CYCLINGTOURSJAPAN
CYCLINGTOURSJAPAN
CYCLINGTOURSJAPAN
CYCLINGTOURSJAPAN
CYCLINGTOURSJAPAN
CYCLINGTOURSJAPAN
previous arrow
next arrow
Slider

 

丹後半島一周E-Bikeサイクリングツアー
2022年6月25日(土)26日(日)

初夏の丹後半島を今話題のE-Bike(スポーツ用電動自転車)で走ります。
今回は、サイクリングウエアで集合場所においでいただき、バスでサイクリングスタート地点の丹後半島の西の端、網野まで移動。現地で身長に合わせたE-Bikeをご用意します。(ヤマハYPJ-S、GiantWEなどをご用意)

バイクフィッテイングの後、サイクリングインストラクターの案内でサイクリングスタート。

サイクリング中のお荷物は、伴走するバスでお預かりしますので身軽にサイクリングが楽しめます。

1日目のサイクリングは。網野を出発してまずは道の駅丹後王国食のみやこで食事、丹後半島の絶景海岸線をカニで有名な港町、間人(たいざ)、海岸線が美しい丹後松島へと進みます。E-Bikeならではの楽々ヒルクライムで標高400mの碇高原へも足を延ばし、宇川温泉よし野の里に宿泊する45キロのサイクリング。

2日目は、丹後半島の最北端、経ヶ岬や蒲入展望台を経て、舟屋で有名な伊根で昼食。宮津湾沿いを天橋立まで走って、ゴールの道の駅海の京都宮津に到着。E-Bikeを返却して、バスで帰路につきます。

GiantRX-We+

GiantRX-We+

ヤマハYPJ-ER

ヤマハYPJ-ER


 

標高2700m乗鞍岳畳平からスカイラインを下って、奥飛騨温泉郷の平湯温泉、新平湯温泉、栃尾温泉を通って、穂高連山の山懐に抱かれた、穂高連峰を望む露天風呂の宿、新穂高温泉 穂高荘山のホテルに宿泊。
翌日は飛騨高山と郡上八幡を結ぶ「せせらぎ街道」の最高点、西ウレ峠(1,113m)までバス移動。
郡上八幡城下町プラザまでの爽快サイクリング。


下界の灼熱を逃れて、龍神温泉から流れる清流のせせらぎを聞きながら風切る疾走日高川をダウンリバーサイクリング
日本一のヤッホーポイント、椿山ダム湖に架かるつり橋で子供に帰って「こだま」を楽しみます。


釧路空港現地集合現地解散で公認サイクリングガイドと行く、サポートカー付の至れり尽くせりのサイクリングツアー
大自然あふれるディープなひがし北海道で、サイクリングを思う存分楽しめるアドベンチャーライド。
火山活動がおりなす雄大な「阿寒摩周国立公園」と、水が育む静寂な「釧路湿原国立公園」の2つをめぐり、釧路川での「カヌー体験」や「アイヌ文化」にもふれる新しいサイクリングツアーです。


「世界で最も美しい海岸線」と称される、イタリア南部カンパニア州のソレントからサレルノに伸びるアマルフィ海岸。紺碧のティレニア海を見下ろすように海沿いに断崖絶壁が続き、その急斜面には張り付くように家々が並び、レモン、オレンジ、オリーブ、アーモンドや葡萄の段々畑で覆われる美しい景色に心を奪われます。アマルフィ海岸の玄関口、ソレントからナポリ湾とサレルノ湾を望むサンタ・アガタ・スイ・ドゥエ・ゴルフィや華やかで美しいポジターノ、中世に海洋共和国として栄えたアマルフィにワーグナーが愛した山腹の村ラヴェッロ、古代遺跡が残るミノーリや漁村チェターラにプライア―ノ、陶器の街ヴィエトリ・スル・マーレ等に立ち寄り、個性的な魅力を持つサレルノまで素晴らしい眺めを楽しみ、太陽をたっぷり浴びながらサイクリング。更に、鮮やかな色のブーゲンビリアが咲き乱れるカプリ島トレッキングやヴェスビオ山ハイキング、古代の被災地ポンペイや世界で特に保存状態の良いギリシャ神殿が残るペストゥムへの観光も満喫し、風光明媚な絶景と、歴史や神話・伝説の魅力がたっぷり詰まったツアーです。新鮮な魚介類や野菜、出来立ての水牛のモッツァレラチーズに香り高いオリーブオイルを使った南イタリア料理を堪能できる美味しい旅でもあります。

魅惑のアマルフィ海岸サイクリングツアー 詳細はこちらから


コロナ前のイタリアサイクリングツアーの様子です。
2022年はイタリアアマルフィー海岸とカプリ島、ポンペイ、ナポリを巡るサイクリングツアーです。


京都の奥山、日吉ダムをスタートして桂川沿いのサイクリング。
亀岡の夢コスモス園で満開のコスモスを満喫しながら、丹波名物松茸弁当の昼食。
保津峡を下に見ながら嵐山渡月橋までのグラベルライド。
ゴールは酒造の神様、松尾大社に参拝。


 

