• カテゴリ ツアー報告 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

旅の記録(ブログ) - ツアー報告カテゴリのエントリ

四万十川源流から河口まで180キロのサイクリングツアー

2019年11月9日(土)〜11日(月)

ツアーレポート その3

日本最後の清流、四万十川を四国山脈の源流から、太平洋土佐湾の河口まで180キロを一気にサイクリング。スタートは、幕末に坂本龍馬が土佐藩を脱藩し、長州に向かった国境の地、布施ヶ坂をスタートして、深い谷を下り深山紅葉の名湯、松葉川温泉に宿泊。2日目は、いくつもの沈下橋を巡り、滔々と流れる四国一の大河をすぐそばに眺めながら、愛媛から流れ込む広見川と合流する地で、中流域随一の宿、ホテル星羅四万十に宿泊。

3日目は、中流から川幅を広げて、大きく蛇行する大河のそばを中村の町を越えて、太平洋にそそぐ河口まで走ります。サイクリング終了後には、文字通りの「四万十いやしの湯」で疲れを癒して帰路につきます。

 

夜中に雨の降った3日目は朝霧につつまれていました。

朝になってから、今日の行程の15キロ先で、工事のために、時間通行止めがあることがわかって 通行止めまでにそこを通過すべく、急いでホテルを出発することになりました。

 

ホテル前で、ホテルの方に取ってもらった写真がピンボケになってしまいました。

 

そそくさと用意して、8:00に出発。

 

スタート直後の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=4NkiGCU3k6k

 

何とか、工事区間を規制の10分前に通過。

 

 

 

 

 

 

勝間沈下橋は、川霧も晴れて、美しい四万十川の絶景を楽しみました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=a7sx3GH_9NY

    

 

三里の沈下橋を渡って対岸を走る。

 

右岸の細い道を少し登ったところから三里沈下橋を見返す絶景

 

佐田沈下橋

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BaUJQjeNIos

 

 

 

 

 

 

 

右岸の堤防の上を快走

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=kD8GjMZsd6k

 

中村市内に向かう四万十大橋を渡る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BMnGEn97A-8

 

 

左は中村の市街に続く赤い四万十大橋、右は小休止したサンリバー四万十というお土産処

 

ここからは、四万十川の最下流左岸を走って河口の土佐西南大規模公園まで

いよいよゴールの四万十いやしの里に到着

松花堂弁当の昼食をいただいて、お風呂に入ってほっこり

 

 

この後、千葉からのお二人が中村駅で離脱され、我々は、バスで出発地までの帰路につきました。

2日間、天気に恵まれ、気持ちのいい秋の四万十川源流から河口まで180キロを心おきなく楽しめました。


                      

四万十川源流から河口まで180キロのサイクリングツアー

2019年11月9日(土)〜11日(月)

ツアーレポート その2

日本最後の清流、四万十川を四国山脈の源流から、太平洋土佐湾の河口まで180キロを一気にサイクリング。スタートは、幕末に坂本龍馬が土佐藩を脱藩し、長州に向かった国境の地、布施ヶ坂をスタートして、深い谷を下り深山紅葉の名湯、松葉川温泉に宿泊。2日目は、いくつもの沈下橋を巡り、滔々と流れる四国一の大河をすぐそばに眺めながら、愛媛から流れ込む広見川と合流する地で、中流域随一の宿、ホテル星羅四万十に宿泊。

3日目は、中流から川幅を広げて、大きく蛇行する大河のそばを中村の町を越えて、太平洋にそそぐ河口まで走ります。サイクリング終了後には、文字通りの「四万十いやしの湯」で疲れを癒して帰路につきます。

 

2日目の朝は、少し早く起きて、松葉川を散策。神秘的なコバルトブルーの渕が美しい

   

 

 

 

8:00に松葉川温泉を出発

スタートの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=iD5QSZsUyJM

 

 

四万十川沿いを朝の柔らかい光の中疾走しました。

 

 

 

一つ目の沈下橋一斗俵橋の後、清水橋にも立ち寄り

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wDuB8wjFyCw

 

 

道の駅アグリ窪川は四国1周のチェックポイント

 

少し川幅も広くなってきました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=bsr3yStuOFo

 

 

 

 

上宮橋では、対岸に渡ってみました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=eKNdhym4Thc

 

https://www.youtube.com/watch?v=EjVxF4hJHrg

 

https://www.youtube.com/watch?v=F4bcnlQYg5E

 

道の駅四万十大正に向かって、中流域にさしかかった四万十川右岸を走る

 

