旅の記録(ブログ) - 【ツアー報告】道東サイクリングツアー 2020年9月24日(木)〜28日(月) ツアーレポート その1

【ツアー報告】道東サイクリングツアー 2020年9月24日(木)〜28日(月) ツアーレポート その1

カテゴリ : 
ツアー報告
執筆 : 
sugino 2020-10-10 19:11

 

道東サイクリングツアー

2020年9月24日(木)〜28日(月)

ツアーレポート その1

 

コロナのせいで海外ツアー(今年はこの時期にイタリア・アマルフィー海岸を予定)が出来ないので、急遽ちょっと長めの

北海道ツアーを企画しました。「急遽」でしたが、知床サイクリングサポートの西原さん、阿寒観光タクシーの小泉さんに

現地ガイドをお願いして、リピーターの方々8人とGotoトラベルを利用していってきました。

知床サイクリングサポート http://www.shiretokocycling.com/

阿寒観光タクシー https://www.akanhire.com/

 

 

当初予定した伊丹⇒羽田の便は、コロナで乗客が減って欠航、1本前の便で出発。

 

 

 

 

 

羽田で乗り換えて、釧路空港に到着。

 

 

 

 

 

空港に西原さんと小泉さんがお出迎えいただき、早速輪行した自転車の組み立てとレンタルバイクのフィッテイング。

釧路空港には、サイクルステーションもあって、自転車のりにやさしい空港でした。

 

 

 

釧路空港をスタートして、釧路湿原展望台を目指します。

 

 

 

 

釧路湿原の真ん中を走る自転車道を気持ちよく走ります。

 

途中で草原に遊ぶ、タンチョウヅルに出会いました。

 

 

釧路湿原展望台に向かう途中では、お馬さんの家族や野生のエゾシカにも出会いました。

 

 

 

釧路湿原を一望する展望台からは湿原と釧路の町が望めました。

 

   

再び、釧路湿原の自転車道で、釧路市を目指します。

時刻は17:00を超えて、夕日が釧路湿原に沈んでいきました。

短い動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=AqEqX2Ym1uQ

 

この日のコース

 

     

この日のゴールは、釧路港に面した、ANAクラウンプラザ釧路

釧路と言えば、「炉端焼き」発祥の地。ホテルの前にある「ろばた煉瓦」で夕食。

 

 

 

ホタテ、ホッケ、シシャモ、イカ、ジンギスカンなどをサッポロクラッシクでいただきました。

 

 

左がホテル、右は釧路港に停泊したサンマ漁船

 

釧路港を朝食前の散歩で訪れました。

 

 

ホテルの朝食は、ソーシャルディスタンスを取って、お弁当形式でしたが、

北海道の味覚がバラエティーに富んでボリュームも満点でした。

ツアー2日目は釧路のホテルをスタート

 

市内から丘を登って、高山の森で一休み

 

根室浜中釧路線は丘の上を走る。崖の下は太平洋

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=TRAmKYbkkl8

 

 

ローソク岩を越えるて尻羽岬を登って下ると厚岸湾が左手に広がります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wkG05jRKc9Y

 

 

厚岸はブランド牡蠣の「牡蠣の町」

お昼ごはんは、道の駅厚岸グルメパーク・コンキリエ

コンキリエとはイタリア語で貝の形をした食べ物とのことです。

 

 

カレーもスパゲッティもごはんも、みんな牡蠣メニュー

 

 

コンキリエを出て厚岸大橋を渡ります。動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=nUSUdJp2P24

 

 

 

 

厚岸から霧多布への道は、登ったり下ったりの丘の上

途中、あやめケ原に立ち寄って、温帯低気圧で波立つ太平洋を眺めました。

 

 

 

 

厚岸町から浜中町へ海岸戦を走る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=2t-zgPeIeKI

 

 

霧多布は浜中町にある小さな岬。太平洋の海流でできた陸繫島といった方がいいかも

霧多布湿原を望む琵琶瀬展望台

https://www.youtube.com/watch?v=6lmDFCkntnY

 

 

 

 

 

琵琶瀬を出て、霧多布の町に下る。動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PFImTvsQTgc

 

この日のコース

 

霧多布での宿は旅館くりもと

旅館に到着したとたんに、雨と風が激しくなり、一晩中吹き荒れました。

 

 

 

 

 

 

夕ご飯は、北海シマエビ、厚岸牡蠣、自家製のお味噌でのお鍋など北海道ならではのお料理でした。

 

3日目以降の様子はその2に続きます。


                      

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.cyclingtoursjapan.jp/modules/d3blog/tb.php/319

  


 

旅行代金16,900円からGoToTravel事業による支援金5,915円を引いた金額がお客様のお支払い実額となります。
9月1日以降出発のこの旅行に関しては、別途、旅行代金に応じた地域共通クーポンが付与されます。(詳細未定)

お支払金額(お一人様) 10,985円

満席になりましたので受付終了いたしました。
キャンセル待ちは、お問合せメールから申し込んでください。
  

   


  

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内