【ツアー報告】宮古島ぐるっと一周サイクリングツアー 2018年3月22日(金)~24日(日)2泊3日 その1

宮古島ぐるっと一周サイクリングツアー

2018年3月22日(金)~24日(日)2泊3日

ツアーレポート

その1

関西空港から直行便、飛行機輪行で南の島、沖縄宮古島へひとっ飛び!!

2泊3日の宮古島ぐるっと1周サイクリングを楽しみました。

1日目は関西空港に集合して、飛行機輪行で直行便で宮古島に向かいました。

飛行機輪行のコツは、レンタルのオーストリッチOS500 をベースに丁寧に事前にお伝えしています。

スムーズなチェックイン、宮古島空港では迅速な組み立てができました。

手荷物はサポートカーにお預かりして、早速、平良の宿に向かいます。

 

サポートカーからの動画でどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=0eEBGrUeISc

 

途中、郊外のレストランでソーキソバや宮古そばでランチ

 

ホテルにチェックインして、荷物を置いた後、軽く平良の街郊外をポタリングにスタート

 

バイナカマビーチは、白い砂、エメラルドグリーンの海が美しく感動!!

3月なのに、地元の方は海パン姿で泳いでおられました。

 

平良の町や、伊良部島を望む小高い丘の上には、巨大シーサーが迎えてくれました。

ポタの後は、ホテルに帰ってちょっと休憩の後、夜は島のいざかやでディナー

 

島唄のライブを聞きながら、泡盛、海の恵みと島料理で盛り上がりました。

島唄居酒屋 喜山

動画でどうぞ

 

明日に備えて、早めに切り上げてホテルへ、でも皆さん泡盛をけっこう召し上がってました。

宮古島ぐるっと1周サイクリング本番は、2日目8:00に平良のホテルを出発。

伊良部島を目指して、北に向かってスタート

 

 

伊良部大橋は、宮古島本島の北西にある、伊良部島に渡る3540mの日本で無料で通れる一番長い橋。

2015年に出来たばかりで、中国の観光客も少ない絶景ポイント。

風もほとんどなく、エメラルドグリーンの海を気持ちよくわたりました。

動画でもどうぞ

 

伊良部島にわたって小高い牧山展望台まで登ると、さっき渡った伊良部大橋が一望

まるで、エメラルドグリーの海に浮かぶ一筋のロープの様に言えました。

 

伊良部島から小さな橋を渡ると下地島。

ここには、沖縄石灰岩の洞窟で海とつながった2つの池。

エメラルドグリーンの海の色とは対照的な、紺碧の黒っぽい水の色が印象的でした。

ダイビングの方たちのバブルが動いて神秘的でした。

 

 

通り池から下地島にある、日本で唯一の訓練専用空港、下地空港の外周道路を走ります。

滑走路のすぐ横は、エメラルドグリーンの大海原!!

動画でどうぞ

 

 

滑走路先端を回って、反対側まで回れます。

動画でどうぞ

 

下地島から来た道を引き返し、伊良部島のソラニワカフェさんへ

開店時間の11:30まで30分ほど待ちました。

 

 

宮古牛を使ったハンバーグランチをいただきました。

競輪学校の同期会合宿の皆さんもいらしてました。

 

伊良部島から伊良部大橋を逆に宮古島本島にわたります。

動画でどうぞ

ここまでが、2日目の前半。レポートはその2に続きます。