道の駅四万十大正には11:30に到着。

昼ごはんまであと1時間以上かかるので、焼き立てパンや鰻のおにぎりで虫押さえ

   

加山雄三と吉永小百合のJRのCM部隊芽吹手沈下橋

13:15に道の駅四万十とおわに到着して、待望のお昼ごはん

      

 

       

地元の材料を使った、バイキングに大満足

 

  

半家(はげ)沈下橋

 

悲恋の言い伝えのある君が渕

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=sk_wXwUsjAk

 

 

 

 

長生沈下橋

 

 

 

ゴール直前の道の駅よって西土佐は今年出来た新しい道の駅。ここでは、地元のアユの塩焼きが安い!

四万十川を渡って、今夜の宿、ホテル四万十星羅に16:00に到着

今日の行程はは95キロ

 

昨日よりもサラッとした温泉で汗を流して、夕食。

お料理の内容は、昨日とほぼ同じになってしまいました。

同じような材料しかないのかな・・・

 

その3に続く


                      

四万十川源流から河口まで180キロのサイクリングツアー

 

2019年11月9日(土)〜11日(月)

ツアーレポート その1

日本最後の清流、四万十川を四国山脈の源流から、太平洋土佐湾の河口まで180キロを一気にサイクリング。スタートは、幕末に坂本龍馬が土佐藩を脱藩し、長州に向かった国境の地、布施ヶ坂をスタートして、深い谷を下り深山紅葉の名湯、松葉川温泉に宿泊。2日目は、いくつもの沈下橋を巡り、滔々と流れる四国一の大河をすぐそばに眺めながら、愛媛から流れ込む広見川と合流する地で、中流域随一の宿、ホテル星羅四万十に宿泊。

3日目は、中流から川幅を広げて、大きく蛇行する大河のそばを中村の町を越えて、太平洋にそそぐ河口まで走ります。サイクリング終了後には、文字通りの「四万十いやしの湯」で疲れを癒して帰路につきます。

 

奈良観光バスの車庫から乗り込みのお客様と6:30に出発。天王寺駅を7:30、大阪駅前大阪モード学園を8:00に出て

途中、南淡路PAで休憩と吉野川ハイウエイオアシスでお弁当の積込をして、13:30にサイクリングスタートの

道の駅布施ヶ坂に到着。

 

 

 

 

 

 

自転車の準備をして、四万十川源流の地をス14:00タート。

スタート後は、急な下りを一気に下って、源流域の小さな沈下橋高樋橋へ

   

 

 

 

   

二つ目の沈下橋長野橋

 

 

源流域の川幅の狭い四万十川沿いを更に下ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=gNkRVLqdvXw

 

https://www.youtube.com/watch?v=PaTVgzRSIl0

 

松葉川と四万十川の合流地点から、松葉川をさかのぼって今日の宿松葉川温泉に到着

 

   

松葉川温泉のお湯はとっぷりとした美人の湯。

お肌がツルツルになりました。

 

 

 

 

夕食は、四万十川の子持アユや窪川名産の米豚、勿論カツオのたたきも!

 

みんな揃って、乾杯!!

 

その2に続く


                      

「美しき青きドナウ」を五感で感じるサイクリングツアー

2019年9月19日(木)〜28日(土) 10日間

ツアーレポート

その5

ヨハン・シトラウス 鏡い量抄福◆嵌しき青きドナウ」に描かれたとおり雄大で、清らかなドナウ川。秋の訪れを告げる爽やかな風は耳もとにワルツの調べを届けてくれ、もう少しで収穫の時期を迎えようとするブドウ畑からは、甘酸っぱい香りが漂ってきます。滔々と流れる川面には、古城の美しい姿が映し出され、これらすべてに包み込まれながらの自転車旅が味わっていただけます。歴史に彩られた数々の中世の古城や教会は一つひとつが、ハプスブルグ家をはじめとするこの地を治めた名家の権威と伝統を物語ってくれ、中央ヨーロッパの気高く凛として研ぎ澄まされた空気は忘れ得ぬ感動をもたらせてくれます。時速20キロの五感すべてで感じる、この旅でしか味わえない感動です。

旅のもう一つの楽しみ食事とワインそしてスイーツ、極上の音色届けてくれるコンサートホールやオペラハウスは、旅の終わりにオーストリアの都、ウイーンで存分に楽しんでいただけます。

歴史と自然、お料理とワイン、スイーツと極上の音楽。そして自らの足でのサイクリング。この地の魅力をすべて味わう、贅沢でこの上なくたのしいサイクリングツアーです。

 

