旅の記録(ブログ) - suginoさんのエントリ

 

「美しき青きドナウ」を五感で感じるサイクリングツアー

2019年9月19日(木)〜28日(土) 10日間

ツアーレポート

その1

 

ヨハン・シトラウス 鏡い量抄福◆嵌しき青きドナウ」に描かれたとおり雄大で、清らかなドナウ川。秋の訪れを告げる爽やかな風は耳もとにワルツの調べを届けてくれ、もう少しで収穫の時期を迎えようとするブドウ畑からは、甘酸っぱい香りが漂ってきます。滔々と流れる川面には、古城の美しい姿が映し出され、これらすべてに包み込まれながらの自転車旅が味わっていただけます。歴史に彩られた数々の中世の古城や教会は一つひとつが、ハプスブルグ家をはじめとするこの地を治めた名家の権威と伝統を物語ってくれ、中央ヨーロッパの気高く凛として研ぎ澄まされた空気は忘れ得ぬ感動をもたらせてくれます。時速20キロの五感すべてで感じる、この旅でしか味わえない感動です。

旅のもう一つの楽しみ食事とワインそしてスイーツ、極上の音色届けてくれるコンサートホールやオペラハウスは、旅の終わりにオーストリアの都、ウイーンで存分に楽しんでいただけます。

歴史と自然、お料理とワイン、スイーツと極上の音楽。そして自らの足でのサイクリング。この地の魅力をすべて味わう、贅沢でこの上なくたのしいサイクリングツアーです。

 

9月19日(木) 1日目

7:30に関西空港にツアーメンバー10名が集合。ルフトハンザ航空のミュンヘン直行便(LH743)に9:30に搭乗して、11時間50分の空の旅。ミュンヘンには、14:20に到着しました。

 

 

 

空港で現地サイクリングガイドのOBER Travelのウルフさんがお出迎え。

彼は、日本に3年間滞在して、日本の会社に勤務経験があり日本語はペラペラ

専用バスに乗って早速、ミュンヘン市内のホテルMetropolに向かいます。

 

 

 

 

ミュンヘン市内は自転車にやさしい自転車レーンが完備しています。

 

 

まずは、ホテルにチェックインして荷物を置いて市内中心部へ

     

 

マリエン広場を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=iivcad3GwRI

 

 

 

 

 

夕食は、ミュンヘンの有名ビヤホールホーフブロイハウスへ

 

     

 

  

 

 

 

ホーフブロイハウスの食事の様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=BEvdiq4cKTM

 

9月20日(金) 2日目

ホテルを出て、旧市街の中心地マリエン広場へ、ウルフさんの案内でウォーキングツアーの後、バスに乗ってドイツ-オーストリア国境の町、パッサウに向かいます。ドナウ川

 

     

 

 

 

     

 

パッサウはドナウ川観光の起点。

川向こうの丘の上には、古城オベアハウス、川港には、ドナウ川観光の船や、スイス、ドイツ、オーストリア、スロベキアなどを巡って黒海を巡るホテルボートが停泊しています。

 

 

 

昼食は、パッサウの街中、ドナウ川を見下ろすカフェでランチ

 

 

 

 

 

左は、今日のホテル、パッサウのHotel Passauer Wolf、右は ステファン寺院

     

 

近くのBikeレンタルでツアー中使用する自転車を受け取りました。

 

 

E-Bikeは内装8段付、クロスバイクはいわゆるトレッキングバイクと呼ばれるもので、Rohloffの内装12段またはShimanoの内装8段付、ロードはアルミフレーム

どの自転車もブレーキレバーは、ヨーロッパ式で右手が後ブレーキ、左手が前ブレーキ

 

ガイドのウルフさんはE-bikeとノーマル混成のツアーは初めてという事で、

ノーマルを前、E-bikeを後ろの車列でやってみることにしました。

 

 

 

 

まずは試し乗りで、対岸のオベアハウスの激坂にチャレンジ。

E-Bikeはラクラクでしたが、ロード、クロスは撃沈!!

