旅の記録(ブログ) - 最新エントリー

 

ニュージーランドサイクリングツアー

2017年11月11日〜18日

ツアーレポート

その3

 

サイクリング3日目は、マタマタからロトルアまで約40キロを走りました。

 

 

 

マタマタのモーテルからすぐそばのカフェでお朝ごはん。

そばには、マタマタの観光案内所があります。

 

 

 

ここから、サポートバスに乗って、交通量が少ないマタマタ郊外のカラピロに移動

 

 

 

何でもない、道端の少し広くなったところからサイクリング開始です。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの牧場の中の道をのんびりサイクリング

牛さんや馬さん、羊さんがいっぱいいました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=B0CwEh7Ifs8

 

     

 

 

 

 

 

空は広く、緑の牧場が広いので、平らに見えるのですが、実はなかなかの坂道

頂上で一息入れて、バナナやスナックを補給。

 

 

 

登れば、長い下りが待っています。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=28xp5GjCxO0

 

 

北国特有のポプラの大木があるかと思うと、椰子の木が生えているという不思議な植生です。

 

 

 

下ったところで、隊列を整え、またまた小休止。田舎はなかなかトイレがないので

トイレのあるところでは、見逃さず休憩

 

 

 

 

 

Stateighway No.1 を避けて田舎道を走りました。

 

 

 

 

 

 

 

ロードバイクにも、リアキャリアをつけて、田舎道ロングライド仕様です。

 

 

 

 

 

クロスバイクは700×32C、アシストバイクは26インチでサムソンのモーターユニット

電動アシストはなかなか強力でのぼりもラクラクです。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LxXz15fv6UE

 

 

 

 

 

アシスト組とノーマル組のスピードが登り、下り、平地で大きく違うので、先導するのが難しく

なかなか苦労します。

昨日までは、現地スタッフ3名でしたが、社長さんはオークランドに帰って今日から実走先導はなし

皆さんの道案内と、ペース配分は私がコントロールです。

 

 

 

最後の登り区間になって、雨が降ってきました。

 

 

 

緑に囲まれた狭い谷を登り続けます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=5WeWIa8ZAIg

 

 

 

 

峠に到着。到着と同時に雨が本格的に振り出しましたが、峠のカフェに逃げ込みました。

 

 

 

 

 

 

 

峠のカフェが今日のサイクリングのゴールです。この頃には雨も本降り。

気温も急激に下がって、カフェには薪ストーブがありました。

ペットのロバさんに手をかまれたSさんでした。

ここからはサポートバスに乗車して、Stateighway 5でロトルアに向かいます。

 

 

ロトルアのホテルは、フランス系の豪華ホテル ノボテルです。

湖のすぐ近く、レストラン街に面しています。

残念ながら、到着後の天気はイマイチだったので、下見の写真でロトルアこの絶景ご覧ください。

 

 

 

 

 

午後は、ロトルアの街での自由行動

ホテルでお休みの方は除いてPolynesian Spaへ温泉に入りに行きました。

 

 

歩いてポリネシアンスパに向かいましたが、途中ガバメント・ガーデンでパチリ

 

 

 

ガーデンの中には、ロトルアの温泉の源泉もありました。

一面の湯気につつまれて、硫黄の匂いが立ち込めます。

 

      

 

ロトルアは、別府の姉妹都市。泥地獄もありました。

 

  

 

ポリネシアンスパの中の様子は、写真が取れなかったのでサイトから転載です。

水着をつけて、男女とも一緒に楽しみました。

 

 

 

お約束の湯上りのビール

ホテルに帰って一休みした後、夕食は、マオリの伝統文化を展示するテ・プイア文化センターを訪れました

 

 

現地の日本語ガイドさんをお願いして、マオリの夕食と伝統音楽と踊りのショーを楽しみました。

 

 

 

マオリの伝統料理、ハンギは蒸し焼き料理です。

地中に掘った穴に焼いた石を入れて、おイモや鶏肉を蒸し焼きにします。

 

     

 

まずは、伝統衣装を着たマオリがお出迎え

 

 

 

素晴らしい歌と踊りのショーを楽しみました。

オールブラックスで有名な踊りハカや伝統民謡ワイアタが素晴らしかった!