 

 

 

7日目 6/26(木)

この日がサイクリングの最終日。前日ドナウ川を船で下った川沿いをエンマーズドルフからクリムスまで、ヴァッファウ渓谷のぶどう畑とアプリコット畑の間を、走る35キロのサイクリング

クリムスからは、バスでウイーンに向かいました。

 

サイクリングのコース : 

 

 

エンマースドルフを出発。動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=A7kX9ZAOZh0

 

  

 

小さな町Willlanddorfを通り過ぎてヴァッファウ渓谷名物のアプリコット(杏子)畑を走る

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=K21Pzz1VyjQ

 

 

 

     

St. Micheelの小さな教会で一休み

https://www.youtube.com/watch?v=0apPyeD-jqQ

 

 

 

ハートマークのWieserという蒸留所に立ち寄りました。

 

蒸留所のショップでお買い物

 

 

ヴァッサウ渓谷名物のアプリコットのリキュール、シュナップスとラズベリーのウオッカ買いました。

 

     

 

蒸留所を出て少し行ったところで自転車を置いて、葡萄畑を徒歩で散策。

 

収穫直前のブドウは、食べても甘くておいしかった。

 

 

 

    

高台からは、美しいドナウ川とスピッツの村が一望できました。

 

 

 

また自転車に乗って、デルシュタインに向かいました。

クリムスから日帰りのサイクリングツアーのグループと行き違います。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=P31tJWqoDbM

 

川沿いをすすむと、昨日船から見たデルシュタインの町に到着。

https://www.youtube.com/watch?v=nAF5bE62sH0

 

 

デルシュタインでは、街中でお買い物

       

 

教会の裏側から修道院教会の青い塔が見えます。

デルシュタインからちょこっと走れば、クリムスのスピッツ地区です。

もう少しでサイクリング終了の皆さんの姿を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wfALUCxPUNc

 

クリムス・スピッツに到着

https://www.youtube.com/watch?v=Cefq--CVNkE

 

 

 

ランチは、クリムスのスピッツ地区にあるイタリア料理店「フィレンツェ」

この店のピザは3年連続で1位に選ばれている名店です。

      

 

 

 

久々のイタリアンに満足した後、サイクリングのゴールクリムスに到着

 

 

食事の後、クリムスの港近くで待っていた、サポートカーでサイクリング終了

サポートカーが引っ張るトレーラーに自転車を積み込んでバスに乗り込み

ウイーンまで1時間のドライブ。

 

ウイーンのホテルにチェックインした後、ウイーンの旧市街を散策してディナーへ

 

      

 

シュテファン広場を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=_TGuA_R8hJg

 

 

旧市街の中心シュテファン教会

動画で内部をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LWRLC83a3ak

 

      

ヨーロッパの町に必ずあるペスト記念柱

 

     

ウイーンはカフェ文化の都

     

ハプスグルグ家が13世紀後半から1918年まで600年以上住んでいた王宮のミヒャエル門

 

 

 

左は、ミュージアムクォーター、右は市庁舎

 

 

旧市街のリンク内側には、観光用の馬車がたくさん走っていました。

 

ディナーはウイーンのカフェでいただきました。

 

 

 

 

せっかくのカフェディナーなんで、別腹でスイーツ

 

 

 

 

その6に続きます


                      

「美しき青きドナウ」を五感で感じるサイクリングツアー

2019年9月19日(木)〜28日(土) 10日間

ツアーレポート

その3

 

ヨハン・シトラウス 鏡い量抄福◆嵌しき青きドナウ」に描かれたとおり雄大で、清らかなドナウ川。秋の訪れを告げる爽やかな風は耳もとにワルツの調べを届けてくれ、もう少しで収穫の時期を迎えようとするブドウ畑からは、甘酸っぱい香りが漂ってきます。滔々と流れる川面には、古城の美しい姿が映し出され、これらすべてに包み込まれながらの自転車旅が味わっていただけます。歴史に彩られた数々の中世の古城や教会は一つひとつが、ハプスブルグ家をはじめとするこの地を治めた名家の権威と伝統を物語ってくれ、中央ヨーロッパの気高く凛として研ぎ澄まされた空気は忘れ得ぬ感動をもたらせてくれます。時速20キロの五感すべてで感じる、この旅でしか味わえない感動です。

旅のもう一つの楽しみ食事とワインそしてスイーツ、極上の音色届けてくれるコンサートホールやオペラハウスは、旅の終わりにオーストリアの都、ウイーンで存分に楽しんでいただけます。