その上、オベアハウスはこの日イベントで入ることができませんでした。

ホテルにいったん戻って、夕食へ

     

 

 

 

 

 

店内で地ビールの醸造をしているレストランでプリッツェルとシチューをいただきました。

ビールに合う味付けでちょっとしょっぱいのが、オーストリア風

 

 

 

 

 

     

 

9月21日(土) 3日目

この日の予定は、パッサウから自転車と一緒にリバーボートに乗って、シュレゲンに向かい、ここからリンツまで65キロのサイクリング。

     

 

  

左が、サポートカーです。サイクリング中の手荷物を積んで、休憩場所でランデブー補給食を出してくれます。

右は、ホテルの前でサイクリングスタートの準備中

 

ホテルから港へは自転車で向かいます。

https://www.youtube.com/watch?v=nmfV3u1rpG4

 

乗船前に記念撮影

船の中はこんな感じ

https://www.youtube.com/watch?v=3B7D7nidbEg

 

 

 

     

 

 

 

途中の港あたり

https://www.youtube.com/watch?v=fxjWGAwyqkQ

 

     

ところどころに川をせき止めた水力発電所があり、船は閘門を通ります。

 

 

      

こんな美しい河岸を眺めながらくだります。右は船内の自転車。

 

シュレンゲン到着して、陸路で先回りしたサポートカーと合流。いよいよサイクリング開始

https://www.youtube.com/watch?v=OMKkwaY91zk

 

 

 

スタートの様子

https://www.youtube.com/watch?v=-OwXlQrz3v0

 

 

ドナウ川右岸を走って時々休憩

 

 

 

 

       

 

Ashackの町の河岸レストランでランチ

https://www.youtube.com/watch?v=pW-un-n6rqA

 

 

 

 

右がマイクさん、オーストリアのジャージがお似合い

        

 

ランチのカフェはサイクリストがいっぱいです。サイクリング中は地ビールではなく、ノンアルコール地ビール

この日の午後と明日ガイドしてくれるマイクさんも合流

 

     

 

サイクリング中の様子

https://www.youtube.com/watch?v=ZJb-EFkYuOo

 

 

 

 

Wilheringの教会では、何かイベント中で仲は見られませんでした。

 

 

 

 

川の向こうに古城が見える絶景ポイントで記念撮影

 

ヴェルフィリングの教会到着

https://www.youtube.com/watch?v=y_ZnPViM-cI

 

      

結婚式をされていたのは、セレブ風の美男美女カップル

写真を撮りたかったのですが、ちょっと遠慮してしまいました。

渡船に到着

https://www.youtube.com/watch?v=9nN5rCLHPK8

 

     

川を渡る渡船は川の流れを利用してヨットのように進むボートです。

 

リンツ到着

https://www.youtube.com/watch?v=NO02IaGFK1k

 

 

リンツの町はオーバーエスターライヒ州の州都、20万人が住むオーストリア第3の大きな町です。

到着が遅くなってしまい、あまり観光は出来ませんでした。

 

車列は、ノーマル前E-bike後よりも、逆の方が追突の危険を回避できるのでそちらで行くことにしました。

      

 

 

 

 

 

夕食は、古い歴史ある建物を改装した素敵なレストラン。

トマトベースのリゾットの上に白身魚のムニュエル、ビールと白ワインで楽しみました。

 

その2に続く


                      

 

太平洋を走る!室戸岬とモネの庭サイクリング

下見レポート

 

2020年のサイクリングツアーで四国高知を考えています。

 

 

高知県の紀伊水道側、宍喰温泉から室戸岬まで走って、モネの自宅を再現した、モネの庭マルモッタンを訪れる

太平洋を走るサイクリングの下見に行ってきました。

 

 

 

スタートは、紀伊水道に面した太平洋岸。徳島県から高知県に入ってすぐの宍喰温泉

太平洋の陽光に水面が美しい海岸です。

 

 

 

スタートして、左手に太平洋を眺めながらの気持ちいいサイクリング開始です。

 

 

 

トンネルを一つ越えると、東洋町です。

走っていると、行きかうサーファーの方々とお遍路さんの対比がおもしろい。

 

 

 

素晴らしい海岸線サイクリングの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=sLl66vLXTsY

 

 

 

ジオパークに指定された海岸にはこんな感じの奇岩が時々現れます。

これは夫婦岩

 