 

 

 

舞台に上がって、踊りの体験もしました。

 

 

 

 

 

ハンギ料理をおなかいっぱいいただきました。

 

     

 

食事の後は、テ・ファカレワレワ・サーマル・バレー園内にある、世界最大ポフツ間欠泉も見に行きました。

 

 

 

最後の仕上げに、ホテルに帰ってから、町でウイスキー

早目に切り上げて、明日のサイクリングに備えました。

 

その4に続く


                      

 

ニュージーランドサイクリングツアー

2017年11月11日〜18日

ツアーレポート

その2

 

 

ニュージーランドサイクリング2日目は、テームズの宿からサポートバスで郊外まで出て、マタマタまでのコース。

昨夜は、夜なかに豪雨が降ったので、ちょっと天気が心配でした。

 

 

 

まずは、モーテルからバスで移動してテームズの街のカフェで朝食

 

 

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wvkrSrDQBic

 

テームズ郊外の公園からサイクリングはスタート。今日のインストラクターはエマさんに交代です。

エマさんは生物学の博士号を持ち、サイクリストとしてもピカイチの剛脚。

ただ、ニュージーランドなまりがきつくて、何を言っているかをよく考えないと判りません。

 

 

 

 

 

エマさんは最初スタートをTe Arohaとする予定をされていましたが、下見の折に気に入っていた

テームズ郊外からのコースを走るようにお願いして、予定を少し変更。

天気も心配だったので、晴れている午前中に距離を走ることにしました。

 

 

 

もくろみは的中でいい天気に恵まれて、まっすぐな道を快調に飛ばします。

ただエマさんは、どんどんスピードを上げ気づけば30キロオーバー!!

のんびり、景色を味わいたい我々にはちょっとオーバーペース。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=gGbiAcIRs_4

 

 

 

 

快調に飛ばし続けましたが、お約束のAさんのパンク

 

 

 

サポートカーを呼んで、先に行った残りの皆さんを100キロで追いかけました。

 

 

 

 

 

木陰で休憩して、長く伸びた隊列を整え、Aさんが追いつくのを待ちました。

 

 

 

 

 

アンティークショップが集まる小さな町パエロアで小休止。

Kさんが20年前のニュージーランドドルのお札を今の使えるお札に銀行で交換する間少し休憩

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=4kqWLBf2BoI

 

 

 

 

 

絶景の中を走って、昼食場所のTe Arohaに到着。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=WkMXBviyJRA

 

この町は、温泉保養の街で公園に温泉施設や温水プール、足湯もありました。

 

 

 

   

 

 

ゲートボール場の芝生でランチ

 

 

 

ランチの後は、足湯でちょっとまったり

 

 

 

ツルツルになりました。

 

 

そうこうしていると、急に空が真っ黒になり、気温が一気に下がり、雷鳴がとどろきました。

エマさんは走ろうといったのですが、慌てて撤収!!!ここでサポートカーに乗車。

走行距離は40キロほどでした。乗ったとたんに、雨が降り出しました。

 

 

 

 

 

雨はすぐ止んだのですが、気温は低いまま。

車窓からこんな景色を見ながら、今日の宿マタマタまでサポートカーで移動しました。

 

 

 

 

 

 

マタマタは町の中のモーテルBroadway Motelに宿泊。

小さな町の小さなモーテルです。向いはインド人がやっているスーパー

お庭にはバラやかわいい草花がさき、プールやスパ(じゃグジ)もありました。

 

早く着いたので、街中を散歩し、スーパーでビールを買って、のんびりした午後を過ごしました。

 

 

 

 

ロードオブリングやホビットのロケ地ですが、あまりたいしたことない感じでした。

 

 

 

    

 

 

 

夕食は驚くほどの量のエビのカクテルやボリューム満点のステーキ。肉厚のサーモンので満腹。

お味も最高で満足して、眠りにつきました。

 


                      

 

ニュージーランドサイクリングツアー

2017年11月11日〜18日

ツアーレポート

その1

 

今回初めて南半球へのサイクリングツアー

初夏のニュージーランドの大自然を切り裂いて走り抜けてきました。

 

