

 

https://www.youtube.com/watch?v=PaTVgzRSIl0

 

松葉川と四万十川の合流地点から、松葉川をさかのぼって今日の宿松葉川温泉に到着

 

   

松葉川温泉のお湯はとっぷりとした美人の湯。

お肌がツルツルになりました。

 

 

 

 

夕食は、四万十川の子持アユや窪川名産の米豚、勿論カツオのたたきも!

 

みんな揃って、乾杯!!

 

その2に続く


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/307

  催行決定しました!お申し込みはお早めに!

 


 

 


 

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内