 

海岸線は、美しい姿ですが、太平洋の荒波を止める防波堤が結構高いので少し邪魔です。

 

    

ジオパークのジオカフェには、炭を練り込んだインパクト抜群のソフトクリームが待っています。

またこのあたりは、海洋深層水の工場もたくさんありました。

むろと廃校水族館には、水泳プールにウミガメやサメが泳いでいました。(写真撮りませんでした。)

 

     

 

室戸岬の手前には青年大師像が立っています。

 

 

1日目の宿泊は、この室戸岬エリアを考えています。

 

 

室戸岬の海岸線を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=rZym5lw3Rww

 

    

 

御蔵洞は弘法大師が修行をした洞窟。洞窟の闇からは太平洋が見えます。

 

 

 

ここが、室戸岬月見が浜と言って、岬の先っちょ

 

    

 

動画で先っちょをサイクリングの様子を

https://www.youtube.com/watch?v=9StXqi4vIPw

 

 

 

 

 

室戸岬の灯台は、海岸線からきつい登りを登った山の上にあります。

ツアーでは、1日目のホテル到着後、夕日の頃にバスで行ってみようかと思っています。

 

灯台を動画で

https://www.youtube.com/watch?v=B3IlMq2ymTc

 

 

 

灯台のすぐ手前には、お遍路さんの最御崎寺がありました。

下見で行った時にも、カナダから来られたという方が遍路姿でお参りされていました。

お寺の様子を動画で

https://www.youtube.com/watch?v=49rbvqufK-s

 

2日目は、この室戸岬のホテルから出発。

高知市方面に向かって土佐湾沿いに走ります。

出発してすぐに、海の駅とろむがあり室戸ドルフィンセンターがありホエールウォッチングも

楽しめます。ただ、ツアーでは開館時間前に通過なので・・・

 

 

 

土佐湾では、昔から伝統的なクジラ漁が盛んでした。

その古式捕鯨をデジタル技術でよみがえらせたホエールミュージアムが道の駅キラメッセにあります。

 

 

 

下見では、ちょうどお昼時間だったので、食遊 鯨の郷でカツオのたたきをいただきました。

やっぱり本場物は違います。お塩でいただくのが一番でした。

 

 

 

少し行くと、吉良川の古い街並みがありました。

漆喰の白壁に水切り瓦という独特の小屋根が付いた民家が並んでいます。

 


 

 

 

水切り瓦

 

 

 

さらに海岸線を走ると、奈半利の町に入り、ここから海岸線と別れて、内陸をすすむと

睡蓮の絵で有名なクロード・モネの庭を再現したモネの庭マルモッタンに到着。

    

 

フランスノルマンディーにあるオリジナルのモネの庭のイメージそのままの美しいお庭です。

 

 

 

 

モネの睡蓮に描かれるブルーの睡蓮が咲いています。

 

 

 

お食事は、お庭を眺めながらランチをいただき予定です。

この「モネの庭」の支配人は私の同級生です。

きっと、ツアーではいろいろな話を聞かせてくれると思います。

サイクリングはここで終了、ここからはバスに乗車して、出発ちへ帰ります。

交通の便が悪くて、行きたくてもなかなか行けない絶好のシーサイドサイクリングツアーを楽しんでください。


                      

 

蒼い海に浮かぶ白亜の白崎海岸と春を感じるいちご狩りサイクリング

2020年3月1日(日)催行予定

下見レポート

 

2020年のサイクリングスタートは、蒼い海にこつ然と現れる白い岩壁和歌山白崎海岸。

黒潮が運んでくる春の兆しのそよ風の中、気持ちのいい海辺を走って、印南の農園でいちご狩りも楽しみます。

インスタ映え抜群の、印南かえる橋にも立ち寄って、春一番の日帰りサイクリング

その下見に行ってきました。

 

 

奈良大阪から自転車も一緒にバスで白崎海岸公園まで一気に移動して、サイクリング開始。

白崎海岸の景色を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=fx809a0alio

 

 

 

    

白崎海岸は、日本のエーゲ海と呼ばれる石灰岩の岩壁です。

 