まずは関西空港に集合して、チャイナエアーでオークランドに向かいます。

 

 

 

 

 

成田経由のニュージーランドエアーを選ばず、台北経由のチャイナエアーを選択しましたが、なんと

機材繰りの為、台北からオークランドへの便が欠航。

関空から台北へ行って、シドニーでニュージーランドエアーに乗り換えて、オークランドへ。

長時間の経由便になってしまいましたが、交渉の結果往復台北ではラウンジを使えることになりました。

 

 

 

台北のラウンジで一休み

 

 

 

 

 

くたくたになって、オークランド到着。チャーターバスで市内中心のホテルに

 

 

 

 

 

ホテルは、4つ星のCity Life Hotel まさに町のど真ん中。Queen Street

 

 

 

無駄に豪華だったかも・・・

 

    

朝のお散歩は、オークランドの中心街を

 

 

 

 

 

 

現地のサイクリングガイドをお願いした、Pedal Tour のミニバス2台に分乗して40分のドライブ

Clevedonというオークランド郊外の小さい町からスタート。

今回は全員レンタルをお願いしましたので、フィッテイングとペダル交換などちょっと時間がかかりました。

 

 

 

 

スタート前に集合写真。Pedal Tourのジャージを着て出発です。

Pedal Tourのスタッフは、社長のUziさんとガイドのEmmaさん、Heatherさんの3人です。

1日目はUziさんとEmmaさんがドライバー、Heather」さんがガイドです。

 

 

 

スタートの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=0qqNBj9u7FY

 

 

 

草原の中を切り裂いて、カラカワ湾にまず向かいます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=sgmkgVroQ24

 

 

 

小さな峠を越えると、一気に遠浅の海岸までのダウンヒル

 

海岸線はこんな感じ

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=baCpuh9iUaU

 

 

 

 

 

カラカワベイの海岸線を離れて、小さな峠(150m)に向かいます。

 

 

 

牛さんの牧場を越えて、もう一度下ります。

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=8AJ_uMJQFUg

 

 

 

 

 

テームズ湾沿いの海岸線を走ります。

 

 

 

 

 

テームズ湾の向こうにコロマンダル山脈をのぞむピクニックエリアでランチ

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

美味しい手作りのランチに大満足でした。

 

 

 

     

 

 

 

昼食場所を出ると、左は海岸線、右にはエニシダの黄色い花畑とブラックスワンの池が広がります。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=GBXgDAcGysQ

 

 

海鳥のサンクチュアリーでもある大きな干潟の前で記念撮影

 

 

 

小さな橋を渡ったところが、ミランダの村

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LmQamXg1jUE&t=17s

 

 

 

ここで今日のサイクリングは終了。

ここからは、交通量が増えテームズの街に入るので、サポートバスで移動。

 

 

 

今夜の宿、テームズ郊外のCoastal Moter Loadge に到着

 

 

 

こんな感じの可愛いいロッジ。ロッジの前は、テームズ湾の海が広がってます。

 

 

夕食は、テームズの町までバスで移動してビアーレストランで夕食

 

 

 

 

 

ローカルビアーで乾杯の後、ラムをいただきました。

これが絶品のうまさ!!さすが本場でした。

 

 

 

 

夜中に、ロッジの屋根をたたく豪雨が・・・・

 

明日に続く。


                      

 

冬の日帰りグルメサイクリング

日生、赤穂、相生の牡蠣海道サイクリング

2017年12月3日(日)

ツアーレポート

 

 

冬の味覚の王者、牡蠣!!集合場所から、自転車も一緒にラクラク移動とインストラクターの先導とバス伴走で

安心安全のサイクリングサポート岡山日生で伝説となったB級グルメ、カキオコのお昼ごはん(自由食)の後、冬でも暖かい瀬戸内沿いの播磨シーサイドロードを追い風背に受けてのサイクリング。

赤穂浪士ゆかりの赤穂城大石神社に立ち寄り、ブランド牡蠣「坂越」しおさい市場でお買い物。

ゴールは相生とれとれ市場で牡蠣だけでなく豊富な海の幸でバーベキュー

 

まずは、奈良出発。6:30に奈良観光バスの車庫に集合して、出発です。

 

