南仏プロヴァンスサイクリングツアー9日間
2018年9月25日

関西空港発着 ¥459,000〜589,000
 

  

 

 

なだらかな起伏の大地に太陽が降り注ぎ、温暖な気候と豊かな自然や食材に恵まれた南仏プロヴァンス地方。この地は、多くの芸術家達に愛された場所でもあります。青、黄色、緑の 大胆な色使い、独特な画法で知られるヴィンセント・ヴァン・ゴッホの描いた風景が広がり、 古代ローマ時代や中世の遺跡が点在し、芸術と歴史が息付く中をサイクリング。そして、世 界中から渡り鳥がやってくる、野鳥の楽園、カマルグ湿原地帯を駆け抜けます。プロヴァンスの太陽を浴びて育った野菜や果物、地中海で獲れた新鮮な魚介類にも舌鼓。魅力がぎっしり詰まったサイクリングツアーです。

 

 

日程

訪問地

スケジュール・ツアーのポイント・宿泊地

朝食

昼食

夕食

9/25

(火)

関西国際空港

フランクフルト空港

マルセイユ空港

マルセイユ

関西空港を出発して、空路マルセイユ空港へ

8:00関西空港第一ターミナル4階ルフトハンザ航空カウンター集合

10:05 関空発(LH 741)

15:00 フランクフルト空港着

16:30 フランクフルト空港発(LH1088)

18:00 マルセイユ空港到着 専用車にてフランス最大の港町、マルセイのホテルへ。

マルセイユ泊

9/26

(水)

マルセイユ

アルル

マルセイユと アルル観光

朝食後、旧港の魚市やロマネスク・ビザンチン様式のノートルダム・ド・ギャルド・バジリカ聖堂などを訪問し、専用車にてユネスコ世界遺産に登録され、古代ローマ時代、ロマネスク様式の遺跡や建造物が数多く残る、ゴッホが愛したアルルへ向かいます。

アルル泊

9/27

(木)

アルル

サント・マリー・ドゥ・ラ・メール

エグ・モルト

アルル〜サント・マリー・ドゥ・ラ・メール〜エグ・モルト(65 km)

アルルを後にし、カマルグ湿原地帯へ向かってサイクリング。 ここは、 野生の動植物が生息し、ヨーロッパで最も美しい、自 然の聖地ともいえる地域の一つ。 ピンクフラミンゴが飛来し、 白い馬や黒い牛が放牧され、塩田や水田が広がる豊かな自然景 観を眺めながらペダルを進め、サント・マリー・ドゥ・ラ・メ ールを経て、中世の街並みを残す城塞都市、エグ・モルトへ。

エグ・モルト泊

9/28

(金)

エグ・モルト

ニーム

エグ・モルト 〜 ニーム( 40 km )

交通量の少ない道を通り、ニームの旧市街地へ。芸術と歴史が薫り、フランスのローマと呼ばれていますが、古代ローマ時代の円形闘技場で、闘牛に熱狂する人々はスペインを彷彿させます。ニームは、織物産業の町としても知られ、ジーンズの生地デニム発祥の地でもあります。

ニーム泊 

9/29

(土)

ニーム ポン・デュ・ガール

ユゼス

ニーム 〜 ポン・デュ・ ガール 〜 ユゼス( 45 km )

ニームにて遺跡を巡り、古代ローマ時代の雰囲気にどっぷり浸かった後、世界遺産にも登録され、現存する最大級の水道橋ポン・デュ・ガールへペダルを進めます。巨大なローマの水道橋は美しく、圧巻です。その後、美しい町並みで有名なユゼスへ向かいます。

ユゼス 泊

9/30

(日)

ユゼス

アヴィニョン

ユゼス 〜 アヴィニョン ( 50 km )

青い空の下、緩やか丘陵地帯をサイクリングし、プロヴァンスの中心の町、かつて約1世紀に渡り、キリスト教のカトリックローマ教皇庁が置かれた、アヴィニョンへ。 1300年代に7人の法皇がこの地で実権を握りました。教皇庁宮殿やサン・ベネゼ橋をはじめとし、見所が多いアヴィニョンは、数多くの史跡が残っており、まるで街全体が野外博物館のようです。

アヴィニョン 泊

10/1

(月)

アヴィニョン サン・レミ・ド・プロヴァンス

レー・ボー・ ド・プロヴァンス

アルル

アヴィニョン〜 サン・レミ・ド・プロヴァンス〜レー・ボ ー・ド・プロヴァンス〜 アルル( 60 km )

「アヴィニョン捕囚」時代の栄華を伝える教皇庁宮殿を後に し、ゴッホの描いた風景に出会えるサン・レミ・ド・プロヴァ ンスへ向かいます。小さくて可愛らしいこの街には、ギリシャ や古代ローマ時代の遺跡が残り、ノストラダムスの出生地とし て知られています。レー・ボー・ド・プロヴァンスを経て、ア ルルへ戻ります。

アルル泊

10/2

(火)

アルル マルセイユ空港

フランクフル ト空港

帰国の途へ

7:30 専用車にてマルセイユ空港へ移動。(所要時間約1時間)

10:50 マルセイユ空港発(LH 1087)