サイクリングスタートの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=5f7wDBnzFiA

 

天気が良ければ、紀伊水道の向こうに徳島と淡路島が見えます。

 

 

海岸線にはみちしおの湯という入浴施設もありました。

 

 

 

産湯海岸は広々とした海水浴場。

 

 

 

 

 

 

産湯海岸のサイクリングの様子です。

https://www.youtube.com/watch?v=AIj8occVY68

 

   

 

デンマークの船の機関長が一命をかけて遭難者を助けた記念館がありました。

 

   

 

   

 

コースには含めませんが、日ノ岬の灯台は美しい姿を見せています。

アメリカ村は、ここから北米への移民が多かった村です。

 

 

 

煙樹ヶ浜海岸は太平洋に向かう広い砂浜です。

 

 

(イメージ)

御坊でいちご狩りを楽しみます。

 

   

 

印南駅には、おちゃめなカエルがいました。

 

 

 

駅近くには、インスタ映え抜群のかえる橋があります。

この写真は、印南駅のホーム上の橋から取りました。

サイクリングのゴールは、印南港のかつお節発祥の地のサインがある公園です。

 

春一番のサイクリングに是非ご一緒しましょう!!


                      

 

夏でも涼しい神鍋高原から竹野海岸と城崎を走る日帰りサイクリングツアー

2019年8月25日(日)

ツアーレポート

 

 

暑い都会を抜け出して、神鍋高原から日本海へのサイクリングに行ってきました。

 

 

奈良、天王寺、梅田で集合して、バスに自転車を積み込んで一緒に道の駅神鍋高原まで直行。

 

 

 

 

途中道の駅丹波まほろばでトイレ休憩。コウノトリのモニュメントがありました。

 

 

 

肌寒ささえ感じる、道の駅神鍋高原からスタート

なんとスタート直後にパンク

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=PByzW1Yv3lM

 

 

 

神鍋高原から竹野海岸を目指して、爽快ダウンヒルの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=rq3ImsGSgwQ

 

標高差400mを一気に駆け下って竹野海岸に到着

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=dJMB_H1nJ64

 

竹野海岸は、去りゆく夏に名残り惜し気に海水浴の方々がいっぱい

竹野海岸北前館、プディバ・ダイニング&リゾートで昼食をいただきました。

 

 

 

右手に竹野海岸海水浴場を見ながら午後のサイクリングスタート

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=4EUy-N9xTbc

 

 

 

よく晴れた青い空を映す日本海を左手に見て、ワンワンビーチへ

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=oNxENKOi6K0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本海沿いの海岸線は標高差100m程度の登りもありました。

動画でもどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=V8IPzGYp4XY

 

城崎マリーンワールドで日本海からは離れて、円山川沿いに城崎温泉へ

 

 

城崎温泉でサイクリングは終了。

皆さんには、外湯で汗を流していただいている間に、スタッフが自転車をバスに積み込み。

 

 

爽やかなサイクリングと温泉を楽しんだ素敵な一日でした。

 


                      

 

霧ヶ峰、諏訪、伊那谷を巡る日本アルプスパノラマサイクリング

2019年8月3日(土)〜4日(日)

ツアーレポート

真夏の信州への納涼サイクリング。標高1800mの霧ヶ峰から諏訪湖までのダウンヒルサイクリング。

霧ヶ峰からは、北アルプス、南アルプス、富士山も眺められ、大パノラマが楽しめるはずでしたが、

麓の上諏訪駅で現地集合の方がバスにお乗込みの時から、雷が鳴って大雨でした。

ただ、霧ヶ峰に向かって登っていくとだんだん天気が回復して、スタートの霧ヶ峰車山肩ニッコウキスゲの郷

では、晴れ間も出てきていました。

諏訪湖の周りに点在する、勇壮な御柱祭で有名な諏訪大社の上社前宮、本宮、下社秋宮、春宮を巡り、

諏訪湖の周りを走った後は、天竜川の流れに沿って、中央アルプスの峰々を眺めながら伊那谷を

のんびりと走って、信州そば発祥の伊那そばをいただいて帰路につきました。

では、ツアーのレポートを

 