 

 

天王寺、梅田でも自転車を積み込んで、お乗込みいただき、山陽自動車道三木SAで休憩

 

 

 

天気も最高で、いわゆる小春日和でした。

 

 

 

日生の五味の市に到着して、自転車でカキオコを食べに行きます。

 

 

 

日生の街中の「まるみ」さんで、いつもの絶品カキオコをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

五味の市で再集合して、サイクリング開始は12時

 

動画でスタートの様子をどうぞ

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=tqZqEmXmPS0

 

 

 

ちょこっと国道を走った後、日生運動公園を右に曲がって、日生マリーナ方面へ

 

 

 

 

 

海岸線の道は車の通らない快適ロード。

 

 

 

 

東は、赤穂の街、南は海を隔てて家島群島がきれいに見えました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=JSP0jkRA8tk

 

https://www.youtube.com/watch?v=IqoYE8pNqho

 

 

 

 

 

  

 

備前福河駅からはまた国道を走って、赤穂市内に向かいます。

 

  

 

赤穂城跡の隣には、赤穂浪士の大石内蔵助をお祭りした、大石神社があります。

 

 

 

   

 

大石神社を出て、赤穂城跡の中を通って赤穂の街の中を走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=p1yReRZ6myM

 

 

 

千種川は赤穂湾にそそぎ、坂越の牡蠣を育てるミネラルを運んでいます。

千種川沿いの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Bo8K_I4ueaM

 

 

 

坂越の街を越えて、坂越ししおさい市場に到着します。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=X4nc2uxff10

 

 

 

しおさい市場はお客さんでいっぱい

 

   

 

皆さんむき身の牡蠣や殻付の牡蠣をお買い上げ。

バスに積み込みました。

 

坂越とれとれ市場を出て、相生に向かいます。

https://www.youtube.com/watch?v=mMwWkk-LHpQ

 

 

 

相生湾に面した発電所とIHIの工場を通って、白龍城を通り過ぎ、ゴールの相生とれとれ市場に到着

スタッフが、自転車をバスに積み込む間に、海鮮バーベキューを楽しんでいただきました。

 

 

 

 

 

 

とれとれのシャコの動画をどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=ufXqOYS2FMY

 

牡蠣尽くしのグルメサイクリングツアーは完了し、バスに乗車して、出発した梅田、天王寺、奈良に帰りました。

クリスマスのデコレーションをされた御堂筋は、とってもきれいでした。

 

 

 

また来年もサイクリングツアーズジャパンをよろしくお願いいたします。


                      

 

北陸本線、京福電鉄廃線跡と越前しおかぜラインと永平寺を巡るサイクリング

2018年5月12,13日(土日)催行予定

下見レポート

 

 

北陸トンネルができる前は今庄と敦賀の間は、山の中を北陸本線が走っていました。

その廃線の跡を走って、越前海岸までのダウンヒルを楽しみ、しおかぜラインで日本海の海岸美を楽しみ

厨温泉に宿して海の幸を楽しみます。

2日目は、越前岬や呼鳥門といった岩壁を通りぬけて、三国まで海岸を走った後、

九頭竜川に作られた、永平寺福井サイクリングロードで永平寺に向かいます。

京福電鉄永平寺口駅からは、またまた廃線跡をつい最近整備された永平寺参ロードで永平寺へ

参拝のあと帰路につきます・

 

 

 

サイクリングのスタートの今庄はそばの里

ここまでは、奈良、天王寺、梅田に集合していただき、自転車も同時搬送で貸切バスの旅。

スタッフが、自転車の用意をする間に皆様はお食事をしていただきます。

 

まずは、越前そばを食べないと始まりません。越前と言えばおろしそばです。

お食事の後は、インストラクターの先導でサイクリングスタート

 

今庄は北国街道の宿場町。その昔参勤交代の折、福井藩は早朝に福井を出発し

この今庄で最初の宿を取りました。

この古い街並みの中をゆっくりのんびり走ります。

 

 

 

 

 

今もそのころの名残を残す古い町並みを見ることができます。

 

 

 

宿場町の入り口には北陸街道と北国街道の道しるべが残っています。

北国街道は伊勢や江戸へ、北陸街道は敦賀、若狭に向かいます。

 