12:30 フランクフルト空港着

13:45 フランクフルト発(LH 740)

10/3

(水)

大阪

7:45 関西国際空港到着

     

  

 

旅行条件
● 旅行日程:2018年9月25日(火)〜10月3日(水) 9日間
● 申込締切:2018年7月25日(水)
● 旅行代金:関西空港発着 ¥459,000〜589,000参加人数、為替レートにより変化します。関西以外からの出発は、ご相談ください。最少催行人数10名(うち企画料は100,000円)別途燃料サーチャージ等諸経費と為替差額の請求(返還)を後日差し上げます。
● 集合:9/25(火)  8:00関西空港第一ターミナル4F、ルフトハンザ航空カウンター前
● 宿泊は、2/3/4ツ星クラスのホテル、2名1室ツイン使用。コース設定の都合でホテルは田舎町です。ジャーマンツインという2つのベッドが一つの木枠におさめられたものや、ダブルのベッドとシングルのベッドという組み合わせになります。1名部屋ご希望の方は、ご相談ください。
● 食事は、旅行中すべての朝食と到着日以外の夕食(朝食8回、昼食1回、夕食6回 )がセットされます。昼食(9/26を除く)は、別途料金ですが現地日本人ガイドがご案内します。すべて現地日本人ガイドが厳選した日本人の口に合う食事です。
● サイクリング:1日40キロ〜65キロの余裕のあるコース設定です。ほとんどはアスファルト舗装路ですが一部未舗装路がありますが、ロードにて快走可能です。交通量の少ない走りやすい一般道とサイクリング道路です。総走行距離260辧標高差880m ● サポート:現地日本人サイクリングガイド同行、サポートカー同行、添乗員同行。至れり尽せりの快適な旅行と、安心のサイクリングサポート体制です。
● 手荷物:サイクリング中手荷物はサポートカーにお預かりしますので、手ぶらで身軽に楽しめます。
● 自転車:自転車を輪行される場合は、超過料金がかかる場合があります。また、航空機材の関係で事前にご連絡の上、お申込みください。(無料受託手荷物は23kg以内三辺の和158儖米1個、機内持込8kg以内1個)。3辺の和159儖幣紊23kg(自転車想定)をもう1個の場合の超過料金は片道€525かかりますので現地でレンタルバイクがおすすめです。
● 旅行代金に含まれるもの:宿泊料金(2/3/4ッ星7泊)、食費(朝食7回・昼食1回・夕食6回)、サポートカー代(運転手代、高速代、駐車場代等)、専用バス(マルセイユ空港〜マルセイユ、マルセイユ〜アルル、アルル〜マルセイユ空港)、現地日本人サイクルガイド費用、手配費用。関西空港⇔マルセイユ空港エコノミー往復航空券、添乗員費用。
● 旅行代金に含まれないもの:燃料サーチャージ、空港税他諸費用、旅行保険料、昼食費(9/26を除き昼食はガイドがご案内しますが、料金は各自負担)夕食時のお飲み物代、観光の際の入場料、宿泊税、旅行保険、個人的な諸費用、その他上記の「旅行代金に含まれるもの」に記載されていない費用。もの。
● 取消料は受注型企画旅行の規定によります。取消手数料が別途かかる場合があります。
● オプション:レンタルバイク電動32000円、ロードバイク37000円、クロス15000円、一人部屋 61,000円
● この旅行はCTJ倶楽部会員を対象とした団体旅行で、募集型企画旅行ではありません。 海外危険情報:外務省http://www.anzen.mofa.go.jp/  厚生労働省 http://www.forth.go.jp/

メールでのお問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える



私どもは自転車の楽しみ方をもっと知っていただくために、各種ツアーを企画しております。 ツアーのお申込みは各ツアー案内の予約申込みフォーム、予約申込書によるFAXまたは郵送、お電話、Eメールにて受け付けております。
お申込みからご出発までの流れはこちらから
電話:0774−72−3994    Eメール:info@cyclingtoursjapan.jp

 

 

ツアーに関するお客様のご意見・ご要望をお待ちしております。

★まったりうまい物食べに自転車旅行
★現地までの自転車の運搬、食事、宿泊がパックになって手間いらず
★あなたの自転車ライフをサポート

 サイクリング初心者の方からベテランのツーリストまで、
 自転車を一生の趣味として楽しんでいただくために、ツアーや講座を企画しています。

 「自転車は買ったがどうやって楽しめばいいのか?」
 「自転車でツーリングしたいがどうやって目的地まで運んだらいいのか?」
 そんな疑問に答えて楽しく自転車旅行を体験していただきます。

 「家の近所はほとんど走りきってしまったし、輪行してみたいけどどうしたらいいの?」
 「自転車の日頃のメンテナンスってどうすればいいの?」
 「サイクリングの途中でパンクしてしまったらどうして直せばいいの?」
 身近な疑問にお答えする講座や初心者実習サイクリングも企画します。

 景色を楽しみのんびりサイクリングしたあとはうまい料理と自転車談義。
 公認サイクリングインストラクターの嶋村年彦と自転車業界の生き字引の杉野耕造が
 すべてを下見して丁寧に旅を作っています。

 

迷惑メール設定についてのご案内