歴史と自然、お料理とワイン、スイーツと極上の音楽。そして自らの足でのサイクリング。この地の魅力をすべて味わう、贅沢でこの上なくたのしいサイクリングツアーです。

 

5日目 9/23(月)

 

サイクリングのコース :: https://www.google.at/maps/dir/Ardagger+Markt/Grein/Ybbs+an+der+Donau/Maria+Taferl/Artstetten/Schloss+Leiben,+Schlossstraße,+Leiben/Emmersdorf+an+der+Donau/Emmersdorf+an+der+Donau/@48.2111051,14.8001589,10z/data=!3m1!4b1!4m60!4m59!1m5!1m1!1s0x47724c21d49dea99:0xa41e23babdf265e2!2m2!1d14.82513!2d48.17887!1m10!1m1!1s0x47724de212266a85:0x40097572de64e70!2m2!1d14.8601933!2d48.2282185!3m4!1m2!1d14.8690165!2d48.2265651!3s0x47724e1bae4c02f1:0xd3bf5a96a5d2b5fb!1m10!1m1!1s0x4772430d661560d5:0x572d0f181cda45be!2m2!1d15.0820859!2d48.1764209!3m4!1m2!1d15.1053662!2d48.183553!3s0x47724318b2f0b859:0x26f5c19600a45df3!1m5!1m1!1s0x47725d08918a0ab1:0x40097572de63020!2m2!1d15.1593825!2d48.2271479!1m5!1m1!1s0x47726763746f528b:0xc2da7f54c1bc9a46!2m2!1d15.20429!2d48.24248!1m5!1m1!1s0x477266c07c4d1a69:0x8ef3fd189681e63!2m2!1d15.2838015!2d48.243656!1m5!1m1!1s0x47726411facf2c6b:0x347383920200cc48!2m2!1d15.3368208!2d48.240715!1m5!1m1!1s0x47726411facf2c6b:0x347383920200cc48!2m2!1d15.3368208!2d48.240715!3e1

 

今日の行程は、ドナウ川サイクリングのハイライト!! アルタガ―からグライン、イプスを通って、標高差300mのヒルクライムでマリア・タファール協会からの大展望。丘陵地帯を走ってふたたびドナウ川沿いのエンマーズドルフまでの65キロのサイクリングです。

 

 

 

スタート直後の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=rNivk--jLxQ

 

 

 

鏡のようなドナウ川をすすむ様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=S5Ysd6uctEo

 

 

 

 

グラインのお城がドナウ川の川面に写って美しい

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸の小さな町にも立派な教会が美しい

 

 

イプスの町の手前で、アメリカからきたサイクルキャンパーとひと時を過ごしました。

 

 

 

ドナウ川の右岸の小さな町イプス

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=s6Tr9c1gM1Q

 

      

 

     

イプスの町には小さいけれど素敵な教会がありました。

また、自転車博物館には、オーストリアを中心としたアンティーク自転車が

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=oR0LoUWqpg4

 

 

 

        

ダルマ自転車には乗ることもできました。

 

 

 

 

秋なのに、菜の花の畑もありました。

 

 

マリア・タファールへの登り口マールバッハでもぐもぐタイム

 

     

20%を超える急坂を登てマリア・タファールに到着

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LEJyuoblLQY

 

 

巡礼教会内部の様子

https://www.youtube.com/watch?v=lioAD1DEkO0

 

 

 

ドナウ渓谷大展望は少し曇ってましたが十分楽しめました。

 

 

ランチはホテルローズの大展望テラスでいただきましt。

 

 

 

 

 

ダウンヒルの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=v6TBkdAuP7g

 

 

 

ダウンヒルの途中にはお城の博物館と協会に立ち寄りました。

エンマーズドルフにもうすぐ到着

https://www.youtube.com/watch?v=l0pKr9N_TW8

 

 

 

 

エンマーズドルフのホテルDonauhohはドナウ川沿いに立つ小さなホテル

少し上流にメルク修道院が見えました。ここで2連泊。

 

 

 その4に続きます


                      

 


新型コロナ感染拡大予防に基づくツアーキャンセルのお知らせ

6月7日(日)に予定をいたしておりました
「奥琵琶湖の真珠余呉湖と海津大崎、メタセコイア並木を巡る日帰りサイクリング」は
県境をまたいでの移動自粛要請の為、ツアーキャンセルとさせていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
 


  

日程変更しました。

 


 

 

 


 

 


  

 


 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

  


  

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内