    

 

街を出ると、一面の白い花が咲き誇る、そば畑に出会いました。

 

 

 

ここはもう、旧北陸本線の廃線跡

当時は、今庄駅でもう1台の機関車を増結し、急坂の難所山中越に向かいました。

廃線跡の区間は、サポートのバスが入れません。インストラクターがお世話をします。

 

 

 

大桐駅や山中信号所の遺構が残っています。

山中信号所は、スイッチバックの線路を前後入れ替えながら急坂を登る

列車扱いをした遺構です。

 

 

 

右の写真の山中隧道の左にあるのが、スイッチバックの線路跡です。

ここの標高が279mここから、廃線跡をダウンヒルです。

 

 

 

 

 

山中隧道は1194mの直線のトンネルで、入口からはるか向こうの出口が見ることができます。

対向車が来ても、見えるので狭いトンネルで中での離合が出来ませんが、信号はありません。

トンネルの内壁は明治29年(1896年)建設当時のまま、レンガ積みの見事な壁です。

ここを、下っていきます。

 

    

 

左の写真は、山中隧道の出口。右は伊良谷隧道(467m)の入り口です。

伊良谷隧道は曲がっているので、交互信号があります。

 

 

 

トンネルを抜けると、右手に敦賀湾の美しい景色が眺められます。

 

 

 

       

 

芦谷隧道(223m)、曲谷隧道(260m)、第2観音寺隧道(310m)、第1観音寺隧道(82m)

と4つのトンネルを抜けていきます。

 

 

 

トンネルの間の線路跡からは、美しい日本海が眺められます。

YoutubeにアップされたReil工房天都さんの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=rGdHC467QVI

 

杉津(すいづ)駅跡の北陸道杉津PAからは、廃線跡を離れて山道を下るともうそこは、

越前しおかぜラインです。

 

 

 

  

 

廃線跡の山道とは好対照の海に延びる道を走ります。

この区間では、サポートバスが並走して走りますので途中リタイアもOKです。

 

 

 

北前船船主の館も沿道にはあります。

 

    

切り立った崖から流れ落ちる滝はすぐ海へと流れ落ちます

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=mLbqTaEl5W0

1日目の行程はここまで、約50キロのサイクリングで越前海岸に宿を取ります。

 

 

 

翌日は、宿を出て越前岬や呼鳥門など日本海に突き出した、断崖を眺めながら

シーサイドサイクリングです。

2日目のコースは、インストラクターの先導はもちろん、ずっと最終までサポートバスが並走します。

 

 

鉾島という柱状節理の見事な島で休憩

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=F-akHw6R1JA

 

 

お昼ごはんは、三国あたりで日本海の海の幸をいただく予定です。

ここからは、日本海とお別れして、九頭竜川をさかのぼります。

 

 

 

九頭竜川沿いに整備された、永平寺福井自転車道を走ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=0HNN3MQW_V0

 

自転車道は、京福電鉄永平寺口駅が終点です。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=wZXMzsbbnFM

 

 

 

この永平寺口駅は「男はつらいよ第9作柴又慕情」のロケ地で、

渥美清とマドンナ吉永小百合が分かれるシーンが撮影されました。

 

     

 

永平寺口駅から永平寺までの区間は、すでに廃線となっています。

そこに整備中なのが、永平寺参ロード

7キロほどが2017年中には整備が完了します。

 

まずは、永平寺口駅からの部分を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=fKNHj5LFjjQ

 

まだ整備が完了していませんが、永平寺への到着部分です。

https://www.youtube.com/watch?v=PRjPJ60n-Uk

 

  

 

ゴールは道元が開いた禅寺 永平寺です。

せっかくですから、お参りしてくださいね。お土産は、胡麻豆腐、越前そばで決まりです。

 

ちょっとマニアックな、廃線と日本海の海岸線、禅寺永平寺を巡るサイクリング

もちろん、サイクリングツアーズジャパンが選ぶグルメスポットも

ふんだんに織り込んだ、安心安全で至れり尽くせりのツアーにご参加ください。

 


 

 


                      

 催行決定しました!お申し込みはお早めに!

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内