下見レポートはこちらから

春中止のリベンジ企画ツアーは、四国瀬戸内沿いの香川横断サイクリング。

瀬戸大橋のたもと、坂出をスタートして光に輝く瀬戸内海を望む海岸線を溶岩台地五色台の大崎の鼻を通って高松に向かい、高松城址玉藻公園でお堀を泳ぐ真鯛や黒鯛にもご挨拶。源平合戦の「扇の的」で有名な屋島を通って、映画「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地となった庵治の「海のやどり」に宿泊。2日目はホテルを出て「四国一周1000キロルート」のチェックポイント2つ(道の駅源平の里むれ、津田の松原)に立ち寄り、お約束の「讃岐うどん」で昼食を取り、和三盆の名店「三谷精糖羽根さぬき本舗」にも立ち寄って、うずしおロマンチック街道にゴール。帰路にはバスで「北灘さかな市」で新鮮な瀬戸内の海の幸のお土産を買って帰ります。


 

冬の味覚の王者、牡蠣!!
集合場所から、自転車も一緒にラクラク移動とインストラクターの先導とバス伴走で
安心安全のサイクリングサポート
岡山日生で伝説となったB級グルメ、カキオコのお昼ごはん(自由食)の後、
冬でも暖かい瀬戸内沿いの播磨シーサイドロードを追い風背に受けてのサイクリング。
赤穂浪士ゆかりの赤穂城大石神社に立ち寄り、ブランド牡蠣「坂越」しおさい市場でお買い物
ゴールは相生とれとれ市場で牡蠣だけでなく豊富な海の幸でバーベキュー



ヤッホー日高川ダウンリバーサイクリング
乗鞍穂高郡上八幡アルペンサイクリング 2
釧路空港集合解散 阿寒・摩周・釧路湿原ル
丹後半島一周E-Bikeサイクリングツア
2022年 9月22日(木)~10月1日
五箇山、砺波、雨晴海岸、氷見、和倉温泉と
香川横断瀬戸内サイクリング 2022年1
冬の日帰りグルメサイクリング 日生、赤穂
台湾自転車たび 随時ご予約受付 台湾自転
天下第一の高遠桜と伊那谷の名桜を巡るサイ
夢コスモス園と松茸弁当サイクリング 20
奄美大島ぐるっとサイクリングツアー 下見

新型コロナウイルス感染予防対策

サイクリングツアーズジャパンのサイクリングツアーにおける、新型コロナ対策は以下の内容で実施いたしますので、皆様におかれましては、ご安心してツアーにご参加いただきますようお願いいたします。

サイクリング中は、屋外の走行であり、お客様同士は十分な距離を取って走行していただける為、感染リスクは極めて小さい状態です。

【バス移動】
移動のバスについては、奈良観光バス(株)様のバスを使用し、日本バス協会作成の「バスにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」に基づき適切に感染予防対策を施します。
毎日の車両の清掃消毒、乗務員のマスク着用、手指消毒液の設置を行い、車両はプラズマクラスターエアコン、セルフィール処理を実施しています。休憩時には社内の空気を喚起の為、ドアの開放も行います。
お客様同士が十分な距離をとれるよう配席いたします。

サイクリングツアーズジャパン


ププラズマクラスターのコロナウイルス不活性化資料 
https://jp.sharp/plasmacluster-tech/release/04072701.html
プラズマクラスターについて
エアコン作動時、車内浮遊菌・ウイルスを除菌・除去しウイルスの作用を押さえます。また消臭効果もあります。
(コロナ、インフルエンザ、ノロウイルスに対応しています。)

セルフィール施工について
社内全体に専用液体を噴霧施工し、防臭抗菌抗ウイルスに対応しています。

【宿泊】
日本旅館協会作成の「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」に基づき適切に感染予防対策を取っている施設を利用し、定員よりも余裕を持った配室を行います。

【航空機】
定期航空協会作成の「航空分野における新型コロナウイルス対応ガイドライン」に基づき適切に感染予防対策を取っている交通機関を利用します。

お客様におかれましては、旅行中のマスク着用、頻繁な手洗い、大声での会話の自粛をお願いいたします。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


ご参加の皆様にコロナ感染防止のためのお願い 

皆様が気持ちよく安心してご旅行をお楽しみいただけますよう、新型コロナ感染防止策をお示しさせていただいておりますが、皆様におかれましても、お客様、旅行サービス提供者の中に無症状感染者がおられる可能性があることを踏まえて、以下の点にご協力ください。

  • ご出発前にご自宅で体温測定など体調確認を行って、発熱など感染の疑いがある場合はご参加をご遠慮ください。
  • 集合時に体温測定を実施し、5℃以上の場合はご参加をお断りする場合があります。
  • 旅行中体調不良となったお客様はただちに添乗員にご連絡ください。
  • 旅行中は手洗いうがいの励行をお願いいたします。
  • 旅行中はあらゆる機会、場所でマスクの着用をお願いいたします。
  • サイクリング中もマスク(又はバンダナなど口を覆う物)の着用をお願いいたします。
  • 【ガイドライン】サイクリングのWith Corona「新しい生活様式」 を事前にお読みいただき順守をお願いいたします。

ご面倒、ご不便をおかけしますが、ご理解の上ご協力をお願いいたします。


 旅行会社様へ(インバウンドのサイクリングツアーも承っております。)


サイクリング ツアーズ ジャパン
奈良県知事登録旅行業 第2-183号

代表 : 杉野千佳子
所在地 : 〒631-0006 奈良市西登美ヶ丘1丁目3-5
TEL : 0774-72-3994
FAX : 0774-72-3994
メール : info@cyclingtoursjapan.jp

MENU