関西からバスでまずは、上諏訪の駅まで直行。上諏訪駅で関東方面からの参加者の皆さんと合流。

さらにバスで、霧ヶ峰に向かいましたが、駅の手前から雷が鳴り、大雨に見舞われました。

ただ、うちのツアーのいつものパターンで、スタート地点の霧ヶ峰車山肩ニッコウキスゲの郷に着くころには、

雨も止んで。青空が顔をを見せてくれました。

 

 

 

ニッコウキスゲの郷では、満開のニッコウキスゲのお花畑を目指してたくさんの観光客が来られていました。

ごめんなさい。自転車の組み立てと出発準備で、お花畑の写真がありません。

 

  

 

そして、1800m地点から、サイクリングスタート!ビーナスラインをダウンヒル

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=hBWfoKpEVSs

 

スタートしてすぐ、霧ヶ峰富士見台に到着

富士山を遠くに眺めることができ、中央アルプス、南アルプスが望めるはずでしたが

残念ながら、それらは雲の中。八ヶ岳連峰だけは見ることができました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Tbh_06t_Syg

 

https://www.youtube.com/watch?v=dfe09zaRP2I

 

写真は、白樺湖を望む展望台

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=Es_RF4g3fJM

 

https://www.youtube.com/watch?v=A69nMybEXm8

 

 

白樺湖の周りを半周して、大門街道を下ります。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=I2HCdyXDcwY

 

 

 

 

大門街道を下る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=R9oaUGjBVXQ

 

 

 

 

 

八ヶ岳エコーラインをこの後走ったのですが、この区間尻押しで忙しく写真も動画もありません。

 

 

 

 

茅野市内では、諏訪大社前宮と諏訪大社上社本宮に立ち寄りました。

諏訪湖に着くともう夕日が湖に映える時刻となってしまいました。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=RlCUeaWGtPs

 

https://www.youtube.com/watch?v=zduNdnyQ-Hg

 

何とか日没前に、諏訪湖畔のRAKOホテル華乃井に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい夕食と、温泉を楽しんで明日に備えました。

ちなみに、私は3回入浴しました。

 

 

2日目は、ホテルを8:00にスタート

 

 

ホテルを出て、諏訪湖畔を反時計回りに上諏訪から下諏訪に走りました。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=eKafP8wDmws

 

 

 

 

諏訪神社下社秋宮に参拝。ここで環島からご参加の5名様が離脱され、諏訪湖の残り半分を走られるとのことでした。

残りの皆さんは、そのまま中山道を通って諏訪神社下社春宮に向かいます。

 

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=35QxgrWfB6s

 

    

 

 

    

     

春宮を出発して、再び諏訪湖畔に下ります。

 

 

 

諏訪湖畔のサイクリングロードで諏訪湖から唯一流れ出る天竜川に向かいます。

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=zVj5OuXd_tc&t=28s

 

天竜川沿いの南アルプス側の山麓を下る様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=LuNnCnRGUkI

 

 

ほたる童謡公園で一休み。軽トラ市で地元のお菓子や農産物を買うことができました。

 

 

伊那谷を横断して、今度は中央アルプス川の山麓へ

動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=nIUIisrPqCw

 

中央アルプス山麓ルートの様子を動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=HpR3uTc0CuE

 

   

 

伊那インター近くのコンビニにゴール

予定では、はびろ農業公園みはらしファームまで登る予定でしたが、日差しがきつすぎて灼熱の為

ちょっとだけショートカット

 

 

 

昼食は、みはらしファームの伊那そば名人亭で、信州そばのルーツをいただきました。

 

 

ここで、関西組はバスに乗り込んで帰路につき、関東組はここで離脱され、天竜峡に向かわれました。

天候にも恵まれ、2日間の山麓サイクリング満喫しました。


                      

 


 

 


 

 


  

 


  

 


 

奈良ならではのガイド付サイクリング
毎日催行、先着順で1グループのみ
お一人様 6500円(ガイド料)
(1グループ2名様以上6名様まで)
「奈良ならではのサイクリング」を奈良ならではのおもてなしでご案内するサイクリングツアーです。

 


自転車の事前集荷サービス 大阪京都ラクラクプラン



 


私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内